FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム
「ドギーバッグ」




★開封

ドギバ-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

ドギバ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

いかにもロンドンにいそうな犬が、
怪盗よろしく、お宝(ホネ)をくすねているイラストです。

かわいらしくもユニークな世界観ですね♪( ̄▽ ̄*)

ドギバ-o-03
▲箱のウラ面

"ワクワク、ドキドキの「ホネ」取り出しゲーム!"

やばい、めっちゃ楽しそう…!

ドギバ-o-04
スペック

プレイ人数は広めの2~6人で、
プレイ時間は短めの20分
対象年齢は8歳~となっています。

プレイ自体は2人から可能ですが、
人数の多い方が盛り上がる系のゲームでしょうね。



★箱をオープン!

ドギバ-o-05
▲一発目はコマ類ついたて

ドギバ-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

ドギバ-o-07
ルルブは底にありました!



★タイル抜き!

ドギバ-o-08
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ドギバ-o-09
▲はい、完了…!

ドギバ-o-10
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。
▲「ルート・アイランド」に続いて楽なタイル抜きでした♪

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

ドギバ-o-11
ルールブック(日本語・全4ページ)

少ないページ数に、文字がびっしりなルルブです。

ルールがシンプルなので、
すらすらと読み終えることができました。

ドギバ-o-12
ホネ×101本(5種)

このゲームの主役となるホネのコマです。

ホネは全部で5種類あって、
1~3点の得点が振り分けられています。

ちなみに、燻製されたホネ大ハズレ…!

ところで、"101本"という数字は、
あのダルメシアン映画が元ネタでしょうか…?( ̄▽ ̄*)

ドギバ-o-13
犬袋×1枚

このゲームのタイトルにもなっている犬袋です。

犬(=プレイヤー)たちは、
燻製されたホネが出ないことを祈りながら、
犬袋の中から自らが宣言した数のホネを引いていきます…!

ドギバ-o-14
ついたて×6枚

ゲーム開始時に配られたホネを、
おのおのが隠しておくためのついたてです。

一方で、犬袋から見事に盗み出せたホネについては、
ついたての外側に並べて公開することになります。

ドギバ-o-15
役割マーカー×8枚

」~「」の数字が振られたタイルです。

各プレイヤーは、このタイルを取ることで、
何本のホネを犬袋から引くかを宣言します。

ドギバ-o-16
戸棚タイル×1枚

裏社会のドン"フェイギン"のイラストが描かれたタイルです。

犬袋からホネを引いたときに、
もしも燻製されたホネを引いてしまったら、
それまでに引いていたホネは没収されて、
この戸棚タイルへと移されてしまいます…。

ドギバ-o-17
コイン×2枚
親マーカー×1個

親が誰かを示すマーカーと、
犬袋に投入するホネの数を決めるコインです。

コインは、これ、投げるのであれば、
もうちょい質にこだわってもよかったんじゃ…?( ̄▽ ̄;)



★どんなゲーム?

ドギーバッグ」は、
チキンレース系くじ引きゲームです!

プレイヤーたちはになり、
犬の大好物であるホネを独り占めする"フェイギン"の"犬袋"から、
ホネを盗み出そうと試みます!!

しかし、
もし犬袋から「燻製されたホネ」を引いてしまったら、
その匂いでフェイギンが盗みに気付いてしまい、
せっかく引いたホネを没収されてしまうのです…!


ドギバ-o-18
▲まず、ゲーム開始時に、
▲犬たちは計16本のホネを受け取って、ついたての内側に隠します。

そして、

①上納フェイズ
②役割分担フェイズ
③盗みフェイズ


…の3フェイズで構成されるラウンドがスタート!


①上納フェイズ

ドギバ-o-19
▲上納フェイズでは、
親のプレイヤーが2枚のコインを投げて
その数字の合計値ぶん…、

ドギバ-o-20
▲(親を含め)全員、自分のついたての内側からホネを選び
犬袋の中へ入れます

つまり、コインの数字の合計が「」だったら、
プレイ人数×3本」のホネが犬袋に投入されるわけですね。

(なお、犬袋にはゲーム開始時点で5本のホネが入れてあります)


②役割分担フェイズ

ドギバ-o-21
▲役割分担フェイズでは、親プレイヤーから順に、
自分が犬袋から何本のホネを引くかを、
役割マーカーを取ることで宣言していきます


③盗みフェイズ

ドギバ-o-22
▲盗みフェイズでは、
受け取った役割マーカーの数字の大きい順に、
犬袋からホネを1本ずつ引きます

このとき、全員が順番に1本ずつ引いていくわけではなく
一人が宣言した数のホネを引ききった(または黒い骨を引いた)後、
次に数字の大きなタイルを受け取ったプレイヤーが、
やはり宣言した数のホネを引いて
…という流れです。

ドギバ-o-23
▲もしも、燻製されたホネを引いてしまったら、
▲盗みは失敗となり…、

ドギバ-o-24
燻製されたホネ(0点)と小骨(1点)以外の全てのホネは、
▲フェイギンに没収されてしまいます…!

フェイギンは大物なのでね、
小骨なんかには目もくれないんでしょう。

ドギバ-o-25
▲逆に、燻製されたホネを1本も引くことなく、
▲宣言した本数のホネを引ききることができたら、
▲盗みは成功となり…、

ドギバ-o-26
▲引いたホネはついたての外側に公開し、
▲自分の得点になります!!

誰か1人でも盗みを成功させるか、
または全員が盗みに失敗するかで、
そのラウンドは終了。

これを、ついたての内側のホネがなくなるまで繰り返して、
いちばん得点を稼ぐことができたプレイヤーが勝者となります!


最後に、
説明の都合で、あえてスルーしましたが、

ドギバ-o-27
役割マーカーには、受け取ったタイミングで発動する、
▲"特殊効果"が付与されています。


度胸と運に加えて、
うまく特殊効果を使うことで、
フェイギンをギャフンと吠えさせてやりましょう…!



★コメント

5人以上でプレイできて、
短時間で片が付くパーティーゲーム
――

いやぁ、2017年も終わろうかというタイミングで、
ぼくの補強ポイントにピンズドなタイトルが来てくれました…!

チキンレース系くじ引きゲーム「ドギーバッグ」!

これは間違いなく星屑好みです♪( ̄▽ ̄*)

と、いうのもですね、
星屑、「テーベ」をプレイして分かったんですが、
"くじ引き"タイプのゲームが大好きなんですよ!!

なんかこう、ガチャを回してる感というか!

出張ゲーム会20150706-07
▲「テーベ」の発掘ガチャ

そういうの、他に来ないかなァと思っていたところでしたので、
マジで嬉しいですね♪♪

また、チキンレースとして見ても、
昨年の「セレスティア」との選択肢が出来てありがたい!!

インカの黄金」しかり、
ルールが簡単で、誰でも遊びやすいチキンレース・ゲームは、
この先も、どんどん増えて欲しいところです…!

さらにさらに、このゲームは、
プレイ人数が6人まで対応してくれているので、
主催するボードゲーム会での、
"いま5人浮いてるけど、あっちの卓がぼちぼち終わりそう…"的な、
中途半端な状況での活躍も期待できるでしょう!

ドギバ-o-28

とにもかくにも、早いところ犬になって、
犬袋からホネを引きたい星屑なのでした…!( ̄▽ ̄*)



ドギーバッグ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

ドギバ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

いかにもロンドンにいそうな犬が、
怪盗よろしく、お宝(ホネ)をくすねているイラストです。

かわいらしくもユニークな世界観ですね♪( ̄▽ ̄*)

ドギバ-o-03
▲箱のウラ面

"ワクワク、ドキドキの「ホネ」取り出しゲーム!"

やばい、めっちゃ楽しそう…!

ドギバ-o-04
スペック

プレイ人数は広めの2~6人で、
プレイ時間は短めの20分
対象年齢は8歳~となっています。

プレイ自体は2人から可能ですが、
人数の多い方が盛り上がる系のゲームでしょうね。



★箱をオープン!

ドギバ-o-05
▲一発目はコマ類ついたて

ドギバ-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

ドギバ-o-07
ルルブは底にありました!



★タイル抜き!

ドギバ-o-08
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ドギバ-o-09
▲はい、完了…!

ドギバ-o-10
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。
▲「ルート・アイランド」に続いて楽なタイル抜きでした♪

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

ドギバ-o-11
ルールブック(日本語・全4ページ)

少ないページ数に、文字がびっしりなルルブです。

ルールがシンプルなので、
すらすらと読み終えることができました。

ドギバ-o-12
ホネ×101本(5種)

このゲームの主役となるホネのコマです。

ホネは全部で5種類あって、
1~3点の得点が振り分けられています。

ちなみに、燻製されたホネ大ハズレ…!

ところで、"101本"という数字は、
あのダルメシアン映画が元ネタでしょうか…?( ̄▽ ̄*)

ドギバ-o-13
犬袋×1枚

このゲームのタイトルにもなっている犬袋です。

犬(=プレイヤー)たちは、
燻製されたホネが出ないことを祈りながら、
犬袋の中から自らが宣言した数のホネを引いていきます…!

ドギバ-o-14
ついたて×6枚

ゲーム開始時に配られたホネを、
おのおのが隠しておくためのついたてです。

一方で、犬袋から見事に盗み出せたホネについては、
ついたての外側に並べて公開することになります。

ドギバ-o-15
役割マーカー×8枚

」~「」の数字が振られたタイルです。

各プレイヤーは、このタイルを取ることで、
何本のホネを犬袋から引くかを宣言します。

ドギバ-o-16
戸棚タイル×1枚

裏社会のドン"フェイギン"のイラストが描かれたタイルです。

犬袋からホネを引いたときに、
もしも燻製されたホネを引いてしまったら、
それまでに引いていたホネは没収されて、
この戸棚タイルへと移されてしまいます…。

ドギバ-o-17
コイン×2枚
親マーカー×1個

親が誰かを示すマーカーと、
犬袋に投入するホネの数を決めるコインです。

コインは、これ、投げるのであれば、
もうちょい質にこだわってもよかったんじゃ…?( ̄▽ ̄;)



★どんなゲーム?

ドギーバッグ」は、
チキンレース系くじ引きゲームです!

プレイヤーたちはになり、
犬の大好物であるホネを独り占めする"フェイギン"の"犬袋"から、
ホネを盗み出そうと試みます!!

しかし、
もし犬袋から「燻製されたホネ」を引いてしまったら、
その匂いでフェイギンが盗みに気付いてしまい、
せっかく引いたホネを没収されてしまうのです…!


ドギバ-o-18
▲まず、ゲーム開始時に、
▲犬たちは計16本のホネを受け取って、ついたての内側に隠します。

そして、

①上納フェイズ
②役割分担フェイズ
③盗みフェイズ


…の3フェイズで構成されるラウンドがスタート!


①上納フェイズ

ドギバ-o-19
▲上納フェイズでは、
親のプレイヤーが2枚のコインを投げて
その数字の合計値ぶん…、

ドギバ-o-20
▲(親を含め)全員、自分のついたての内側からホネを選び
犬袋の中へ入れます

つまり、コインの数字の合計が「」だったら、
プレイ人数×3本」のホネが犬袋に投入されるわけですね。

(なお、犬袋にはゲーム開始時点で5本のホネが入れてあります)


②役割分担フェイズ

ドギバ-o-21
▲役割分担フェイズでは、親プレイヤーから順に、
自分が犬袋から何本のホネを引くかを、
役割マーカーを取ることで宣言していきます


③盗みフェイズ

ドギバ-o-22
▲盗みフェイズでは、
受け取った役割マーカーの数字の大きい順に、
犬袋からホネを1本ずつ引きます

このとき、全員が順番に1本ずつ引いていくわけではなく
一人が宣言した数のホネを引ききった(または黒い骨を引いた)後、
次に数字の大きなタイルを受け取ったプレイヤーが、
やはり宣言した数のホネを引いて
…という流れです。

ドギバ-o-23
▲もしも、燻製されたホネを引いてしまったら、
▲盗みは失敗となり…、

ドギバ-o-24
燻製されたホネ(0点)と小骨(1点)以外の全てのホネは、
▲フェイギンに没収されてしまいます…!

フェイギンは大物なのでね、
小骨なんかには目もくれないんでしょう。

ドギバ-o-25
▲逆に、燻製されたホネを1本も引くことなく、
▲宣言した本数のホネを引ききることができたら、
▲盗みは成功となり…、

ドギバ-o-26
▲引いたホネはついたての外側に公開し、
▲自分の得点になります!!

誰か1人でも盗みを成功させるか、
または全員が盗みに失敗するかで、
そのラウンドは終了。

これを、ついたての内側のホネがなくなるまで繰り返して、
いちばん得点を稼ぐことができたプレイヤーが勝者となります!


最後に、
説明の都合で、あえてスルーしましたが、

ドギバ-o-27
役割マーカーには、受け取ったタイミングで発動する、
▲"特殊効果"が付与されています。


度胸と運に加えて、
うまく特殊効果を使うことで、
フェイギンをギャフンと吠えさせてやりましょう…!



★コメント

5人以上でプレイできて、
短時間で片が付くパーティーゲーム
――

いやぁ、2017年も終わろうかというタイミングで、
ぼくの補強ポイントにピンズドなタイトルが来てくれました…!

チキンレース系くじ引きゲーム「ドギーバッグ」!

これは間違いなく星屑好みです♪( ̄▽ ̄*)

と、いうのもですね、
星屑、「テーベ」をプレイして分かったんですが、
"くじ引き"タイプのゲームが大好きなんですよ!!

なんかこう、ガチャを回してる感というか!

出張ゲーム会20150706-07
▲「テーベ」の発掘ガチャ

そういうの、他に来ないかなァと思っていたところでしたので、
マジで嬉しいですね♪♪

また、チキンレースとして見ても、
昨年の「セレスティア」との選択肢が出来てありがたい!!

インカの黄金」しかり、
ルールが簡単で、誰でも遊びやすいチキンレース・ゲームは、
この先も、どんどん増えて欲しいところです…!

さらにさらに、このゲームは、
プレイ人数が6人まで対応してくれているので、
主催するボードゲーム会での、
"いま5人浮いてるけど、あっちの卓がぼちぼち終わりそう…"的な、
中途半端な状況での活躍も期待できるでしょう!

ドギバ-o-28

とにもかくにも、早いところ犬になって、
犬袋からホネを引きたい星屑なのでした…!( ̄▽ ̄*)



ドギーバッグ 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2017/12/13 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ドギーバッグ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。