RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「エレファント」


★開封

エレファント-o-01
▲今回は、よかぜさんからのクリスマスプレゼントです♪


先日の、福岡市城南区でのボードゲーム会にて。

"小箱"で有名なよかぜさんから、
なんとクリスマスプレゼントをいただき、
その包みを開けてみると……

エレファント-o-02

中から出てきたのは、
エレファント」という小箱ゲーム!!

これ、実はですね、
以前、よかぜさんに遊ばせてもらったときに、
星屑、とんでもなくツボって、
欲しい欲しいと思いながらも、
しかしながら日本では入手が難しく、
星屑にとっては憧れのゲームとなっていたものでして…!

いや、もう、
包みから出てきた箱を見て、
星屑は驚きと嬉しさのあまり、
思わず変な声が出てしまったほどだったんです!!

そんな、星屑にとって特別なゲームの箱を、
今回は、やや緊張しながら開封して参りたいと思います!



★箱の外観

エレファント-o-03
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

真っ黒な象と、まっ白な陶磁器のコントラストが印象的なイラストです!

どうでもいいですが、"まっ白な陶磁器"というと、
井上陽水の「白い一日」を思い出すのは、ぼくだけでしょうか…?

エレファント-o-04
▲箱のウラ面

何かいろいろ書いてありますが、
ドイツ語なので読めません…!

そういえば、よかぜさんは、
こちらをドイツamazonで購入してくださったとのことでした!

エレファント-o-05
スペック

プレイ人数3~5人で、
プレイ時間30分
対象年齢8歳~となっています。



★箱をオープン!

エレファント-o-06
▲一発目はカード類スコアシート

エレファント-o-07
▲さらにカードがもう1ブロックあって、

エレファント-o-08
ルルブはここですね。

エレファント-o-09
▲底にはアミーゴ社のカタログが入っていました。



★内容物

エレファント-o-10
ルールブック(ドイツ語・両面)

図が半分、文字が半分といった感じのルルブです。

ドイツ語が読めない星屑は、
もちろん日本語説明書に頼ります…!

エレファント-o-11
得点記録用紙×1冊

4種類の得点と、その合計点を記入するシートです。

1枚で上下2人ぶんの構成になっています。
(つまり、4人プレイの場合は2枚必要)

エレファント-o-12
▲そしてカード類

エレファント-o-13
▲今回ばかりは、封を切るのも緊張しますね…!( ̄▽ ̄;)

エレファント-o-14
陶磁器カード×40枚

の3色の陶磁器が描かれたカードです。

カードの上部には数字があり、
これが各カードの得点となります。

エレファント-o-15
スタートカード×10枚

ゲーム開始時に、
各プレイヤーへ2枚ずつ配る陶磁器カードです。

同じローマ数字が裏側に書いてあるペアで配り、
いずれのペアも3点&4点の陶磁器となっています。

エレファント-o-16
象カード×30枚

陶磁器の色と同じ3色の、象のシルエットのカードです。

そして、そのシルエットは、
割れた陶磁器の破片に描かれていて、つまり…( ̄▽ ̄ )

エレファント-o-17
お金カード×10枚

陶磁器を買うためのお金です。

"10"という額面には特に意味はなく、
陶磁器カード1枚につき、お金カード1枚を支払います。

なお、このゲーム内での"お財布"はとても小さくて、
各プレイヤーはお金カードを2枚までしか保有できません。

エレファント-o-18
パスカード×5枚

自分の手番をパスをしたいときに使うカードです。

ただし、パスはゲーム中に1度しかできません。

エレファント-o-19
得点計算カード×4枚

ゲーム中に4度ある、得点計算のタイミングを示すカードです。

各プレイヤーは、得点計算の際、
4種類の得点計算方法の中から1つを選んで適用します。



★どんなゲーム?

エレファント」は、
象が闊歩する横で、陶磁器を買い集めるゲームです!

――ちょっと何を言っているか分からないかもしれませんが、
本当に、そこら辺を象が歩き回っているという環境下で、
悠長に陶磁器を買っては並べていくゲームなんです…!


その結果、陶磁器がどんな目にあうかは、
容易に想像できてしまうわけですが……


とりあえず、ゲームの手順ですが、
各プレイヤーが自分のターンにできることは2択。

エレファント-o-20
お金を払って陶磁器を買うか、

エレファント-o-21
▲それとも、象に自分の陶磁器を割られるか、

どちらかになります!!

以下、詳しく見ていきましょう。


☆陶磁器カードを取る

プレイヤーは、お金カード1枚を支払うことで、
場に並ぶ陶磁器カードの中から1枚を取ることができます。

陶磁器カードの色や数字は、得点計算に直結しますので、
どの陶磁器を買うかは悩みどころ…!

その得点計算には、

・各色の陶磁器の最小の得点の合計
・各色の陶磁器の最大の得点の合計
1色の陶磁器の全ての得点の合計
全ての陶磁器の得点の合計


…という4種類の方法があり、
しかも、この4種類の得点計算方法を、
4度の得点計算で1度ずつ使わないといけませんので、
どの方法を、何回目の得点計算で使うか、
これまた頭を抱えることになります!

ちょっと例を見てみましょう。

エレファント-o-41
▲この6枚の陶磁器カードを持っている場合、

エレファント-o-22
各色の陶磁器の最小の得点の合計であれば、
14点

エレファント-o-23
各色の陶磁器の最大の得点の合計であれば、
19点

エレファント-o-24
1色の陶磁器の全ての得点の合計であれば、
▲この中ではを選んで、
16点

エレファント-o-42
全ての陶磁器の得点の合計であれば、
31点

と、なるわけですね。

さて、ここで話を少し戻して…、

陶磁器を買うと、お金カードを1枚失います

すると、いずれ手元のお金カードは0枚になってしまうわけですが、
こうなると、もはや陶磁器を買うことはできません

それではどうするかというと――


☆象カードを取る

プレイヤーは、
場に並ぶ象カードの中から1枚を取ることで、
カードに示された陶磁器を割られてしまいますが…、
(割られた陶磁器はゲームから除外)

エレファント-o-26
▲その代わり、迷惑料としてお金カード1枚を受け取ります
(割られた陶磁器の数に関係なく一律1枚)

こうして受け取ったお金で、また陶磁器を買って、
お金がなくなったら、ふたたび象に陶磁器を割られて、
迷惑料を受け取って、そのお金で…と繰り返し、
そんな最中に得点計算が割り込んできて
…というのが、
このゲームの流れです!

なお、象カードにも、いくつか種類があって…、

エレファント-o-27
▲例えば、この象カードを取ると、
の陶磁器カードを1枚ずつ捨てなければなりません。

エレファント-o-28
▲この象カードを取ると、
の陶磁器カードを全て捨てなければなりません。

エレファント-o-29
▲この象カードを取ると、
数字が偶数の陶磁器カードを全て捨てなければなりません。

…と、象は容赦なく陶磁器を割りにきますので、
極力、被害の少なくて済むような像カードを取りましょう!

エレファント-o-30
▲ちなみに、もし割られる陶磁器がなかったとしても、
迷惑料のお金カード1枚は受け取れます!


こうしてゲームが進み、
陶磁器カードが10枚買われるたびに得点計算をしていって、
4度目の得点計算をしたら、ゲーム終了

合計得点が一番高いプレイヤーが勝者です!!



★スリーブ!

日頃、基本的にスリーブを使わない派の私星屑ですが、
今回ばかりは使う派に回ります…!


▲使用するスリーブはこちら。

エレファント-o-31
▲それでは、99枚のカードをスリーブに入れていきましょう。

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

エレファント-o-32
▲はい、完了…!

エレファント-o-33
星屑タイムはご覧の通りです。

ぼくは約100枚で約10分ってところなんですね。
速い人だと、この半分くらいで終わらせるのかな…?



★コメント

ボードゲームの"宝物"が、また一つ増えました!

自分で入手したボードゲームたちも、
もちろん大事なものに変わりないんですが、

ボドゲ仲間に贈っていただいたものというのは、
それに至るまでの経緯とか、
その方とのつながりとか、
ボードゲームの箱の中身だけに収まらず、
箱を包み込むような"何か"があるような気がして、
すごく特別なものに見えるんです…!

エレファント-o-34
▲NAGOのO嶋さんK様にいただいた、
星屑専用カタン駒も"宝物"の一つ。


よかぜさんに出会うまでは、
そもそも"小箱"のゲームに魅力を感じず、
定番どころの「ハゲタカのえじき」や「6ニムト」くらいしか、
プレイしていなかった星屑でしたが、

福岡県でボドゲ会を主催するようになって、
よかぜさんと出会って、卓を立てていただいて、
そして「エレファント」のユニークさに衝撃を受けて、
"小箱"特有の面白さに気付いて、
それで「フォレロッテ」なんかも購入して…。

よかぜさんと「エレファント」は、
ぼくの"小箱"に対するイメージを大きく変えてくれました。

そして、そんな「エレファント」が、
今ではぼくの手元にもある…!

これをキッカケに、ぼくもまた、よかぜさんにならって、
大分県で"小箱"の魅力を伝えていきたいと思います!


よかぜさん
ステキな贈り物を本当にありがとうございました!!



エレファント 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


先日の、福岡市城南区でのボードゲーム会にて。

"小箱"で有名なよかぜさんから、
なんとクリスマスプレゼントをいただき、
その包みを開けてみると……

エレファント-o-02

中から出てきたのは、
エレファント」という小箱ゲーム!!

これ、実はですね、
以前、よかぜさんに遊ばせてもらったときに、
星屑、とんでもなくツボって、
欲しい欲しいと思いながらも、
しかしながら日本では入手が難しく、
星屑にとっては憧れのゲームとなっていたものでして…!

いや、もう、
包みから出てきた箱を見て、
星屑は驚きと嬉しさのあまり、
思わず変な声が出てしまったほどだったんです!!

そんな、星屑にとって特別なゲームの箱を、
今回は、やや緊張しながら開封して参りたいと思います!



★箱の外観

エレファント-o-03
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

真っ黒な象と、まっ白な陶磁器のコントラストが印象的なイラストです!

どうでもいいですが、"まっ白な陶磁器"というと、
井上陽水の「白い一日」を思い出すのは、ぼくだけでしょうか…?

エレファント-o-04
▲箱のウラ面

何かいろいろ書いてありますが、
ドイツ語なので読めません…!

そういえば、よかぜさんは、
こちらをドイツamazonで購入してくださったとのことでした!

エレファント-o-05
スペック

プレイ人数3~5人で、
プレイ時間30分
対象年齢8歳~となっています。



★箱をオープン!

エレファント-o-06
▲一発目はカード類スコアシート

エレファント-o-07
▲さらにカードがもう1ブロックあって、

エレファント-o-08
ルルブはここですね。

エレファント-o-09
▲底にはアミーゴ社のカタログが入っていました。



★内容物

エレファント-o-10
ルールブック(ドイツ語・両面)

図が半分、文字が半分といった感じのルルブです。

ドイツ語が読めない星屑は、
もちろん日本語説明書に頼ります…!

エレファント-o-11
得点記録用紙×1冊

4種類の得点と、その合計点を記入するシートです。

1枚で上下2人ぶんの構成になっています。
(つまり、4人プレイの場合は2枚必要)

エレファント-o-12
▲そしてカード類

エレファント-o-13
▲今回ばかりは、封を切るのも緊張しますね…!( ̄▽ ̄;)

エレファント-o-14
陶磁器カード×40枚

の3色の陶磁器が描かれたカードです。

カードの上部には数字があり、
これが各カードの得点となります。

エレファント-o-15
スタートカード×10枚

ゲーム開始時に、
各プレイヤーへ2枚ずつ配る陶磁器カードです。

同じローマ数字が裏側に書いてあるペアで配り、
いずれのペアも3点&4点の陶磁器となっています。

エレファント-o-16
象カード×30枚

陶磁器の色と同じ3色の、象のシルエットのカードです。

そして、そのシルエットは、
割れた陶磁器の破片に描かれていて、つまり…( ̄▽ ̄ )

エレファント-o-17
お金カード×10枚

陶磁器を買うためのお金です。

"10"という額面には特に意味はなく、
陶磁器カード1枚につき、お金カード1枚を支払います。

なお、このゲーム内での"お財布"はとても小さくて、
各プレイヤーはお金カードを2枚までしか保有できません。

エレファント-o-18
パスカード×5枚

自分の手番をパスをしたいときに使うカードです。

ただし、パスはゲーム中に1度しかできません。

エレファント-o-19
得点計算カード×4枚

ゲーム中に4度ある、得点計算のタイミングを示すカードです。

各プレイヤーは、得点計算の際、
4種類の得点計算方法の中から1つを選んで適用します。



★どんなゲーム?

エレファント」は、
象が闊歩する横で、陶磁器を買い集めるゲームです!

――ちょっと何を言っているか分からないかもしれませんが、
本当に、そこら辺を象が歩き回っているという環境下で、
悠長に陶磁器を買っては並べていくゲームなんです…!


その結果、陶磁器がどんな目にあうかは、
容易に想像できてしまうわけですが……


とりあえず、ゲームの手順ですが、
各プレイヤーが自分のターンにできることは2択。

エレファント-o-20
お金を払って陶磁器を買うか、

エレファント-o-21
▲それとも、象に自分の陶磁器を割られるか、

どちらかになります!!

以下、詳しく見ていきましょう。


☆陶磁器カードを取る

プレイヤーは、お金カード1枚を支払うことで、
場に並ぶ陶磁器カードの中から1枚を取ることができます。

陶磁器カードの色や数字は、得点計算に直結しますので、
どの陶磁器を買うかは悩みどころ…!

その得点計算には、

・各色の陶磁器の最小の得点の合計
・各色の陶磁器の最大の得点の合計
1色の陶磁器の全ての得点の合計
全ての陶磁器の得点の合計


…という4種類の方法があり、
しかも、この4種類の得点計算方法を、
4度の得点計算で1度ずつ使わないといけませんので、
どの方法を、何回目の得点計算で使うか、
これまた頭を抱えることになります!

ちょっと例を見てみましょう。

エレファント-o-41
▲この6枚の陶磁器カードを持っている場合、

エレファント-o-22
各色の陶磁器の最小の得点の合計であれば、
14点

エレファント-o-23
各色の陶磁器の最大の得点の合計であれば、
19点

エレファント-o-24
1色の陶磁器の全ての得点の合計であれば、
▲この中ではを選んで、
16点

エレファント-o-42
全ての陶磁器の得点の合計であれば、
31点

と、なるわけですね。

さて、ここで話を少し戻して…、

陶磁器を買うと、お金カードを1枚失います

すると、いずれ手元のお金カードは0枚になってしまうわけですが、
こうなると、もはや陶磁器を買うことはできません

それではどうするかというと――


☆象カードを取る

プレイヤーは、
場に並ぶ象カードの中から1枚を取ることで、
カードに示された陶磁器を割られてしまいますが…、
(割られた陶磁器はゲームから除外)

エレファント-o-26
▲その代わり、迷惑料としてお金カード1枚を受け取ります
(割られた陶磁器の数に関係なく一律1枚)

こうして受け取ったお金で、また陶磁器を買って、
お金がなくなったら、ふたたび象に陶磁器を割られて、
迷惑料を受け取って、そのお金で…と繰り返し、
そんな最中に得点計算が割り込んできて
…というのが、
このゲームの流れです!

なお、象カードにも、いくつか種類があって…、

エレファント-o-27
▲例えば、この象カードを取ると、
の陶磁器カードを1枚ずつ捨てなければなりません。

エレファント-o-28
▲この象カードを取ると、
の陶磁器カードを全て捨てなければなりません。

エレファント-o-29
▲この象カードを取ると、
数字が偶数の陶磁器カードを全て捨てなければなりません。

…と、象は容赦なく陶磁器を割りにきますので、
極力、被害の少なくて済むような像カードを取りましょう!

エレファント-o-30
▲ちなみに、もし割られる陶磁器がなかったとしても、
迷惑料のお金カード1枚は受け取れます!


こうしてゲームが進み、
陶磁器カードが10枚買われるたびに得点計算をしていって、
4度目の得点計算をしたら、ゲーム終了

合計得点が一番高いプレイヤーが勝者です!!



★スリーブ!

日頃、基本的にスリーブを使わない派の私星屑ですが、
今回ばかりは使う派に回ります…!


▲使用するスリーブはこちら。

エレファント-o-31
▲それでは、99枚のカードをスリーブに入れていきましょう。

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

エレファント-o-32
▲はい、完了…!

エレファント-o-33
星屑タイムはご覧の通りです。

ぼくは約100枚で約10分ってところなんですね。
速い人だと、この半分くらいで終わらせるのかな…?



★コメント

ボードゲームの"宝物"が、また一つ増えました!

自分で入手したボードゲームたちも、
もちろん大事なものに変わりないんですが、

ボドゲ仲間に贈っていただいたものというのは、
それに至るまでの経緯とか、
その方とのつながりとか、
ボードゲームの箱の中身だけに収まらず、
箱を包み込むような"何か"があるような気がして、
すごく特別なものに見えるんです…!

エレファント-o-34
▲NAGOのO嶋さんK様にいただいた、
星屑専用カタン駒も"宝物"の一つ。


よかぜさんに出会うまでは、
そもそも"小箱"のゲームに魅力を感じず、
定番どころの「ハゲタカのえじき」や「6ニムト」くらいしか、
プレイしていなかった星屑でしたが、

福岡県でボドゲ会を主催するようになって、
よかぜさんと出会って、卓を立てていただいて、
そして「エレファント」のユニークさに衝撃を受けて、
"小箱"特有の面白さに気付いて、
それで「フォレロッテ」なんかも購入して…。

よかぜさんと「エレファント」は、
ぼくの"小箱"に対するイメージを大きく変えてくれました。

そして、そんな「エレファント」が、
今ではぼくの手元にもある…!

これをキッカケに、ぼくもまた、よかぜさんにならって、
大分県で"小箱"の魅力を伝えていきたいと思います!


よかぜさん
ステキな贈り物を本当にありがとうございました!!



エレファント 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2017/12/26 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 エレファント  
|

シャハト節
フェビアン
お疲れ様です。
紹介記事のルールを読んでピンときたので調べたら、やっぱりこれシャハトの作品ですね。そんな気がしました。(雰囲気が「セレンゲティ」に似てるというか...)
シャハトは好きなデザイナーで、クニツィアほどではないですが、結構持ってるほうだと思います。
…ということは、このゲームもやはり3人ベストなんでしょうか?(笑)

このゲームの渋くて爽快感のなさ!あぁやってみたい!ww

>>フェビアンさん
星屑トランペッター
ぼくは、それこそエレファントでシャハトを覚えたんですが、
もう渋すぎて渋すぎて…ほんとクセになる渋さですね!!!

そして、おっしゃる通り、爽快感なんて全くない!!

――にもかかわらず、なんでか惹かれるっていう、
ボドゲをしてて初めてです、こんな気持ち…!

で、やっぱり3人ベストのようですよ!笑

またお会いできることがありましたら、
ぜひぜひ、エレファントやりましょう♪( ̄▽ ̄*)


承認待ちコメント
-


>>フェビアンさん
星屑トランペッター
あらあら、お子さんがお生まれに…!
おめでとうございます!!

さぞかし、お忙しいでしょうけれども、
いずれ"クラシック会"も開催したいと思いますので、
是非また一緒にボードゲームしましょう♪( ̄▽ ̄*)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
シャハト節
お疲れ様です。
紹介記事のルールを読んでピンときたので調べたら、やっぱりこれシャハトの作品ですね。そんな気がしました。(雰囲気が「セレンゲティ」に似てるというか...)
シャハトは好きなデザイナーで、クニツィアほどではないですが、結構持ってるほうだと思います。
…ということは、このゲームもやはり3人ベストなんでしょうか?(笑)

このゲームの渋くて爽快感のなさ!あぁやってみたい!ww
2017/12/27(Wed) 21:27 | URL  | フェビアン #-[ 編集]
>>フェビアンさん
ぼくは、それこそエレファントでシャハトを覚えたんですが、
もう渋すぎて渋すぎて…ほんとクセになる渋さですね!!!

そして、おっしゃる通り、爽快感なんて全くない!!

――にもかかわらず、なんでか惹かれるっていう、
ボドゲをしてて初めてです、こんな気持ち…!

で、やっぱり3人ベストのようですよ!笑

またお会いできることがありましたら、
ぜひぜひ、エレファントやりましょう♪( ̄▽ ̄*)
2017/12/28(Thu) 06:39 | URL  | 星屑トランペッター #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/12/28(Thu) 21:39 |   |  #[ 編集]
>>フェビアンさん
あらあら、お子さんがお生まれに…!
おめでとうございます!!

さぞかし、お忙しいでしょうけれども、
いずれ"クラシック会"も開催したいと思いますので、
是非また一緒にボードゲームしましょう♪( ̄▽ ̄*)
2018/01/06(Sat) 07:02 | URL  | 星屑トランペッター #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可