FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「メモアーーール!」




★開封

メモアール!-o-01
▲前回の「ノームの村」に引き続き、
▲バネストさんで購入しました!


★箱の外観

メモアール!-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

砂浜に、いかにも海賊っぽい帽子と、
それから金貨ルビーが散らばっているイラストですね。

木の看板には、
タイトルの"MEMOARRR!"の文字が書かれています。

メモアール!-o-03
▲箱のウラ面

たった4枚のカードの画像に、説明文は5行だけ…と、
かなりシンプルなウラ面です!

メモアール!-o-04
▲オモテ面の"MEMOARRR!"は読み方が分かりにくかったですが、
▲"Memo...ARRR!"という表記だと、ちょっと読みやすくなりますね。

メモアール!-o-05
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は手軽な15分
対象年齢8歳~です。

保護者がフォローすれば、
4歳や5歳からでもプレイは可能のようでした。



★箱をオープン!

メモアール!-o-06
▲一発目はルルブ

メモアール!-o-07
▲その下にカード類があって、

メモアール!-o-08
▲内容物は以上です!



★内容物

メモアール!-o-09
ルールブック(全4ページ)

内容物やルールの説明に加えて、
エキスパートルールの内容も書かれています。

メモアール!-o-10
▲あとは全てカード類

メモアール!-o-11
場所カード×25枚

5種類の動物5種類の風景で、
5×5=25枚のカードです。

これらのカードを使って、
神経衰弱のようなゲームをするらしいですが――

メモアール!-o-12
宝物カード×7枚

宝箱の中の金貨に埋もれるように、
いくつかのルビーが描かれているカードです。

カードによって1~4個のルビーがあり、
このルビーを一番獲得したプレイヤーがゲームの勝者となります!

メモアール!-o-13
火山カード×3枚

何匹かのの絵が描かれているカードです。

7匹の鳥のカードを受け取ったプレイヤーが、
次のラウンドのスタートプレイヤーになります。

メモアール!-o-14メモアール!-o-15
ゲームのレイアウト×1枚

ゲームの準備方法が示されているカードです。

メモアール!-o-16メモアール!-o-17
サマリーカード×4枚

オモテ面にはゲームの概要が示されていて、
ウラ面はエキスパートルールの説明になっています。



★どんなゲーム?


メモアーーール!」は、
25枚…ではなく24枚のカードを使って、
ミスをしたら即脱落の"神経衰弱"をするゲームです!


☆ゲームの準備(カードの配置)

メモアール!-o-14
▲まずは、テーブルに場所カードを並べて、
▲その中央に宝物カード火山カードを重ねます。

メモアール!-o-18
▲全部で25枚の場所カードを、

メモアール!-o-19
▲よくシャッフルしてから、

メモアール!-o-20
▲こんな感じで並べましょう。

このとき、ど真ん中の1枚は使いませんので、

メモアール!-o-21
▲ウラ向きのまま箱に戻しておきます。
(この1枚は、ゲーム終了まで誰も見られません)

すっぽりと空いている中央の1スペースには、

メモアール!-o-22
▲シャッフルした7枚の宝物カードと、

メモアール!-o-23
▲3枚の火山カードを置いて…、

メモアール!-o-24
▲これでカードの配置が完了しました!


☆ゲームの準備(手前の3枚を見る)

メモアール!-o-15
▲続いて、各プレイヤーは、
自分の手前の3枚のカードを見ます

メモアール!-o-25
▲自分の手前の、この3枚のカードですね。

メモアール!-o-26
▲他の人には見られないように、こっそりと見ましょう。

メモアール!-o-24
▲3枚の内容を記憶したら、
▲元通りの位置に、ウラ向きで戻します。

以上で、ゲームの準備は完了です!


☆ゲームの流れ

メモアール!-o-16
▲自分の番が回ってきたら、
ウラ向きのカードを1枚めくることで、
▲ゲームは進行していきます。

そして、カードをめくるにあたっては、
直前のプレイヤーがめくったカードと、
同じ動物か、同じ風景のカードをめくらなければなりません!


メモアール!-o-28
▲例えば、直前のプレイヤーが「タコ」のカードをめくったら、
▲自分は「」か「タコ」のカードをめくらなければならないわけです。

このとき、まず頼りになるのが…、

メモアール!-o-27
▲ゲーム開始前に記憶した3枚のカード!

幸いにも、この3枚の中には「」のカードがありましたので…、

メモアール!-o-29
▲最下段の真ん中のカードをめくれば、

メモアール!-o-30
▲無事に「」→「」とつなげることができました!!
▲そして次のプレイヤーは、「」か「ペンギン」をめくるわけです。

こうして、動物つながりか、風景つながりで、
各プレイヤーはカードをめくっていって…、

メモアール!-o-31
▲次の自分の番は、
▲「溶岩」か「ペンギン」のカードをめくることになりました。

しかし…、

メモアール!-o-27
▲自分が知っている中に、
▲「溶岩」のカードはありませんし、
▲「ペンギン」のカードはすでにめくってしまっています。

こういうときは、
運任せでめくる他ありません…!

メモアール!-o-33
▲当てずっぽうに右下のカードをめくりましたが、
▲残念ながら「溶岩」でも「ペンギン」でもありませんでした…。

このように、失敗してしまうと、
そのラウンドは脱落となってしまいます。
(脱落したら火山カードを1枚受け取ります)

これを繰り返して、
脱落していないのが残り1人になったらラウンド終了。

メモアール!-o-34
▲最後の1人は、宝物カードを受け取ります!

そして、次のラウンドに進むわけですが、
このとき、カードの配置は変えずに
全てのカードをウラ向きに戻します

つまり、ラウンドが進むごとに、
どの位置にどのカードがあるか、
だんだん明らかになっていくわけですね。

後半のラウンドでは、
だいたいのカードの場所が分かっている上で、
より正確に記憶している人が生き残る…という感じになります!!

メモアール!-o-35
▲こうして、全7ラウンドが終わった時点で、
ルビーを一番獲得していた人がゲームの勝者です!



★コメント

大分県中津市のヤマシタさんに一度プレイさせてもらい、
先日のボードゲームフェスタの終了間際に購入したのが、
この「メモアール!」なんですが…、

もう二度とプレイしたくない!
でも間違いなくオススメのゲーム!

というのが、このゲームに対する私星屑の正直な評です。

それもこれもですね、
星屑の苦手とする2つのジャンルが、
"正体隠匿"と"記憶"なんですが、
メモアール!は、思いっきり記憶ゲーなわけでして、
やりましょうと誘われると「うっ」とならざるをえない、
しかも、対戦相手に小学生がいるとなると、
もはや「うげっ」となってしまう、
(小学生の記憶力はハンパないですからね)
それでも、せっかくだし全力でぶつかろうと、
7ラウンドの真剣勝負を駆け抜けた結果、
勝ったんですが、
MP切れオーバーヒートを起こして、
プッシューと机に突っ伏してしまい、
しばらく起き上がれないほどだったわけですよ。
マジで疲れたよパトラッシュ。
もう二度とプレイしたくない…!

メモアール!-o-37

――なんていうゲームを、
では、なぜ買ったのかという話なんですが、

完成度が高いからです

神経衰弱…なんていう使い古されたテーマを、
シンプルさとお手軽さはそのままに、
こんなにも昇華させるなんてすごい!

24枚という、
ビミョーに覚えられそうなのに、
何枚かはモヤがかかったように忘れてしまう、
多すぎず少なすぎずの枚数に、
1枚はウラ向きで欠けるという絶妙なスパイス。

記憶要素が全てではなく、
まだめくられていないカードだったり、
宝箱の中のルビーの個数だったりの、
決して小さすぎない運の要素

あれ、神経衰弱って、こんなに面白かったっけ…?

と、メモアール!は驚かせてくれます。

また、
可愛いのか可愛くないのか、よく分からないイラストが、
この手のゲーム特有の緊張感を、やや緩和してくれるのも、
一つ、美点といえるでしょうね。

記憶ゲーがお好きなプレイヤーさんに、
あるいは、大人と子どもで同じ土俵に立ちたい方に、
ぜひオススメしたいタイトルです!!


そして、記憶系といえば…、


▲「ムキノ」もありますね。

こちらは、より子ども向けにデザインされています。



メモアーーール! 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

メモアール!-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

砂浜に、いかにも海賊っぽい帽子と、
それから金貨ルビーが散らばっているイラストですね。

木の看板には、
タイトルの"MEMOARRR!"の文字が書かれています。

メモアール!-o-03
▲箱のウラ面

たった4枚のカードの画像に、説明文は5行だけ…と、
かなりシンプルなウラ面です!

メモアール!-o-04
▲オモテ面の"MEMOARRR!"は読み方が分かりにくかったですが、
▲"Memo...ARRR!"という表記だと、ちょっと読みやすくなりますね。

メモアール!-o-05
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は手軽な15分
対象年齢8歳~です。

保護者がフォローすれば、
4歳や5歳からでもプレイは可能のようでした。



★箱をオープン!

メモアール!-o-06
▲一発目はルルブ

メモアール!-o-07
▲その下にカード類があって、

メモアール!-o-08
▲内容物は以上です!



★内容物

メモアール!-o-09
ルールブック(全4ページ)

内容物やルールの説明に加えて、
エキスパートルールの内容も書かれています。

メモアール!-o-10
▲あとは全てカード類

メモアール!-o-11
場所カード×25枚

5種類の動物5種類の風景で、
5×5=25枚のカードです。

これらのカードを使って、
神経衰弱のようなゲームをするらしいですが――

メモアール!-o-12
宝物カード×7枚

宝箱の中の金貨に埋もれるように、
いくつかのルビーが描かれているカードです。

カードによって1~4個のルビーがあり、
このルビーを一番獲得したプレイヤーがゲームの勝者となります!

メモアール!-o-13
火山カード×3枚

何匹かのの絵が描かれているカードです。

7匹の鳥のカードを受け取ったプレイヤーが、
次のラウンドのスタートプレイヤーになります。

メモアール!-o-14メモアール!-o-15
ゲームのレイアウト×1枚

ゲームの準備方法が示されているカードです。

メモアール!-o-16メモアール!-o-17
サマリーカード×4枚

オモテ面にはゲームの概要が示されていて、
ウラ面はエキスパートルールの説明になっています。



★どんなゲーム?


メモアーーール!」は、
25枚…ではなく24枚のカードを使って、
ミスをしたら即脱落の"神経衰弱"をするゲームです!


☆ゲームの準備(カードの配置)

メモアール!-o-14
▲まずは、テーブルに場所カードを並べて、
▲その中央に宝物カード火山カードを重ねます。

メモアール!-o-18
▲全部で25枚の場所カードを、

メモアール!-o-19
▲よくシャッフルしてから、

メモアール!-o-20
▲こんな感じで並べましょう。

このとき、ど真ん中の1枚は使いませんので、

メモアール!-o-21
▲ウラ向きのまま箱に戻しておきます。
(この1枚は、ゲーム終了まで誰も見られません)

すっぽりと空いている中央の1スペースには、

メモアール!-o-22
▲シャッフルした7枚の宝物カードと、

メモアール!-o-23
▲3枚の火山カードを置いて…、

メモアール!-o-24
▲これでカードの配置が完了しました!


☆ゲームの準備(手前の3枚を見る)

メモアール!-o-15
▲続いて、各プレイヤーは、
自分の手前の3枚のカードを見ます

メモアール!-o-25
▲自分の手前の、この3枚のカードですね。

メモアール!-o-26
▲他の人には見られないように、こっそりと見ましょう。

メモアール!-o-24
▲3枚の内容を記憶したら、
▲元通りの位置に、ウラ向きで戻します。

以上で、ゲームの準備は完了です!


☆ゲームの流れ

メモアール!-o-16
▲自分の番が回ってきたら、
ウラ向きのカードを1枚めくることで、
▲ゲームは進行していきます。

そして、カードをめくるにあたっては、
直前のプレイヤーがめくったカードと、
同じ動物か、同じ風景のカードをめくらなければなりません!


メモアール!-o-28
▲例えば、直前のプレイヤーが「タコ」のカードをめくったら、
▲自分は「」か「タコ」のカードをめくらなければならないわけです。

このとき、まず頼りになるのが…、

メモアール!-o-27
▲ゲーム開始前に記憶した3枚のカード!

幸いにも、この3枚の中には「」のカードがありましたので…、

メモアール!-o-29
▲最下段の真ん中のカードをめくれば、

メモアール!-o-30
▲無事に「」→「」とつなげることができました!!
▲そして次のプレイヤーは、「」か「ペンギン」をめくるわけです。

こうして、動物つながりか、風景つながりで、
各プレイヤーはカードをめくっていって…、

メモアール!-o-31
▲次の自分の番は、
▲「溶岩」か「ペンギン」のカードをめくることになりました。

しかし…、

メモアール!-o-27
▲自分が知っている中に、
▲「溶岩」のカードはありませんし、
▲「ペンギン」のカードはすでにめくってしまっています。

こういうときは、
運任せでめくる他ありません…!

メモアール!-o-33
▲当てずっぽうに右下のカードをめくりましたが、
▲残念ながら「溶岩」でも「ペンギン」でもありませんでした…。

このように、失敗してしまうと、
そのラウンドは脱落となってしまいます。
(脱落したら火山カードを1枚受け取ります)

これを繰り返して、
脱落していないのが残り1人になったらラウンド終了。

メモアール!-o-34
▲最後の1人は、宝物カードを受け取ります!

そして、次のラウンドに進むわけですが、
このとき、カードの配置は変えずに
全てのカードをウラ向きに戻します

つまり、ラウンドが進むごとに、
どの位置にどのカードがあるか、
だんだん明らかになっていくわけですね。

後半のラウンドでは、
だいたいのカードの場所が分かっている上で、
より正確に記憶している人が生き残る…という感じになります!!

メモアール!-o-35
▲こうして、全7ラウンドが終わった時点で、
ルビーを一番獲得していた人がゲームの勝者です!



★コメント

大分県中津市のヤマシタさんに一度プレイさせてもらい、
先日のボードゲームフェスタの終了間際に購入したのが、
この「メモアール!」なんですが…、

もう二度とプレイしたくない!
でも間違いなくオススメのゲーム!

というのが、このゲームに対する私星屑の正直な評です。

それもこれもですね、
星屑の苦手とする2つのジャンルが、
"正体隠匿"と"記憶"なんですが、
メモアール!は、思いっきり記憶ゲーなわけでして、
やりましょうと誘われると「うっ」とならざるをえない、
しかも、対戦相手に小学生がいるとなると、
もはや「うげっ」となってしまう、
(小学生の記憶力はハンパないですからね)
それでも、せっかくだし全力でぶつかろうと、
7ラウンドの真剣勝負を駆け抜けた結果、
勝ったんですが、
MP切れオーバーヒートを起こして、
プッシューと机に突っ伏してしまい、
しばらく起き上がれないほどだったわけですよ。
マジで疲れたよパトラッシュ。
もう二度とプレイしたくない…!

メモアール!-o-37

――なんていうゲームを、
では、なぜ買ったのかという話なんですが、

完成度が高いからです

神経衰弱…なんていう使い古されたテーマを、
シンプルさとお手軽さはそのままに、
こんなにも昇華させるなんてすごい!

24枚という、
ビミョーに覚えられそうなのに、
何枚かはモヤがかかったように忘れてしまう、
多すぎず少なすぎずの枚数に、
1枚はウラ向きで欠けるという絶妙なスパイス。

記憶要素が全てではなく、
まだめくられていないカードだったり、
宝箱の中のルビーの個数だったりの、
決して小さすぎない運の要素

あれ、神経衰弱って、こんなに面白かったっけ…?

と、メモアール!は驚かせてくれます。

また、
可愛いのか可愛くないのか、よく分からないイラストが、
この手のゲーム特有の緊張感を、やや緩和してくれるのも、
一つ、美点といえるでしょうね。

記憶ゲーがお好きなプレイヤーさんに、
あるいは、大人と子どもで同じ土俵に立ちたい方に、
ぜひオススメしたいタイトルです!!


そして、記憶系といえば…、


▲「ムキノ」もありますね。

こちらは、より子ども向けにデザインされています。



メモアーーール! 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2018/01/27 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 メモアール!  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可