FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム
「クイーンドミノ」




★開封

クイーンドミノ-o-01
▲福岡で開催された「ボードゲームフェスタ5」の、
▲物販ブースで購入してきました!


★箱の外観

クイーンドミノ-o-02
▲まずは「キングドミノ」とのサイズ比較!

ふた回りくらい大きいですね。
テキトーなバッグに入れて、気軽に持ち歩く…ことはできなそうです。

クイーンドミノ-o-03
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

イラストの世界観はそのままながら、
そびえ立つ塔に女王さまがいたり、その隣には金ピカな像があったりと、
ちょいちょい細かいところに変化があります。

クイーンドミノ-o-04
▲箱のウラ面

コンポーネントが増えていますね!
横長のボードに正方形のタイルが乗っていて、
その脇にはコインやコマもあるようです。

クイーンドミノ-o-05
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの25分
対象年齢8歳~となっています。

キングドミノからの変更点はプレイ時間で、
15分→25分と少し延びていますね。

また、キングドミノも併用して遊べば、
最大人数を4人→8人に増やせるようです。
(個人戦は6人まで。チーム戦で8人までとなります)



★箱をオープン!

クイーンドミノ-o-06
▲一発目はルルブ

クイーンドミノ-o-07
▲その下のタイル台紙を取ると、

クイーンドミノ-o-08
▲底部が見えてきましたね。

クイーンドミノ-o-09
ゲームボードコマ類があって、

クイーンドミノ-o-10
▲最後がタイル類でした!



★タイル抜き&組み立て!

クイーンドミノ-o-11
▲それでは、2枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

クイーンドミノ-o-12
▲はい、完了…!

クイーンドミノ-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

クイーンドミノ-o-14
イラスト入りルール(全8ページ)

キングドミノのものと同じページ数ながら、
サイズが大きくなり、文字もびっちりになったルルブです。

変更点や追加要素が、盛りだくさんとなっていますね!

クイーンドミノ-o-15
得点記録用紙×1冊

12項目の得点手段が示されたスコアパッドです。

コインや建物タイルの追加により、
得点計算は複雑になっています。

クイーンドミノ-o-18
立体の城×4つ

スタートタイル上に置く城です。

自分の担当色の識別に使います。

クイーンドミノ-o-19
国王駒×4色・各2個

ドミノを選んで確保するための駒です。

キングドミノの4色とは被らない配色になっていますね。
(あちらはピンク水色黄色)

クイーンドミノ-o-16
建築士ボード×1枚

建物タイルを並べるためのボードです。
(建物タイルについては後述)

そして、ボードの左端にはドラゴンの洞窟があります…!

クイーンドミノ-o-17
コイン×42枚

額面が「」と「」と「」のコインです。

主に、騎士を領地へ派遣して徴税することにより得て、
建物タイルを獲得するために使います。

クイーンドミノ-o-21
騎士駒×22個

建物タイルの効果によって、得ることができる駒です。

配置したドミノに置くことで、
領地から徴税し、コインを稼ぐことができます。

クイーンドミノ-o-20
塔駒×15個

建物タイルの効果によって、自分の領地に立てる駒です。

領地内に「動く城」の建物タイルがあれば得点になり、
また、塔の本数が最多のプレイヤーは女王の恩恵を受けられます!



クイーンドミノ-o-22
女王駒ドラゴン駒

ゲーム中、塔の本数が最多のプレイヤーが保有する女王の駒と、
建築士ボードにいて、邪魔な建物タイルを除去するドラゴンの駒です。

女王駒を持っているプレイヤーは、建物の建設コストが1減り、
ゲーム終了時には追加の王冠としてカウントすることができます。

クイーンドミノ-o-23
スタートタイル×4色

オシャレな石畳に生まれ変わったスタートタイルです。

とはいえ、ワイルドドミノとしての役割は変わりません。

クイーンドミノ-o-24
ドミノ×48枚

新たに、赤色の「町マス」が加わった48枚のドミノです。

町マスには、建物タイルを配置することができます。

クイーンドミノ-o-25
建物タイル×32枚

コインで購入し、自分の領地内の街マスに建設するタイルです。

購入前は灰色の"建設中"の面になっており、
購入して建設することで、赤色の"建設完了"の面に裏返します。

クイーンドミノ-o-26
▲ドミノと建物タイルの内訳。

実に20マスもの町マスの追加によって、
全96マスのバランスが、かなり変動しました!

町マスを何マス並べて、どの建物タイルを建設するか…?

というのが、今回の最大のテーマになっているようですね。( ̄▽ ̄ )



★変更点&追加要素

キングドミノでは、自分のターン中に、

①[必須]選んだドミノを自分の王国に追加する
②[必須]ドミノを1枚選び、その上に国王駒を置く


…という2つの必須アクションをプレイしていましたが、
今作では、その間に3つの任意アクションが追加されています。

①[必須]選んだドミノを自分の王国に追加する
②[任意]騎士駒を派遣して徴税する(1個or2個)
③[任意]建物を建設する(1つまで)
④[任意]ドラゴンを操って建物を焼き払う(ラウンド中に1つまで)

⑤[必須]ドミノを1枚選び、その上に国王駒を置く


この、新たな3つのアクションについて、
1つずつチェックしていきましょう!


②騎士駒を派遣して徴税する

プレイヤーは、
選んだドミノを自分の王国に追加した後、
手持ちの騎士駒を、
追加したばかりのドミノの上に置いて、
コインを獲得することができます。

なお、そのターン中に追加したドミノの上であれば、
片方のマスにでも、両方のマスにでも、
1マスに1個まで騎士駒を置けるとのことです。

以下、写真で流れを見ていきましょう。

クイーンドミノ-o-27
▲ターン開始時の自分の王国です。
▲ここに…、

クイーンドミノ-o-28
▲新たなドミノを追加しました。
▲さて、このタイミングで…、

クイーンドミノ-o-29
追加したばかりのドミノの上に、
▲手持ちの騎士駒を置くことができるわけです。

イメージ的には、「カルカソンヌ」のミープルの動きに近いですね!

そして、騎士駒を置くと、
置いたマスからタテ・ヨコでつながる、
同じ種類の地形の数だけコインを獲得できます


クイーンドミノ-o-30
▲騎士駒を置いたのマスからは、
3マスが連続していますので、
▲この場合は3コインを獲得!

さらに、まだ手持ちの騎士駒が残っているなら、
もう片方のマスにも騎士駒を置くことができます。

クイーンドミノ-o-31
のマスにも騎士駒を置けば、
▲こちらの3マスですので、
と合わせて6コインを得ることができました!!

とはいえ、騎士駒は、
ゲームの開始時に各プレイヤーに1個だけ配られるだけで、
その後は、建物タイルの効果でしか入手できませんので、
使うタイミングは、よく考えなければなりませんね…!


③建物を建設する

自分の王国の中に、町マスがあれば、
プレイヤーは建物を建設することができます。

具体的には、
建築士ボードから建物タイルを購入し、
即時効果があれば使って、
町マスの上に配置する…という流れです。

クイーンドミノ-o-32
▲まず前提条件として、
▲自分の王国の中に町マス(赤色)が1マス以上なければなりません。

クイーンドミノ-o-33
▲プレイヤーは、建築士ボードに並ぶ6枚の建物タイルの中から、

クイーンドミノ-o-34
1ターンに1枚まで選んで購入することができます。

建物タイルの下の数字が、そのタイルの値段です。
手持ちのコインから支払いましょう。

今回は3コインで「魔法学校」を購入しました!

クイーンドミノ-o-35
▲そして、購入した建物タイルの左上に、
▲もしも騎士のアイコンがあれば、
即時効果が発動し、アイコンで示された駒を受け取ります。

このとき、受け取った騎士駒は自分の手元に置いておき…、

クイーンドミノ-o-36
塔駒は、建設した建物タイルの上に置きましょう。

こうして、全プレイヤーの中で、
王国内の塔駒の数が最多(同数可)になったら、
女王駒を受け取ります。

クイーンドミノ-o-38


女王駒を持つプレイヤーは、
建物の建設コストが1減りますので、
さぞや熾烈な奪い合いが勃発することでしょう…!


加えて、ほとんどの建物タイルの右下には、
ゲーム終了時にもたらされる得点の記載があります。

例えば、「魔法学校」の得点は、
自分の王国内の、ひとカタマリの1ヵ所につき2点。

他にも、
騎士駒1つにつき1点の「訓練場」や、
確定で5点もらえる「彫像」など、
得点方法は建物タイルによって様々です!


④ドラゴンを操って建物を焼き払う

1ラウンドに1人だけ
女王駒を持っていないプレイヤーに限り、
ドラゴン駒を動かして、
建物タイル1枚を除去することができます。

クイーンドミノ-o-39
▲建築士ボード上に並ぶ建物タイルのうち、
▲1枚を選んでドラゴン駒を乗せることで、
▲その建物タイルはゲームから除外されるわけです。

相手に取らせたくない建物タイルがあれば、
容赦なく焼き払ってしまうことも、勝つためには必要なようですね…。


☆選択ルール

さらにさらに、

クイーンドミノ-o-40
▲クイーンドミノの48枚のドミノと、

キングドミノの48枚のドミノを併用することで、
多人数でのプレイも可能になります!

個人戦では5~6人でのゲームができるようになり、
チーム戦では2人1組の4チームまで受け入れられるようになりました。

あるいは、3~4人でのプレイで7×7マスの王国を作れたりと、
かなりバリエーションの幅が広がった感じですね♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

ずっと欲しい欲しいと思いながら、なかなか買えずにいたところ、
先日のボードゲームフェスタの物販ブースに並んでいて、
思わず飛びついたのが、この「クイーンドミノ」でした!

星屑にとっての去年のベスト3の中で、
てっぺんだったボードゲームが「キングドミノ」。

それではクイーンドミノはどうだろうと、
とても楽しみにしていたわけです…!

それで、まだ、現時点ではプレイしておらず、
ルールブックを読んだだけなんですが、

塔の本数による競争要素あり、ドラゴンでの妨害要素ありで、
だいぶ毛色が変わった印象を受けました。

得点計算も、ぐちゃぐちゃしていて、
もはや落ち着いて気楽に…はプレイできそうにないなァと。

それでも、
建物タイルの追加はワクワクしますし、
全体的なバランスがどう変わったのか気になりますので、
まずは妻しーぷとプレイしてみて、
プレイ記を書けたら…と思っています。

クイーンドミノ-o-41

プレイしてみて面白ければ、
ウチのボードゲーム会でも積極的に卓を立ててみたいですね。



クイーンドミノ 関連記事


ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲


★箱の外観

クイーンドミノ-o-02
▲まずは「キングドミノ」とのサイズ比較!

ふた回りくらい大きいですね。
テキトーなバッグに入れて、気軽に持ち歩く…ことはできなそうです。

クイーンドミノ-o-03
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

イラストの世界観はそのままながら、
そびえ立つ塔に女王さまがいたり、その隣には金ピカな像があったりと、
ちょいちょい細かいところに変化があります。

クイーンドミノ-o-04
▲箱のウラ面

コンポーネントが増えていますね!
横長のボードに正方形のタイルが乗っていて、
その脇にはコインやコマもあるようです。

クイーンドミノ-o-05
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの25分
対象年齢8歳~となっています。

キングドミノからの変更点はプレイ時間で、
15分→25分と少し延びていますね。

また、キングドミノも併用して遊べば、
最大人数を4人→8人に増やせるようです。
(個人戦は6人まで。チーム戦で8人までとなります)



★箱をオープン!

クイーンドミノ-o-06
▲一発目はルルブ

クイーンドミノ-o-07
▲その下のタイル台紙を取ると、

クイーンドミノ-o-08
▲底部が見えてきましたね。

クイーンドミノ-o-09
ゲームボードコマ類があって、

クイーンドミノ-o-10
▲最後がタイル類でした!



★タイル抜き&組み立て!

クイーンドミノ-o-11
▲それでは、2枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

クイーンドミノ-o-12
▲はい、完了…!

クイーンドミノ-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

クイーンドミノ-o-14
イラスト入りルール(全8ページ)

キングドミノのものと同じページ数ながら、
サイズが大きくなり、文字もびっちりになったルルブです。

変更点や追加要素が、盛りだくさんとなっていますね!

クイーンドミノ-o-15
得点記録用紙×1冊

12項目の得点手段が示されたスコアパッドです。

コインや建物タイルの追加により、
得点計算は複雑になっています。

クイーンドミノ-o-18
立体の城×4つ

スタートタイル上に置く城です。

自分の担当色の識別に使います。

クイーンドミノ-o-19
国王駒×4色・各2個

ドミノを選んで確保するための駒です。

キングドミノの4色とは被らない配色になっていますね。
(あちらはピンク水色黄色)

クイーンドミノ-o-16
建築士ボード×1枚

建物タイルを並べるためのボードです。
(建物タイルについては後述)

そして、ボードの左端にはドラゴンの洞窟があります…!

クイーンドミノ-o-17
コイン×42枚

額面が「」と「」と「」のコインです。

主に、騎士を領地へ派遣して徴税することにより得て、
建物タイルを獲得するために使います。

クイーンドミノ-o-21
騎士駒×22個

建物タイルの効果によって、得ることができる駒です。

配置したドミノに置くことで、
領地から徴税し、コインを稼ぐことができます。

クイーンドミノ-o-20
塔駒×15個

建物タイルの効果によって、自分の領地に立てる駒です。

領地内に「動く城」の建物タイルがあれば得点になり、
また、塔の本数が最多のプレイヤーは女王の恩恵を受けられます!



クイーンドミノ-o-22
女王駒ドラゴン駒

ゲーム中、塔の本数が最多のプレイヤーが保有する女王の駒と、
建築士ボードにいて、邪魔な建物タイルを除去するドラゴンの駒です。

女王駒を持っているプレイヤーは、建物の建設コストが1減り、
ゲーム終了時には追加の王冠としてカウントすることができます。

クイーンドミノ-o-23
スタートタイル×4色

オシャレな石畳に生まれ変わったスタートタイルです。

とはいえ、ワイルドドミノとしての役割は変わりません。

クイーンドミノ-o-24
ドミノ×48枚

新たに、赤色の「町マス」が加わった48枚のドミノです。

町マスには、建物タイルを配置することができます。

クイーンドミノ-o-25
建物タイル×32枚

コインで購入し、自分の領地内の街マスに建設するタイルです。

購入前は灰色の"建設中"の面になっており、
購入して建設することで、赤色の"建設完了"の面に裏返します。

クイーンドミノ-o-26
▲ドミノと建物タイルの内訳。

実に20マスもの町マスの追加によって、
全96マスのバランスが、かなり変動しました!

町マスを何マス並べて、どの建物タイルを建設するか…?

というのが、今回の最大のテーマになっているようですね。( ̄▽ ̄ )



★変更点&追加要素

キングドミノでは、自分のターン中に、

①[必須]選んだドミノを自分の王国に追加する
②[必須]ドミノを1枚選び、その上に国王駒を置く


…という2つの必須アクションをプレイしていましたが、
今作では、その間に3つの任意アクションが追加されています。

①[必須]選んだドミノを自分の王国に追加する
②[任意]騎士駒を派遣して徴税する(1個or2個)
③[任意]建物を建設する(1つまで)
④[任意]ドラゴンを操って建物を焼き払う(ラウンド中に1つまで)

⑤[必須]ドミノを1枚選び、その上に国王駒を置く


この、新たな3つのアクションについて、
1つずつチェックしていきましょう!


②騎士駒を派遣して徴税する

プレイヤーは、
選んだドミノを自分の王国に追加した後、
手持ちの騎士駒を、
追加したばかりのドミノの上に置いて、
コインを獲得することができます。

なお、そのターン中に追加したドミノの上であれば、
片方のマスにでも、両方のマスにでも、
1マスに1個まで騎士駒を置けるとのことです。

以下、写真で流れを見ていきましょう。

クイーンドミノ-o-27
▲ターン開始時の自分の王国です。
▲ここに…、

クイーンドミノ-o-28
▲新たなドミノを追加しました。
▲さて、このタイミングで…、

クイーンドミノ-o-29
追加したばかりのドミノの上に、
▲手持ちの騎士駒を置くことができるわけです。

イメージ的には、「カルカソンヌ」のミープルの動きに近いですね!

そして、騎士駒を置くと、
置いたマスからタテ・ヨコでつながる、
同じ種類の地形の数だけコインを獲得できます


クイーンドミノ-o-30
▲騎士駒を置いたのマスからは、
3マスが連続していますので、
▲この場合は3コインを獲得!

さらに、まだ手持ちの騎士駒が残っているなら、
もう片方のマスにも騎士駒を置くことができます。

クイーンドミノ-o-31
のマスにも騎士駒を置けば、
▲こちらの3マスですので、
と合わせて6コインを得ることができました!!

とはいえ、騎士駒は、
ゲームの開始時に各プレイヤーに1個だけ配られるだけで、
その後は、建物タイルの効果でしか入手できませんので、
使うタイミングは、よく考えなければなりませんね…!


③建物を建設する

自分の王国の中に、町マスがあれば、
プレイヤーは建物を建設することができます。

具体的には、
建築士ボードから建物タイルを購入し、
即時効果があれば使って、
町マスの上に配置する…という流れです。

クイーンドミノ-o-32
▲まず前提条件として、
▲自分の王国の中に町マス(赤色)が1マス以上なければなりません。

クイーンドミノ-o-33
▲プレイヤーは、建築士ボードに並ぶ6枚の建物タイルの中から、

クイーンドミノ-o-34
1ターンに1枚まで選んで購入することができます。

建物タイルの下の数字が、そのタイルの値段です。
手持ちのコインから支払いましょう。

今回は3コインで「魔法学校」を購入しました!

クイーンドミノ-o-35
▲そして、購入した建物タイルの左上に、
▲もしも騎士のアイコンがあれば、
即時効果が発動し、アイコンで示された駒を受け取ります。

このとき、受け取った騎士駒は自分の手元に置いておき…、

クイーンドミノ-o-36
塔駒は、建設した建物タイルの上に置きましょう。

こうして、全プレイヤーの中で、
王国内の塔駒の数が最多(同数可)になったら、
女王駒を受け取ります。

クイーンドミノ-o-38


女王駒を持つプレイヤーは、
建物の建設コストが1減りますので、
さぞや熾烈な奪い合いが勃発することでしょう…!


加えて、ほとんどの建物タイルの右下には、
ゲーム終了時にもたらされる得点の記載があります。

例えば、「魔法学校」の得点は、
自分の王国内の、ひとカタマリの1ヵ所につき2点。

他にも、
騎士駒1つにつき1点の「訓練場」や、
確定で5点もらえる「彫像」など、
得点方法は建物タイルによって様々です!


④ドラゴンを操って建物を焼き払う

1ラウンドに1人だけ
女王駒を持っていないプレイヤーに限り、
ドラゴン駒を動かして、
建物タイル1枚を除去することができます。

クイーンドミノ-o-39
▲建築士ボード上に並ぶ建物タイルのうち、
▲1枚を選んでドラゴン駒を乗せることで、
▲その建物タイルはゲームから除外されるわけです。

相手に取らせたくない建物タイルがあれば、
容赦なく焼き払ってしまうことも、勝つためには必要なようですね…。


☆選択ルール

さらにさらに、

クイーンドミノ-o-40
▲クイーンドミノの48枚のドミノと、

キングドミノの48枚のドミノを併用することで、
多人数でのプレイも可能になります!

個人戦では5~6人でのゲームができるようになり、
チーム戦では2人1組の4チームまで受け入れられるようになりました。

あるいは、3~4人でのプレイで7×7マスの王国を作れたりと、
かなりバリエーションの幅が広がった感じですね♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

ずっと欲しい欲しいと思いながら、なかなか買えずにいたところ、
先日のボードゲームフェスタの物販ブースに並んでいて、
思わず飛びついたのが、この「クイーンドミノ」でした!

星屑にとっての去年のベスト3の中で、
てっぺんだったボードゲームが「キングドミノ」。

それではクイーンドミノはどうだろうと、
とても楽しみにしていたわけです…!

それで、まだ、現時点ではプレイしておらず、
ルールブックを読んだだけなんですが、

塔の本数による競争要素あり、ドラゴンでの妨害要素ありで、
だいぶ毛色が変わった印象を受けました。

得点計算も、ぐちゃぐちゃしていて、
もはや落ち着いて気楽に…はプレイできそうにないなァと。

それでも、
建物タイルの追加はワクワクしますし、
全体的なバランスがどう変わったのか気になりますので、
まずは妻しーぷとプレイしてみて、
プレイ記を書けたら…と思っています。

クイーンドミノ-o-41

プレイしてみて面白ければ、
ウチのボードゲーム会でも積極的に卓を立ててみたいですね。



クイーンドミノ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




【2018/01/28 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 クイーンドミノ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。