FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「マフィア・デ・クーバ」




★サマリー置き場

本体開封記事
拡張開封記事


サマリー公開のご要望を受けましたので、
.jpg形式で以下に置いておきます。

どうぞ、ご自由にお使いください♪( ̄▽ ̄*)



マフィア・デ・クーバ【進行】1枚
▲サマリー(進行)

★注意点

☆スタートプレイヤー
→時計回りでゴッドファーザーの直後のプレイヤー
 →キャラトークンを隠すかどうかは任意

☆ラストプレイヤー
→時計回りでゴッドファーザーの直前のプレイヤー
 →唯一、"あえて何も取らず「浮浪児」になる"ことができる。
※ラストプレイヤー以外は、回ってきた葉巻ケースに何も残っていなかった場合にしか「浮浪児」になることができない。

☆盗人以外が告発された場合
キャラトークンは公開せず、ジョーカートークンを受け取るのみ。
(ただし、FBI/CIAが告発された場合は単独勝利でゲーム終了)

マフィア・デ・クーバ【役職】1枚
▲サマリー(役職)

★ボス陣営
ゴッド・ファーザー
忠実な部下

★盗人陣営
盗人
浮浪児

★単独陣営
FBI/CIA(それぞれが単独)
運転手
掃除屋(ヴァリアント・ルール)

マフィア・デ・クーバ【進行】4枚

マフィア・デ・クーバ【役職】4枚


実は人狼を始めとする"正体隠匿系ゲーム"を大の苦手とする私星屑ですが、
この「マフィア・デ・クーバ」だけは大好きなんです…!

その最大の理由は、"笑える"こと!

まず、ゲームの最序盤に、
ボスが「俺のダイヤがなくなってるー!!!」と大騒ぎする時点で、
もう参加者はみんな笑っちゃいますし、

ボスが部下たちを尋問して、
矛盾が発生するたびに笑いが出ますし、

嘘をついていたプレイヤーの話が破綻しても笑い、
ボスが混乱して、頭を抱えてしまっても笑い……

とにかく最初から最後まで、
何をしても笑える正体隠匿系
というのは珍しく、
そして、おもしろいです!!

なんといっても、
ミスをしてチームに迷惑がかかる…という心配がないのが良いですね!
仮にミスったところで、すべて笑いに変換されますし。

プレイ人数の敷居が高く(12人近く欲しい)、
ボスのダウンタイム次第でプレイ時間が長くなってしまい、
最初に流れを把握するのがやや大変なゲームですが、

これは、すごく価値のある、
他と一線を画す正体隠匿系ゲームだと思っています♪( ̄▽ ̄*)



マフィア・デ・クーバ 関連記事
本体開封記事
拡張開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


サマリー公開のご要望を受けましたので、
.jpg形式で以下に置いておきます。

どうぞ、ご自由にお使いください♪( ̄▽ ̄*)



マフィア・デ・クーバ【進行】1枚
▲サマリー(進行)

★注意点

☆スタートプレイヤー
→時計回りでゴッドファーザーの直後のプレイヤー
 →キャラトークンを隠すかどうかは任意

☆ラストプレイヤー
→時計回りでゴッドファーザーの直前のプレイヤー
 →唯一、"あえて何も取らず「浮浪児」になる"ことができる。
※ラストプレイヤー以外は、回ってきた葉巻ケースに何も残っていなかった場合にしか「浮浪児」になることができない。

☆盗人以外が告発された場合
キャラトークンは公開せず、ジョーカートークンを受け取るのみ。
(ただし、FBI/CIAが告発された場合は単独勝利でゲーム終了)

マフィア・デ・クーバ【役職】1枚
▲サマリー(役職)

★ボス陣営
ゴッド・ファーザー
忠実な部下

★盗人陣営
盗人
浮浪児

★単独陣営
FBI/CIA(それぞれが単独)
運転手
掃除屋(ヴァリアント・ルール)

マフィア・デ・クーバ【進行】4枚

マフィア・デ・クーバ【役職】4枚


実は人狼を始めとする"正体隠匿系ゲーム"を大の苦手とする私星屑ですが、
この「マフィア・デ・クーバ」だけは大好きなんです…!

その最大の理由は、"笑える"こと!

まず、ゲームの最序盤に、
ボスが「俺のダイヤがなくなってるー!!!」と大騒ぎする時点で、
もう参加者はみんな笑っちゃいますし、

ボスが部下たちを尋問して、
矛盾が発生するたびに笑いが出ますし、

嘘をついていたプレイヤーの話が破綻しても笑い、
ボスが混乱して、頭を抱えてしまっても笑い……

とにかく最初から最後まで、
何をしても笑える正体隠匿系
というのは珍しく、
そして、おもしろいです!!

なんといっても、
ミスをしてチームに迷惑がかかる…という心配がないのが良いですね!
仮にミスったところで、すべて笑いに変換されますし。

プレイ人数の敷居が高く(12人近く欲しい)、
ボスのダウンタイム次第でプレイ時間が長くなってしまい、
最初に流れを把握するのがやや大変なゲームですが、

これは、すごく価値のある、
他と一線を画す正体隠匿系ゲームだと思っています♪( ̄▽ ̄*)



マフィア・デ・クーバ 関連記事
本体開封記事
拡張開封記事

ボードゲーム記事一覧



【2018/01/17 23:59】 | ルール説明 【タグ】 マフィア・デ・クーバ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可