FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「マジェスティ」




★開封

マジェスティ-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!



★箱の外観

マジェスティ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

座布団の上のクラウンが、やたら目を引くイラストですね!
広大な土地を背景に、様々な職種の人たちが並んでいます。

マジェスティ-o-03
▲箱のウラ面

"プレイはカンタン!"と書いてありますので、
シンプルなゲームシステムが期待できそうです…!

マジェスティ-o-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの20~30分
対象年齢7歳~となっています。

プレイ人数が減っても、プレイ内容は変わらず、
使用するカードの(山札の)枚数のみが変動するようです。



★箱をオープン!

マジェスティ-o-05
▲一発目はルルブ

マジェスティ-o-06
▲その下にサマリーがあって、

マジェスティ-o-07
▲底部はこんな感じでした!

コンポーネントにコインが含まれるとのことで、
それなりの枚数のタイル抜きを覚悟していましたが…、
これは、ありがたい誤算でしたね♪( ̄▽ ̄*)

マジェスティ-o-08
トレイが親切設計なのも助かります!!



★内容物

マジェスティ-o-09
ルールブック(日本語・全8ページ)

これは、かなり読みやすい部類のルルブでした!

1ページ目から順番に読んでいくだけで、
そのまま、すらすらとルールが頭に入ってきます。

マジェスティ-o-10
建物カードの特殊能力早見表×1枚

全部で8枚ある建物カードのサマリーです。

特殊能力というと、なにやらややこしそうですが、
このゲームの特殊能力は、ごくごくシンプルにまとまっています。

マジェスティ-o-11
ミープル×30個

自国に人材を招くにあたってのコストとなるコマです。

他のゲームのミープルに比べて、やや肉厚な感じ。

マジェスティ-o-12
コイン×70枚

プラスチック製のコインです。
額面は「1」「2」「10」「50」「100」の5種類。

紙製のタイルではなく、頑丈ですので、
他のゲームに転用するのもアリかもしれません。
そう考えると、お得感ありますね♪( ̄▽ ̄*)

(ナショナル・エコノミーで使うのとか想像しました)

マジェスティ-o-13
▲最後にカード類

マジェスティ-o-14
建物カード×8枚・4セット

ゲーム開始時、各プレイヤーに8枚セットで配られるカードです。

これが自分の領地となり、ここに様々な人材を招いて、
それぞれのスタイルで富を生んでもらうことになります!!

マジェスティ-o-15
建物カード(B面)

建物カードのウラ面です。

ウラ面を使ってゲームを始めることで、建物の特殊能力が変化し、
オモテ面とは違った展開を楽しむことができます!

マジェスティ-o-16
ミープルカード×4枚

各プレイヤーが1枚ずつ持ち、ミープルを乗せるためのカードです。

後述しますが、
自国に優秀な人材を招くにあたっては、
コストとしてミープルが必要な場合があります。

マジェスティ-o-17
人物カード×60枚

国の発展に貢献してもらうために、自国に招く人材のカードです。

人物カードにはアイコンが表示されていて、
招いたカードは、必ず対応する建物へと配置されます。

また、アイコンが2つあるカード(=ダブル人物カード)については、
建物への配置の際に、好きな方を選ぶことができるようです。



★どんなゲーム?

マジェスティ」は、
一国の領主になって、自国に最適な人材を招き入れ、
周辺諸国よりも富を築くことを目指すゲーム
です!

マジェスティ-o-18
テーブル中央には、
6枚の人物カードが並び、その隣に山札があり、
プレイヤーの手元には、
ミープル8枚の建物カードがあります。

さて、領主となったプレイヤーたちが、
自分のターンに行うことは、たったの2つ

マジェスティ-o-19
①場の人物カード(=公開札)を1枚受け取って
②自分の建物に配置し、その建物の特殊能力を発動させる
▲これだけです。

以下、詳しく見ていきましょう!


①人物を取る

マジェスティ-o-20
▲公開札から1枚を受け取る際、
左端の人物カードを取るのであれば、
▲コストはかかりません。無料でゲットできます。

しかし…、

マジェスティ-o-21
左端以外の人物カードを取るならば、
取るカードの左側にあるカード全てに、
手持ちのミープルを1個ずつ置く必要があります。
(ミープルが足りなければ、そもそも受け取れない)

そして、以後のプレイヤーが、
ミープルの乗った人物カードを受け取る場合、
乗っているミープルも受け取ることになるわけです!


②建物の能力発動

人物カードを受け取ったら、
すぐさま自分の建物カードに配置して、
その建物カードの特殊能力を発動させます。

このとき、
受け取った人物カードのアイコンと、
同じアイコンの建物カードに配置しなければなりません。

マジェスティ-o-22
▲例えば、「製粉職人」を受け取ったら、
▲同じ麦アイコンがある「製粉所」へ配置します。
▲そして、「製粉所」の特殊能力が発動し、
▲自国にいる製粉職人1人につき2コインを得るわけです。

つまり、

マジェスティ-o-23
▲以降のターンで、2人目の「製粉職人」を配置したら、
▲そのときは、2人ぶんの4コインを得ることになります。

せっかくですので、他のカードも見てみましょう。

マジェスティ-o-25
▲「ビール職人」は同じ樽アイコンの「醸造所」に配置して、
▲自国のビール職人1人につき2コイン&1ミープルを得ます。

さらに、「醸造所」には2つ目の特殊能力があり、

マジェスティ-o-26
▲「製粉職人」を1人以上配置しているプレイヤーは全員、
▲一律で2コインを得ます。

シンプルながら堅実なコンボをつなげて、
コインを稼ぐのは、地味に気持ち良さそうですね♪( ̄▽ ̄*)

他にも…、

マジェスティ-o-27
▲他のプレイヤーに(全体)攻撃して、人物カードを負傷させる「兵舎」や、
▲その攻撃をしのぐために守備力を高める「見張り塔」、
負傷してしまった人物カードを復帰させるための「魔女の家」など、
▲領土には多彩な建物が並んでいます!!!

ゲームは、時計回りに進んでいって、
全員が12枚の人物カードを受け取ったら終了

コイン数が最多のプレイヤーが勝者です!

なお、ゲーム終了時の得点計算では、
人物の種類ボーナス人物の最多保有ボーナスというものがあり、
ただ同じ人物カードを集めていくだけでは勝てないように、
絶妙なバランス調整がなされています…!



★コメント

先月、大分県中津市もっちさん宅に遊びに行って、
一緒に「宝石の煌き」をプレイしているときに、

そういえば、宝石の煌きっぽいと話題のゲームが、
たしか来月あたりに発売されるみたいですよ♪

…と、教えてもらって、
その場で予約したのが、この「マジェスティ」でした!

教えてもらって、すぐにスマホを開いて、
ろくに商品説明も読まずに勢いでポチったので、
さて鬼が出るか蛇が出るか…という気分で、
箱を開けてみたんですが…、

これは大当たりが出ましたね!!

確かに、同じカードを重ねることのメリットなど、
宝石の煌きっぽさがあり、それでいて、
カードを取るにあたってのコストの支払いが分かりやすいとか、
とりあえずコインが毎ターン増えていく気持ちよさとか、
マジェスティならではの良質なシステムがあり、
いや、これは良いものだと思います!

そして私星屑、ルルブを読んで、近いなと思ったタイトルが、
実は「キングドミノ」なんです。

あちらはタイル配置型、こちらはカード選択型。
…ぜんぜん違うやん!とツッコミを受けそうではありますが、

あちらもこちらも、
1人につき12枚を選んだらゲーム終了ってところ、
めっちゃ似ていると思いませんか??

その辺の、"目的地までの道筋の視界の良さ"のようなものが、
星屑の大好きなキングドミノと似通っている気がしたので、
マジェスティも好きになりました♪( ̄▽ ̄*)

これならば初心者にも安心してオススメできて、
プレイ時間も、それこそキングドミノ並み。

もう定番というか鉄板になること請け合いだと思います!

マジェスティ-o-28

あと、もう一回りだけ箱が小さければ、
本当に完璧だったんですが…、

このビミョーな空きスペースは、
いずれ何かしらの拡張で埋まることを期待しましょうかね♪♪



マジェスティ 関連記事


ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲



★箱の外観

マジェスティ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

座布団の上のクラウンが、やたら目を引くイラストですね!
広大な土地を背景に、様々な職種の人たちが並んでいます。

マジェスティ-o-03
▲箱のウラ面

"プレイはカンタン!"と書いてありますので、
シンプルなゲームシステムが期待できそうです…!

マジェスティ-o-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの20~30分
対象年齢7歳~となっています。

プレイ人数が減っても、プレイ内容は変わらず、
使用するカードの(山札の)枚数のみが変動するようです。



★箱をオープン!

マジェスティ-o-05
▲一発目はルルブ

マジェスティ-o-06
▲その下にサマリーがあって、

マジェスティ-o-07
▲底部はこんな感じでした!

コンポーネントにコインが含まれるとのことで、
それなりの枚数のタイル抜きを覚悟していましたが…、
これは、ありがたい誤算でしたね♪( ̄▽ ̄*)

マジェスティ-o-08
トレイが親切設計なのも助かります!!



★内容物

マジェスティ-o-09
ルールブック(日本語・全8ページ)

これは、かなり読みやすい部類のルルブでした!

1ページ目から順番に読んでいくだけで、
そのまま、すらすらとルールが頭に入ってきます。

マジェスティ-o-10
建物カードの特殊能力早見表×1枚

全部で8枚ある建物カードのサマリーです。

特殊能力というと、なにやらややこしそうですが、
このゲームの特殊能力は、ごくごくシンプルにまとまっています。

マジェスティ-o-11
ミープル×30個

自国に人材を招くにあたってのコストとなるコマです。

他のゲームのミープルに比べて、やや肉厚な感じ。

マジェスティ-o-12
コイン×70枚

プラスチック製のコインです。
額面は「1」「2」「10」「50」「100」の5種類。

紙製のタイルではなく、頑丈ですので、
他のゲームに転用するのもアリかもしれません。
そう考えると、お得感ありますね♪( ̄▽ ̄*)

(ナショナル・エコノミーで使うのとか想像しました)

マジェスティ-o-13
▲最後にカード類

マジェスティ-o-14
建物カード×8枚・4セット

ゲーム開始時、各プレイヤーに8枚セットで配られるカードです。

これが自分の領地となり、ここに様々な人材を招いて、
それぞれのスタイルで富を生んでもらうことになります!!

マジェスティ-o-15
建物カード(B面)

建物カードのウラ面です。

ウラ面を使ってゲームを始めることで、建物の特殊能力が変化し、
オモテ面とは違った展開を楽しむことができます!

マジェスティ-o-16
ミープルカード×4枚

各プレイヤーが1枚ずつ持ち、ミープルを乗せるためのカードです。

後述しますが、
自国に優秀な人材を招くにあたっては、
コストとしてミープルが必要な場合があります。

マジェスティ-o-17
人物カード×60枚

国の発展に貢献してもらうために、自国に招く人材のカードです。

人物カードにはアイコンが表示されていて、
招いたカードは、必ず対応する建物へと配置されます。

また、アイコンが2つあるカード(=ダブル人物カード)については、
建物への配置の際に、好きな方を選ぶことができるようです。



★どんなゲーム?

マジェスティ」は、
一国の領主になって、自国に最適な人材を招き入れ、
周辺諸国よりも富を築くことを目指すゲーム
です!

マジェスティ-o-18
テーブル中央には、
6枚の人物カードが並び、その隣に山札があり、
プレイヤーの手元には、
ミープル8枚の建物カードがあります。

さて、領主となったプレイヤーたちが、
自分のターンに行うことは、たったの2つ

マジェスティ-o-19
①場の人物カード(=公開札)を1枚受け取って
②自分の建物に配置し、その建物の特殊能力を発動させる
▲これだけです。

以下、詳しく見ていきましょう!


①人物を取る

マジェスティ-o-20
▲公開札から1枚を受け取る際、
左端の人物カードを取るのであれば、
▲コストはかかりません。無料でゲットできます。

しかし…、

マジェスティ-o-21
左端以外の人物カードを取るならば、
取るカードの左側にあるカード全てに、
手持ちのミープルを1個ずつ置く必要があります。
(ミープルが足りなければ、そもそも受け取れない)

そして、以後のプレイヤーが、
ミープルの乗った人物カードを受け取る場合、
乗っているミープルも受け取ることになるわけです!


②建物の能力発動

人物カードを受け取ったら、
すぐさま自分の建物カードに配置して、
その建物カードの特殊能力を発動させます。

このとき、
受け取った人物カードのアイコンと、
同じアイコンの建物カードに配置しなければなりません。

マジェスティ-o-22
▲例えば、「製粉職人」を受け取ったら、
▲同じ麦アイコンがある「製粉所」へ配置します。
▲そして、「製粉所」の特殊能力が発動し、
▲自国にいる製粉職人1人につき2コインを得るわけです。

つまり、

マジェスティ-o-23
▲以降のターンで、2人目の「製粉職人」を配置したら、
▲そのときは、2人ぶんの4コインを得ることになります。

せっかくですので、他のカードも見てみましょう。

マジェスティ-o-25
▲「ビール職人」は同じ樽アイコンの「醸造所」に配置して、
▲自国のビール職人1人につき2コイン&1ミープルを得ます。

さらに、「醸造所」には2つ目の特殊能力があり、

マジェスティ-o-26
▲「製粉職人」を1人以上配置しているプレイヤーは全員、
▲一律で2コインを得ます。

シンプルながら堅実なコンボをつなげて、
コインを稼ぐのは、地味に気持ち良さそうですね♪( ̄▽ ̄*)

他にも…、

マジェスティ-o-27
▲他のプレイヤーに(全体)攻撃して、人物カードを負傷させる「兵舎」や、
▲その攻撃をしのぐために守備力を高める「見張り塔」、
負傷してしまった人物カードを復帰させるための「魔女の家」など、
▲領土には多彩な建物が並んでいます!!!

ゲームは、時計回りに進んでいって、
全員が12枚の人物カードを受け取ったら終了

コイン数が最多のプレイヤーが勝者です!

なお、ゲーム終了時の得点計算では、
人物の種類ボーナス人物の最多保有ボーナスというものがあり、
ただ同じ人物カードを集めていくだけでは勝てないように、
絶妙なバランス調整がなされています…!



★コメント

先月、大分県中津市もっちさん宅に遊びに行って、
一緒に「宝石の煌き」をプレイしているときに、

そういえば、宝石の煌きっぽいと話題のゲームが、
たしか来月あたりに発売されるみたいですよ♪

…と、教えてもらって、
その場で予約したのが、この「マジェスティ」でした!

教えてもらって、すぐにスマホを開いて、
ろくに商品説明も読まずに勢いでポチったので、
さて鬼が出るか蛇が出るか…という気分で、
箱を開けてみたんですが…、

これは大当たりが出ましたね!!

確かに、同じカードを重ねることのメリットなど、
宝石の煌きっぽさがあり、それでいて、
カードを取るにあたってのコストの支払いが分かりやすいとか、
とりあえずコインが毎ターン増えていく気持ちよさとか、
マジェスティならではの良質なシステムがあり、
いや、これは良いものだと思います!

そして私星屑、ルルブを読んで、近いなと思ったタイトルが、
実は「キングドミノ」なんです。

あちらはタイル配置型、こちらはカード選択型。
…ぜんぜん違うやん!とツッコミを受けそうではありますが、

あちらもこちらも、
1人につき12枚を選んだらゲーム終了ってところ、
めっちゃ似ていると思いませんか??

その辺の、"目的地までの道筋の視界の良さ"のようなものが、
星屑の大好きなキングドミノと似通っている気がしたので、
マジェスティも好きになりました♪( ̄▽ ̄*)

これならば初心者にも安心してオススメできて、
プレイ時間も、それこそキングドミノ並み。

もう定番というか鉄板になること請け合いだと思います!

マジェスティ-o-28

あと、もう一回りだけ箱が小さければ、
本当に完璧だったんですが…、

このビミョーな空きスペースは、
いずれ何かしらの拡張で埋まることを期待しましょうかね♪♪



マジェスティ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




【2017/12/17 01:03】 | 紹介・開封 【タグ】 マジェスティ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可