RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「スパゲティ」




★開封

スパゲティ-o-01
▲今回はヨドバシ博多で見かけてヨドバシ.comでポチりました!


★箱の外観

スパゲティ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

女の子がスパゲティを手で引っ張り出しているイラストです。
ちなみに、スパの上の4つの球体はミートボールとのこと。

スパゲティ-o-03
▲箱のウラ面

全面を使って、ゲームの流れが説明されています。
コンポーネントは、オモテ面のイラストそのまんまのようですね。

スパゲティ-o-04
スペック

プレイ人数2~4人で、
プレイ時間30分
対象年齢6歳~となっています。

すごく軽いゲームですので、
実際は10~15分程度で終わることも。



★箱をオープン!

スパゲティ-o-05
▲一発目はルルブ

スパゲティ-o-06
▲その下にゲームボードがあって、

スパゲティ-o-07
▲さらにゲームボードがあって、

スパゲティ-o-08
スパゲティミートボールはここに。

スパゲティ-o-09
▲底には砂時計タイル台紙があって、

スパゲティ-o-10
▲以上でした。
▲それにしても、オシャレな内箱だ…!( ̄▽ ̄*)



★タイル抜き!

スパゲティ-o-11
▲それでは、4枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

スパゲティ-o-12
▲はい、完了…!

スパゲティ-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。
▲珍しくコンマ以下が00でした!

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

スパゲティ-o-14
ルールブック(日本語・全4ページ)

3つの難易度のルールが記載されているルルブです。

なんかこう、"お上品"な印象を受ける内容になっています。

スパゲティ-o-15
砂時計×1

20秒の砂時計です。

各プレイヤーは、
20秒という短い持ち時間でスパゲティを食していかねばなりません…!

スパゲティ-o-16
おしゃれなお皿×2枚(大小)

スパゲティとミートボールを盛るお皿です。

大きい方は基本ルールで、
小さい方は難しいルールで使います。

スパゲティ-o-17
からみあうスパゲティ×27本

その内訳は、
ふつう×10本
トマト×8本
ほうれん草×6本
イカスミ×3本
…の、全4色です。

パッと見は靴ひもっぽいですが、
このゲームではスパゲティの麺ということになっています。

なお、自前で青いひもを用意すれば、
それを5色目のスパゲティとすることもできるとのこと…!
(いったい何味なんだ…)

スパゲティ-o-18
ころころミートボール×4個

"ころころ"という名前の通り、
よく転がる軽いボールです。

ルールの難易度によって、
使用する個数が変わります。

スパゲティ-o-19
イタリアンレシピ×12個

条件を満たすと追加点を得られるトークンです。
(獲得は1ターンに1個まで)

特別ルールで遊ぶ際、テーブル中央にランダムで6個だけ並べて、
残りの6個は箱に戻します。



★どんなゲーム?

スパゲティ」は、
イタリア料理のマナーを遵守しつつ、
スパゲティを食べて得点を集めるゲーム
です!

スパゲティを食べるというアクションを、このゲームでは、
片手でスパゲティの麺を引っ張り出す…というカタチで表現しています。

スパゲティ-o-20
▲からみあう麺の中の1本を片手でつかみ、
▲ずずいっと抜き出せば、それが自分の得点に!

ただし、イタリア料理を食べるにあたっては、
それはもう厳しいテーブルマナーを守らなければなりません。

え?
手でスパゲティを食べてる時点でお下品ですって??

いやいや、なにをおっしゃっているんですか。
ひとたび、このゲームが始まってしまえば、
むしろフォークで食べる方がお下品ってものですよ!

…話がそれてしまいましたが、遵守すべきことは何かというと、
それはテーブルを汚してはいけない!という一点なんです。

狙った麺を引っ張ったはずみで、

スパゲティ-o-21
▲他の麺がお皿からはみだして、テーブルにシミを作ったり、

スパゲティ-o-22
▲ミートボールが転げ落ちて、テーブルにシミを作ったりすると、

ただちに自分のターンが強制終了!!
引っ張り出している途中の麺も戻さなければなりません!

逆に、テーブルさえ汚さなければ、
自分のターン中に何本でも麺を食べることができます。
20秒間の食べ放題です…!

なお、自分のターンが終わったら、
スパゲティをお皿に盛りなおして、次の人のターンとなり、
これを時計回りで繰り返していって…、
みんなでスパゲティとミートボールを完食したら、
ゲーム終了となります。

スパゲティ-o-23
得点表はこの通り。

麺に全く触れていないときだけ取れるミートボール1点で、
合計点が一番高いプレイヤーが勝者です!

また、特別ルールでは、
イタリアンレシピを投入することで…、

スパゲティ-o-24
▲1ターン内で、指定された麺を全て食べることができれば、
追加点が入ります!!

なおさら20秒間があっという間になりますね…!



★コメント

せっかく福岡に来たからと、
立ち寄ったヨドバシ博多のボドゲ売場で、
なんだかキラリと光ったような気がして手に取ったのが、
この「スパゲティ」でした!

なんでか、なんでか、
アクション系のゲームに惹かれてしまう私星屑は、
思わずその場で買ってしまいそうになるのを、
いや、いったん落ち着いてから考えようと思い直し、
いったん大分に戻って落ち着いてから…、
結局、ヨドバシ.comでポチったわけでございます。

スパゲティ-o-25

それで、このスパゲティなんですが、
初プレイは思った以上に面白かったです♪( ̄▽ ̄*)

見た目、かなり抜けにくそうな麺なんですが、
慎重に引っ張り出せば、スルスルと抜けてくれますし、
手馴れてくると、1ターン内に複数本も、ちゃんとゲットできます!

これで、お皿の面積を狭くしたり、
ミートボールの数を3→4個に増やしたりして、
難易度を上げていけば、何度かは楽しめるでしょう。

ただ、
ネコとばしがネコを飛ばすだけのゲームであるように、
スパゲティも麺を引っこ抜くだけのゲームですので、
飽きが来るのは早いように思います。

ウチのボドゲ会で卓を立ててみた感じ、
この手のゲームの常といいますか、
子どもウケは極めて良好でしたので、
購入をお考えであれば、
お子さんと遊ぶ機会の多い方にオススメしたいですね。



――なんて、スパゲティの記事を書いていたら、
南イタリアを旅行中の両親から写真が送信されてきて…、

201801イタリア
▲シチリア島のパルレモでスパゲティを食べる星屑父


星屑「うわ、4点のスパゲティば食べとんしゃーし!」

しーぷ「イカスミのスパゲティね」
しーぷ「なんてタイムリーな」

星屑「あれ、お歯黒っぽくなるけん、ばりっばり、せからしかよね」

しーぷ「せっかくのイカスミに何てこと言うの…!」


ちなみに、写真のスパゲティは、
nero di seppia(イカスミ)も、Marinars(海鮮)も、
等しく5ユーロ(700円弱)とのことでした。

麺の色が違いますが、値段は同じなんですね!( ̄▽ ̄ )



スパゲティ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

スパゲティ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

女の子がスパゲティを手で引っ張り出しているイラストです。
ちなみに、スパの上の4つの球体はミートボールとのこと。

スパゲティ-o-03
▲箱のウラ面

全面を使って、ゲームの流れが説明されています。
コンポーネントは、オモテ面のイラストそのまんまのようですね。

スパゲティ-o-04
スペック

プレイ人数2~4人で、
プレイ時間30分
対象年齢6歳~となっています。

すごく軽いゲームですので、
実際は10~15分程度で終わることも。



★箱をオープン!

スパゲティ-o-05
▲一発目はルルブ

スパゲティ-o-06
▲その下にゲームボードがあって、

スパゲティ-o-07
▲さらにゲームボードがあって、

スパゲティ-o-08
スパゲティミートボールはここに。

スパゲティ-o-09
▲底には砂時計タイル台紙があって、

スパゲティ-o-10
▲以上でした。
▲それにしても、オシャレな内箱だ…!( ̄▽ ̄*)



★タイル抜き!

スパゲティ-o-11
▲それでは、4枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

スパゲティ-o-12
▲はい、完了…!

スパゲティ-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。
▲珍しくコンマ以下が00でした!

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

スパゲティ-o-14
ルールブック(日本語・全4ページ)

3つの難易度のルールが記載されているルルブです。

なんかこう、"お上品"な印象を受ける内容になっています。

スパゲティ-o-15
砂時計×1

20秒の砂時計です。

各プレイヤーは、
20秒という短い持ち時間でスパゲティを食していかねばなりません…!

スパゲティ-o-16
おしゃれなお皿×2枚(大小)

スパゲティとミートボールを盛るお皿です。

大きい方は基本ルールで、
小さい方は難しいルールで使います。

スパゲティ-o-17
からみあうスパゲティ×27本

その内訳は、
ふつう×10本
トマト×8本
ほうれん草×6本
イカスミ×3本
…の、全4色です。

パッと見は靴ひもっぽいですが、
このゲームではスパゲティの麺ということになっています。

なお、自前で青いひもを用意すれば、
それを5色目のスパゲティとすることもできるとのこと…!
(いったい何味なんだ…)

スパゲティ-o-18
ころころミートボール×4個

"ころころ"という名前の通り、
よく転がる軽いボールです。

ルールの難易度によって、
使用する個数が変わります。

スパゲティ-o-19
イタリアンレシピ×12個

条件を満たすと追加点を得られるトークンです。
(獲得は1ターンに1個まで)

特別ルールで遊ぶ際、テーブル中央にランダムで6個だけ並べて、
残りの6個は箱に戻します。



★どんなゲーム?

スパゲティ」は、
イタリア料理のマナーを遵守しつつ、
スパゲティを食べて得点を集めるゲーム
です!

スパゲティを食べるというアクションを、このゲームでは、
片手でスパゲティの麺を引っ張り出す…というカタチで表現しています。

スパゲティ-o-20
▲からみあう麺の中の1本を片手でつかみ、
▲ずずいっと抜き出せば、それが自分の得点に!

ただし、イタリア料理を食べるにあたっては、
それはもう厳しいテーブルマナーを守らなければなりません。

え?
手でスパゲティを食べてる時点でお下品ですって??

いやいや、なにをおっしゃっているんですか。
ひとたび、このゲームが始まってしまえば、
むしろフォークで食べる方がお下品ってものですよ!

…話がそれてしまいましたが、遵守すべきことは何かというと、
それはテーブルを汚してはいけない!という一点なんです。

狙った麺を引っ張ったはずみで、

スパゲティ-o-21
▲他の麺がお皿からはみだして、テーブルにシミを作ったり、

スパゲティ-o-22
▲ミートボールが転げ落ちて、テーブルにシミを作ったりすると、

ただちに自分のターンが強制終了!!
引っ張り出している途中の麺も戻さなければなりません!

逆に、テーブルさえ汚さなければ、
自分のターン中に何本でも麺を食べることができます。
20秒間の食べ放題です…!

なお、自分のターンが終わったら、
スパゲティをお皿に盛りなおして、次の人のターンとなり、
これを時計回りで繰り返していって…、
みんなでスパゲティとミートボールを完食したら、
ゲーム終了となります。

スパゲティ-o-23
得点表はこの通り。

麺に全く触れていないときだけ取れるミートボール1点で、
合計点が一番高いプレイヤーが勝者です!

また、特別ルールでは、
イタリアンレシピを投入することで…、

スパゲティ-o-24
▲1ターン内で、指定された麺を全て食べることができれば、
追加点が入ります!!

なおさら20秒間があっという間になりますね…!



★コメント

せっかく福岡に来たからと、
立ち寄ったヨドバシ博多のボドゲ売場で、
なんだかキラリと光ったような気がして手に取ったのが、
この「スパゲティ」でした!

なんでか、なんでか、
アクション系のゲームに惹かれてしまう私星屑は、
思わずその場で買ってしまいそうになるのを、
いや、いったん落ち着いてから考えようと思い直し、
いったん大分に戻って落ち着いてから…、
結局、ヨドバシ.comでポチったわけでございます。

スパゲティ-o-25

それで、このスパゲティなんですが、
初プレイは思った以上に面白かったです♪( ̄▽ ̄*)

見た目、かなり抜けにくそうな麺なんですが、
慎重に引っ張り出せば、スルスルと抜けてくれますし、
手馴れてくると、1ターン内に複数本も、ちゃんとゲットできます!

これで、お皿の面積を狭くしたり、
ミートボールの数を3→4個に増やしたりして、
難易度を上げていけば、何度かは楽しめるでしょう。

ただ、
ネコとばしがネコを飛ばすだけのゲームであるように、
スパゲティも麺を引っこ抜くだけのゲームですので、
飽きが来るのは早いように思います。

ウチのボドゲ会で卓を立ててみた感じ、
この手のゲームの常といいますか、
子どもウケは極めて良好でしたので、
購入をお考えであれば、
お子さんと遊ぶ機会の多い方にオススメしたいですね。



――なんて、スパゲティの記事を書いていたら、
南イタリアを旅行中の両親から写真が送信されてきて…、

201801イタリア
▲シチリア島のパルレモでスパゲティを食べる星屑父


星屑「うわ、4点のスパゲティば食べとんしゃーし!」

しーぷ「イカスミのスパゲティね」
しーぷ「なんてタイムリーな」

星屑「あれ、お歯黒っぽくなるけん、ばりっばり、せからしかよね」

しーぷ「せっかくのイカスミに何てこと言うの…!」


ちなみに、写真のスパゲティは、
nero di seppia(イカスミ)も、Marinars(海鮮)も、
等しく5ユーロ(700円弱)とのことでした。

麺の色が違いますが、値段は同じなんですね!( ̄▽ ̄ )



スパゲティ 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2018/01/25 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 スパゲティ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可