FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「バイソン将棋」




バイ将-p-1-2-99

前回:その1(1/4)=ROUND1前半戦
今回:その1(2/4)=ROUND1後半戦←いまココ
次回:その1(3/4)=ROUND2前半戦

開封記事←こちらも合わせてどうぞ!


★登場人物

羊飼いしーぷ

バイソン陣営の指揮官。
神戸プリンを食べられてしまった腹いせに、
羊(?)たちを操って星屑酋長の村を襲わせる。
好きなプリンは「牛乳プリン(森永)」と「プッチンプリン(グリコ)」。


星屑酋長

酋長陣営の指揮官。
防衛サイドのくせして"猪突猛進"なプレイスタイルで、
むしろこちらの方がバイソンっぽいかもしれない。
好きなプリンは「七隈プリン(S.B.C)」。


神戸プリン

星屑の弟分・なつくんが買ってきてくれた神戸土産。
賞味期限は来年3月とのことで、思ったより長い。



★現在の戦況

星屑は、
ここまで2体のバイソンを捕獲したものの、
川下の方で苦戦を強いられています。

バイ将-p-1-2-41
▲下から2~3列目は、
犬1体に対してバイソン2体と、
バイソン陣営数的優位です。

バイ将-p-1-2-42
▲一応、中央付近には2体のが控えていて、
救援に向かえないこともないのですが…、

バイ将-p-1-2-43
▲だとすると、残りのバイソンたちの対処をどうするか…?

悩ましい展開が続きますが、
なんとしても星屑は村を守らねばなりません!!



★11ターン目

しーぷバイソンを捕獲できないから安心だよね」

バイ将-p-1-2-01
しーぷは下から2マス目のバイソンを前進。


星屑「ぐ、隣のをあざ笑うかのような動きを…!」

星屑「(を左下に移動させて、)」
星屑「(このバイソンの動きを止めるか…?)」

星屑「(いや、それじゃあ、その場しのぎにしかならんけん、)」
星屑「(ここは酋長を連れてきて、ちゃんと捕獲しなきゃだ)」

バイ将-p-1-2-02
▲少し考えて、星屑酋長を左下へ移動させることにしました。


しーぷ「あれ?」
しーぷで止めなくていいの??」

星屑「うん、これでよかと!」



★12ターン目

しーぷ酋長が下りてくるのなら、」
しーぷ「早めにバイソンをスタートさせておこうかな」

バイ将-p-1-2-03
しーぷは下から4マス目のバイソンを前進。


星屑「(バイソンが自分から出てきてくれるなんて、)」
星屑「(捕獲するには好都合だ…!)」

バイ将-p-1-2-04
星屑酋長を、どんどん南下させます。



★13ターン目

しーぷ「…と、見せかけて、またまた左右に振る!!」

バイ将-p-1-2-05
しーぷは上から2マス目のバイソンを前進。


しーぷ「さあ星屑、」
しーぷ「これでも酋長を下に行かせられる…?」

星屑「行かせられるさ!」
星屑「一度、行くと決めたからにはね…!」

バイ将-p-1-2-06
星屑は迷いなく酋長を下へ移動させ、
▲下から4マス目のバイソンを射程圏に収めました!



★14ターン目

しーぷ「やばい、こうなったら…」

バイ将-p-1-2-07
しーぷは下から2マス目のバイソンを前進。

これは止めないと負けてしまいますので…、

バイ将-p-1-2-08
星屑を一気に5マス移動させて、
▲バイソンの動きを止めます。


しーぷ「けど、もうそのも動けない!」

星屑「確かに、このが1歩でも動けば、」
星屑バイソンが川に侵入してしまうけんね…」



★15ターン目

しーぷ「さて、川上側のが残り1匹になったところで…、」

バイ将-p-1-2-09
しーぷは上から3マス目のバイソンを前進。

星屑のコマの大半が川下に流れたのを見て、
しっかりと川上を攻めてきたわけです。

バイ将-p-1-2-10
▲川上は、バイソン2体に対して犬1体数的不利

さきほど川下で発生したばかりの事態が、
一難さってまた一難とばかりに、川上でも発生してしまいました…!

しかも、川下の2体のは身動きがとれないので、
他に星屑が動かせるのは酋長が1体ずつのみ。


星屑「でも、それでも、」
星屑「俺はバイソン狩りを何よりも優先する!!」

バイ将-p-1-2-11
星屑酋長を右下に動かして、
▲下から4マス目のバイソンを捕獲しました!



★16ターン目

しーぷ「今のうちに急いで急いで…!」

バイ将-p-1-2-12
しーぷは上から2マス目のバイソンを前進。


星屑「あのバイソンは絶対に通せない!」

星屑「背に腹は代えられんし、」
星屑「ここは、このに駆け上がってもらおう…!」

バイ将-p-1-2-13
星屑は、中央やや下で牽制させていたを、
▲上に7マス移動させてバイソンの前に割り込ませます。


星屑「(……ん?)」
星屑「(あれ?)」
星屑「(これ、もしかして勝ったんじゃないか??)」

バイ将-p-1-2-44
▲川上戦線は犬2体vsバイソン2体で相殺。

バイ将-p-1-2-45
▲中央戦線は酋長1体vsバイソン4体と、
▲数の上では圧倒的に不利ですが…、


星屑「(これだけバイソンが固まっていれば、)」
星屑「(酋長1人で捕獲して回ることができる…!)」


バイ将-p-1-2-46
▲仮に、バイソンが走り出しても…、

バイ将-p-1-2-47
星屑酋長は3ターン後に、これを捕獲でますし、

バイ将-p-1-2-48
▲さらに、酋長が北上した隙を見て、
バイソンが川越えを目指したとしても…、

バイ将-p-1-2-49
▲7ターン後には、ギリギリセーフで捕獲可能です。


星屑「(苦し紛れに打ったはずの、このターンの一手が、)」
星屑「(まさか逆転を呼び込むとは……)」

星屑「これが"ピンチはチャンス"ってヤツなんだろうけど、」

星屑「(それもこれも、)」
星屑「(あのときのの移動のお陰だ!!)」

バイ将-p-1-2-50

星屑「(あのとき、を中央まで進ませてなかったら、)」
星屑「(この一手は打ててなかった…!)」

星屑「(こういう布石を、ちゃんと意識して打てたら、)」
星屑「(さぞかし気持ち良いんだろうなぁ)」



★17ターン目

しーぷ「うーん、なんか旗色が悪い…?」

バイ将-p-1-2-14
しーぷは下から3マス目のバイソンを前進。

バイ将-p-1-2-15
星屑は、もちろんそのバイソンを捕獲しました!
▲これで中央戦線の戦力差はです。



★18ターン目

しーぷ「なんか、とってもヤバい気がする…!」

バイ将-p-1-2-16
しーぷが上から3マス目のバイソンを前進させるのを尻目に、

バイ将-p-1-2-17
星屑は、きっちりと酋長を中央へ寄せていきます。



★19ターン目

バイ将-p-1-2-18
▲中央1マス上のバイソンの前進に対して、

バイ将-p-1-2-19
▲さらに1歩。



★20ターン目

バイ将-p-1-2-20
▲今度は川上のバイソンが前進しますが、

バイ将-p-1-2-21
▲気にせず酋長を右上へ。



★21ターン目

バイ将-p-1-2-22
▲ここで、川上のバイソンデッドラインに到達しましたので、

バイ将-p-1-2-23
▲これをで止めて、
▲あとはもう、酋長3体のバイソンでの勝負となりました。



★22ターン目

しーぷ「ど、どうしてこうなった…!」

バイ将-p-1-2-24
しーぷバイソンを前進させる他なく、

バイ将-p-1-2-25
▲待ち構えていた酋長に捕獲されてしまいます…。
▲これで



★23ターン目

バイ将-p-1-2-26
バイソンが動いては、

バイ将-p-1-2-27
▲まるで磁石にでも引き寄せられるかのように酋長が動き、



★24ターン目

バイ将-p-1-2-28
▲またバイソンが1体…、

バイ将-p-1-2-29
酋長のお縄に。
▲ついに酋長バイソンです!



★25ターン目

しーぷ「あーもう、」
しーぷ「とんだバイザイ・チャージになっちゃった…!」

バイ将-p-1-2-30
しーぷが、最後に唯一動かせる中央のバイソンを前進させると、

バイ将-p-1-2-31
▲待ってましたとばかりに星屑酋長が捕獲して、

これでしーぷには動かせるコマがなくなりましたので、
酋長陣営星屑がゲームに勝利しました♪( ̄▽ ̄*)


バイ将-p-1-2-32



しーぷ「もうこれ、」
しーぷ「少し前から勝負がついてたっぽいね」

星屑「そうな、」
星屑が川上に走った時点で決着してたと思う」
星屑「(もしかしたら、あれからの勝ち筋があるのかもだけど)」

しーぷ「あ、そんな前からだったんだ」

星屑「でも途中まで、マジで冷や冷やしたよ」

しーぷ「うまく左右に分断できたと思ったんだけどなぁ」

星屑「そこは間違いなく見事だった」
星屑「実際、こっちはコマを右に左に振らされてたわけだし」

しーぷ「だとしたら、何が悪かったんだろう?」

星屑「こっちのコマを散らせたあとに、」
星屑「残ったバイソンのポジションが悪かったんじゃないかな」

バイ将-p-1-2-33

星屑4体の所在が定まったあとで、」
星屑「残りのバイソン3列に固まってしまっとったけん、」
星屑酋長1人でも楽々対応できたんだよね」

しーぷ「じゃあ、この3体のバイソンの間に、」
しーぷ「せめて中1列ずつでもスペースがあったら…」

星屑「とても酋長1人じゃ無理やったと思う」

しーぷ「ああ、なんか悔しい…!」

星屑「じゃあ、もう1戦、」
星屑「今度は陣営をチェンジしてやってみようか」

しーぷ「オーケー!」
しーぷ「酋長陣営のコマも動きは難しくないし、」
しーぷ「やってみる!!」

星屑「そしたら、ちょっとシナリオを書いてくるから待っててね」

しーぷそれはいらない!!!


次回、第2ラウンドです!



「バイソン将棋」 関連記事
→次回:プレイ記その1(3/4)
開封記事





記事を閉じる▲


★登場人物

羊飼いしーぷ

バイソン陣営の指揮官。
神戸プリンを食べられてしまった腹いせに、
羊(?)たちを操って星屑酋長の村を襲わせる。
好きなプリンは「牛乳プリン(森永)」と「プッチンプリン(グリコ)」。


星屑酋長

酋長陣営の指揮官。
防衛サイドのくせして"猪突猛進"なプレイスタイルで、
むしろこちらの方がバイソンっぽいかもしれない。
好きなプリンは「七隈プリン(S.B.C)」。


神戸プリン

星屑の弟分・なつくんが買ってきてくれた神戸土産。
賞味期限は来年3月とのことで、思ったより長い。



★現在の戦況

星屑は、
ここまで2体のバイソンを捕獲したものの、
川下の方で苦戦を強いられています。

バイ将-p-1-2-41
▲下から2~3列目は、
犬1体に対してバイソン2体と、
バイソン陣営数的優位です。

バイ将-p-1-2-42
▲一応、中央付近には2体のが控えていて、
救援に向かえないこともないのですが…、

バイ将-p-1-2-43
▲だとすると、残りのバイソンたちの対処をどうするか…?

悩ましい展開が続きますが、
なんとしても星屑は村を守らねばなりません!!



★11ターン目

しーぷバイソンを捕獲できないから安心だよね」

バイ将-p-1-2-01
しーぷは下から2マス目のバイソンを前進。


星屑「ぐ、隣のをあざ笑うかのような動きを…!」

星屑「(を左下に移動させて、)」
星屑「(このバイソンの動きを止めるか…?)」

星屑「(いや、それじゃあ、その場しのぎにしかならんけん、)」
星屑「(ここは酋長を連れてきて、ちゃんと捕獲しなきゃだ)」

バイ将-p-1-2-02
▲少し考えて、星屑酋長を左下へ移動させることにしました。


しーぷ「あれ?」
しーぷで止めなくていいの??」

星屑「うん、これでよかと!」



★12ターン目

しーぷ酋長が下りてくるのなら、」
しーぷ「早めにバイソンをスタートさせておこうかな」

バイ将-p-1-2-03
しーぷは下から4マス目のバイソンを前進。


星屑「(バイソンが自分から出てきてくれるなんて、)」
星屑「(捕獲するには好都合だ…!)」

バイ将-p-1-2-04
星屑酋長を、どんどん南下させます。



★13ターン目

しーぷ「…と、見せかけて、またまた左右に振る!!」

バイ将-p-1-2-05
しーぷは上から2マス目のバイソンを前進。


しーぷ「さあ星屑、」
しーぷ「これでも酋長を下に行かせられる…?」

星屑「行かせられるさ!」
星屑「一度、行くと決めたからにはね…!」

バイ将-p-1-2-06
星屑は迷いなく酋長を下へ移動させ、
▲下から4マス目のバイソンを射程圏に収めました!



★14ターン目

しーぷ「やばい、こうなったら…」

バイ将-p-1-2-07
しーぷは下から2マス目のバイソンを前進。

これは止めないと負けてしまいますので…、

バイ将-p-1-2-08
星屑を一気に5マス移動させて、
▲バイソンの動きを止めます。


しーぷ「けど、もうそのも動けない!」

星屑「確かに、このが1歩でも動けば、」
星屑バイソンが川に侵入してしまうけんね…」



★15ターン目

しーぷ「さて、川上側のが残り1匹になったところで…、」

バイ将-p-1-2-09
しーぷは上から3マス目のバイソンを前進。

星屑のコマの大半が川下に流れたのを見て、
しっかりと川上を攻めてきたわけです。

バイ将-p-1-2-10
▲川上は、バイソン2体に対して犬1体数的不利

さきほど川下で発生したばかりの事態が、
一難さってまた一難とばかりに、川上でも発生してしまいました…!

しかも、川下の2体のは身動きがとれないので、
他に星屑が動かせるのは酋長が1体ずつのみ。


星屑「でも、それでも、」
星屑「俺はバイソン狩りを何よりも優先する!!」

バイ将-p-1-2-11
星屑酋長を右下に動かして、
▲下から4マス目のバイソンを捕獲しました!



★16ターン目

しーぷ「今のうちに急いで急いで…!」

バイ将-p-1-2-12
しーぷは上から2マス目のバイソンを前進。


星屑「あのバイソンは絶対に通せない!」

星屑「背に腹は代えられんし、」
星屑「ここは、このに駆け上がってもらおう…!」

バイ将-p-1-2-13
星屑は、中央やや下で牽制させていたを、
▲上に7マス移動させてバイソンの前に割り込ませます。


星屑「(……ん?)」
星屑「(あれ?)」
星屑「(これ、もしかして勝ったんじゃないか??)」

バイ将-p-1-2-44
▲川上戦線は犬2体vsバイソン2体で相殺。

バイ将-p-1-2-45
▲中央戦線は酋長1体vsバイソン4体と、
▲数の上では圧倒的に不利ですが…、


星屑「(これだけバイソンが固まっていれば、)」
星屑「(酋長1人で捕獲して回ることができる…!)」


バイ将-p-1-2-46
▲仮に、バイソンが走り出しても…、

バイ将-p-1-2-47
星屑酋長は3ターン後に、これを捕獲でますし、

バイ将-p-1-2-48
▲さらに、酋長が北上した隙を見て、
バイソンが川越えを目指したとしても…、

バイ将-p-1-2-49
▲7ターン後には、ギリギリセーフで捕獲可能です。


星屑「(苦し紛れに打ったはずの、このターンの一手が、)」
星屑「(まさか逆転を呼び込むとは……)」

星屑「これが"ピンチはチャンス"ってヤツなんだろうけど、」

星屑「(それもこれも、)」
星屑「(あのときのの移動のお陰だ!!)」

バイ将-p-1-2-50

星屑「(あのとき、を中央まで進ませてなかったら、)」
星屑「(この一手は打ててなかった…!)」

星屑「(こういう布石を、ちゃんと意識して打てたら、)」
星屑「(さぞかし気持ち良いんだろうなぁ)」



★17ターン目

しーぷ「うーん、なんか旗色が悪い…?」

バイ将-p-1-2-14
しーぷは下から3マス目のバイソンを前進。

バイ将-p-1-2-15
星屑は、もちろんそのバイソンを捕獲しました!
▲これで中央戦線の戦力差はです。



★18ターン目

しーぷ「なんか、とってもヤバい気がする…!」

バイ将-p-1-2-16
しーぷが上から3マス目のバイソンを前進させるのを尻目に、

バイ将-p-1-2-17
星屑は、きっちりと酋長を中央へ寄せていきます。



★19ターン目

バイ将-p-1-2-18
▲中央1マス上のバイソンの前進に対して、

バイ将-p-1-2-19
▲さらに1歩。



★20ターン目

バイ将-p-1-2-20
▲今度は川上のバイソンが前進しますが、

バイ将-p-1-2-21
▲気にせず酋長を右上へ。



★21ターン目

バイ将-p-1-2-22
▲ここで、川上のバイソンデッドラインに到達しましたので、

バイ将-p-1-2-23
▲これをで止めて、
▲あとはもう、酋長3体のバイソンでの勝負となりました。



★22ターン目

しーぷ「ど、どうしてこうなった…!」

バイ将-p-1-2-24
しーぷバイソンを前進させる他なく、

バイ将-p-1-2-25
▲待ち構えていた酋長に捕獲されてしまいます…。
▲これで



★23ターン目

バイ将-p-1-2-26
バイソンが動いては、

バイ将-p-1-2-27
▲まるで磁石にでも引き寄せられるかのように酋長が動き、



★24ターン目

バイ将-p-1-2-28
▲またバイソンが1体…、

バイ将-p-1-2-29
酋長のお縄に。
▲ついに酋長バイソンです!



★25ターン目

しーぷ「あーもう、」
しーぷ「とんだバイザイ・チャージになっちゃった…!」

バイ将-p-1-2-30
しーぷが、最後に唯一動かせる中央のバイソンを前進させると、

バイ将-p-1-2-31
▲待ってましたとばかりに星屑酋長が捕獲して、

これでしーぷには動かせるコマがなくなりましたので、
酋長陣営星屑がゲームに勝利しました♪( ̄▽ ̄*)


バイ将-p-1-2-32



しーぷ「もうこれ、」
しーぷ「少し前から勝負がついてたっぽいね」

星屑「そうな、」
星屑が川上に走った時点で決着してたと思う」
星屑「(もしかしたら、あれからの勝ち筋があるのかもだけど)」

しーぷ「あ、そんな前からだったんだ」

星屑「でも途中まで、マジで冷や冷やしたよ」

しーぷ「うまく左右に分断できたと思ったんだけどなぁ」

星屑「そこは間違いなく見事だった」
星屑「実際、こっちはコマを右に左に振らされてたわけだし」

しーぷ「だとしたら、何が悪かったんだろう?」

星屑「こっちのコマを散らせたあとに、」
星屑「残ったバイソンのポジションが悪かったんじゃないかな」

バイ将-p-1-2-33

星屑4体の所在が定まったあとで、」
星屑「残りのバイソン3列に固まってしまっとったけん、」
星屑酋長1人でも楽々対応できたんだよね」

しーぷ「じゃあ、この3体のバイソンの間に、」
しーぷ「せめて中1列ずつでもスペースがあったら…」

星屑「とても酋長1人じゃ無理やったと思う」

しーぷ「ああ、なんか悔しい…!」

星屑「じゃあ、もう1戦、」
星屑「今度は陣営をチェンジしてやってみようか」

しーぷ「オーケー!」
しーぷ「酋長陣営のコマも動きは難しくないし、」
しーぷ「やってみる!!」

星屑「そしたら、ちょっとシナリオを書いてくるから待っててね」

しーぷそれはいらない!!!


次回、第2ラウンドです!



「バイソン将棋」 関連記事
→次回:プレイ記その1(3/4)
開封記事




【2017/12/20 23:59】 | プレイ記 【タグ】 バイソン将棋  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可