FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ケーララ」




★開封

ケーララ-o-01
▲今回はamazonのマケプレで、
ジーピーさんから購入しました!


★箱の外観

ジーピーさんから買ったので…、

ケーララ-o-02
▲緩衝材がポーカーチップの箱。

ちょっと嬉しい…♪( ̄▽ ̄*)

ケーララ-o-03
▲そして、日本語説明書がバッチリ付属していました!

なかったら自分で訳さなきゃでしたので、
こちらもありがたいです…!

ケーララ-o-04
▲さて、箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

タイトルと2頭の象さんが、キラキラと光っています。
その下には"The Way of the Elephant"の文字。
シンプルながら重みのあるステキな表紙ですね!

ケーララ-o-05
▲箱のウラ面

たくさんのタイルと、その上を闊歩する象さんたち。
いったい、どんなゲームなのでしょうか…?

ケーララ-o-06
スペック

プレイ人数は、やや広めの2~5人で、
プレイ時間は、短めの30分
対象年齢8歳~となっています。

プレイ人数によって、使用するタイルの総数が変動しますが、
少人数になるほど、1人あたりのアクション回数が増えるようです。



★箱をオープン!

ケーララ-o-07
▲一発目はルルブ

ケーララ-o-08
▲その下のタイル台紙を取ると…、

ケーララ-o-09
▲いろいろ出てきました!
コマ類スコアシート布袋

ケーララ-o-10
▲底に再びタイル台紙があって、

ケーララ-o-11
▲内容物は以上でした!



★タイル抜き!

ケーララ-o-12
▲それでは、6枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ケーララ-o-13
▲はい、完了…!

ケーララ-o-14
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

タイルの枚数こそ多かったですが、
スポスポ抜けたので、あっという間に終わりました♪( ̄▽ ̄*)

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

ケーララ-o-15
ルールブック(英語・全4ページ)

英語のルールブックです。

画像が多く、ページ数は少なく、
これはルール訳の練習にもってこいかもしれませんね。

ケーララ-o-16
スコアシート×1冊

1枚につき、5人まで記入できるスコアシートです。

得点計算の項目がいくつかあるゲームですので、
それを確認するのにも役立ちそうですね。

ケーララ-o-17
象コマ×5色・各2個

各プレイヤーが2個ずつ受け持つ、象さんのコマです。

この象コマに隣接するように、タイルを配置して、
"祭り舞台"を作っていくのが、このゲームのテーマとなっています。

ケーララ-o-18
布袋×1つ

合計100枚ものゲームタイルを入れるための布袋です。

各ラウンドは、
布袋からプレイヤーの人数ぶんのタイルを引いて並べて、
これを各プレイヤーが1枚ずつ受け取っていくことで、
進行していきます。

ケーララ-o-19
▲最後にタイル類

ケーララ-o-20
スタートタイル×5色・各1枚

各プレイヤーの1枚目のタイルです。

このスタートタイルを起点に、どんどんタイルをつなげていって、
最終的には大きな祭り舞台を作りあげることになります。

ケーララ-o-21
象タイル

1~3頭の象のイラストが描かれたタイルです。

ゲーム終了時、
自分の舞台上の象のイラスト1頭につき、1点を得ます。

ケーララ-o-22
二色タイル

4辺のうち、1辺に2色目が挿し込んであるタイルです。

2色目の辺に、それと同色のタイルを隣接させることができれば、
(黒なら黒のタイル、ならのタイル)
5点を得ますが、もしできなくてもペナルティはありません。

ケーララ-o-23
象コマ移動タイル移動

いずれも、特殊なタイルです。

象コマ移動のタイルは、配置した直後に、
自分の象コマ1個を好きなタイルへ移動させられます

タイル移動のタイルは、配置した直後に、
好きなタイル1枚を他の空いているスペースへと移動させられます
(移動方法に制限あり)

どちらも便利なタイルですが、
直接、得点になる要素はありませんので、
使い方は、よく考える必要がありそうですね…!



★どんなゲーム?


ケーララ」は、
インド・ケーララ州の"象のお祭"をテーマにした、
上手にタイルを配置することで得点を稼いでいくゲームです!

ケーララ-o-41
▲最初は、こんなにも窮屈な"祭り舞台"ですが…、

ケーララ-o-25
▲タイルをくっつけていくことで、
▲だんだん広く、象たちが闊歩するに足る舞台になっていきます!!

この、ゲームが進むにつれて舞台の見栄えが良くなっていく感じが、
ケーララの大きな魅力の一つといえるでしょうね♪( ̄▽ ̄*)

そんなケーララの、ゲームの進行は実にシンプルで…、



★ゲームの進行

ケーララ-o-42
▲毎ラウンドの初めに、布袋から、
プレイヤーの人数と同じ数のタイルを引いて並べて、
(2人プレイなら2枚、5人プレイなら5枚のタイル)

ケーララ-o-43
▲スタートプレイヤーから時計回りで、
▲各プレイヤーはタイル1枚を選んで受け取っていき、

受け取ったタイルは、
自分の舞台の、象コマにタテ・ヨコで隣接するように配置します。

ケーララ-o-26
▲配置にあたっては、
▲2個ある象コマの、どちらに隣接してもよく、
▲すでに配置してあるタイルに重ねてしまってもOKです。

ケーララ-o-27
▲象コマの隣に、受け取ったタイルを配置したら、

ケーララ-o-28
▲配置したばかりのタイルの上に、
象コマを移動させます。

まとめると、

☆人数ぶんのタイルを引いて並べる

①タイルを受け取る

②タイルを配置する

③象コマを動かす

次のラウンド

…これを繰り返して、
布袋の中のタイルが尽きたらゲーム終了

最後に点数計算となります。

この点数計算が、大きく分けて5項目ありますので、
1項目ずつチェックしていきましょう。



★点数計算

ケーララ-o-29
▲今回は、この祭り舞台を例に点数計算を進めてみます!


☆はぐれタイル(-2点)

タテ・ヨコでつながる同色のタイルが、
いくつかのカタマリに分断されている場合、
ひとカタマリだけを残して、
他は除外しなければなりません


ケーララ-o-30
▲例えば、これら黒のタイルは、
▲右上のひとカタマリと、
▲下方のひとカタマリとで、
▲分断されてしまっています。
(ナナメはつながっていることにならない)

残せるのは、ひとカタマリだけですので…、

ケーララ-o-31
▲下方のカタマリの黒タイル除去するはめに…。

このとき、除去するタイルの下にもタイルがあれば、
(つまり、重なっていたら、)
それらも全て除去しなければなりません。

加えて、
除去したタイルは1枚につき-2点となってしまいます…!

ただし、例外として、

ケーララ-o-32
自分が受け持った象コマと同色のタイルだけは、
ふたカタマリまで残すことができますので、
▲うまく利用しましょう!


☆色欠け(-5点)

タイルは全部で5色ありますが、
自分の祭り舞台の中に、もし欠けている色があれば、
1色につき-5点のペナルティを受けます。

各色、最低でも1枚は確保して、
ペナルティを回避したいところですね…( ̄▽ ̄;)

ケーララ-o-35
▲5色とも揃っていれば、失点はありません。


☆ノーパス(1点)

ゲーム中、各プレイヤーは2回まで
タイルの受け取りをパスすることができますが、

もしパスをしなければ、
しなかったパス1回につき1点を得ます。

ケーララ-o-44
▲ちなみに、パスをした回数は、
▲自分の象コマを倒すことで記録するとのこと。


☆二色タイル(5点)

二色タイルは、

ケーララ-o-33ケーララ-o-34
▲こんな感じで同色のタイルと接続させるだけで、
▲なんと5点になるタイルです!

タイルの配置状況に左右されますが、
狙えるなら、ぜひ取りたい5点ですね…!


☆象イラスト(1点)

タイルに描かれている象のイラストは、
1頭につき1点になります。

ケーララ-o-36
▲ちりも積もれば…で、結構な点数になりますので、
▲がんばって象さんを集めましょう!!

以上、5つの要素によって合計点を算出しますので、
これらの要素を満たせるよう、
あるいはペナルティを避けられるよう、
うまくタイルを配置していきたいですね!



★コメント

先日のボードゲームフェスタ5で、
クイーンドミノ」と購入を迷ったのが、
この「ケーララ」でした…!

福大ボド研のムクさんが教えてくれたところによると、
ケーララは"ジーピーのイチオシ"だとかで、
かなり欲しいと思ったんですが…、
確認したら、これが当日の一品モノだったようで、
スタッフ参加の私星屑は購入を見合わせ、
(そしてクイーンドミノを買って、)
しかし、やっぱり欲しかったので、
後日、改めてamazonでポチったというわけです。

尼にジーピーさんからの出品があって本当によかった…♪( ̄▽ ̄*)

さて、
物販の長机に並ぶ、たくさんのボードゲームの中から、
ぼくが吸い寄せられるようにケーララの箱を手に取った理由は、
このゲームの主役を務める、表紙の象さんにあったんです。

星屑がこよなく愛する小箱ゲーム「エレファント」の象さんに、
"雰囲気がちょっと似てるような気がする!"

ケーララ-o-45
▲よくよく見比べてみると、さほどでも…?( ̄▽ ̄ )

…と、実はそれだけなんですが、
それだけの理由で吸い寄せられて、
ふと箱を手に取ってみたら、
ぼくの大好きなタイル配置型ゲームだったんですね。

ボードゲームとの出会いは一期一会って、よく云われますが、
象のゲームが、他の象のゲームを引き寄せて、
それが奇遇にも好きなジャンルだった
ってのは、
何か、こう運命のようなものを感じてしましました…!
(そしてポチりました)

ケーララ-o-46

ゲーム内容はというと、
かなり緩めのタイル配置ゲーですね。

カルカソンヌ」のように、
特定の辺と辺を接続させる必要がなく、

アルハンブラ」のように、
他の人とタイルの枚数を競う必要もなく、

縛りという縛りが排されていて
タイルの上にタイルを置いて上書きすることさえできて、

本当に、まったり遊べそうなタイトルという印象を受けました。

逆にいうと、
壮大なマップが完成していく醍醐味とか、
他のプレイヤーとのし烈なタイルの奪い合いとか、
そういうのは望めませんが、

過激な戦いに疲れたとき、
戻ってくるのにちょうどいい港のような、
肩の力を抜いてくれるゲームになってくれそうです!

ケーララ-o-37

今後は「エレファント」との双璧で、
卓上への象さんの登場回数がマシマシの予感かも…♪( ̄▽ ̄*)



ケーララ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

ジーピーさんから買ったので…、

ケーララ-o-02
▲緩衝材がポーカーチップの箱。

ちょっと嬉しい…♪( ̄▽ ̄*)

ケーララ-o-03
▲そして、日本語説明書がバッチリ付属していました!

なかったら自分で訳さなきゃでしたので、
こちらもありがたいです…!

ケーララ-o-04
▲さて、箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

タイトルと2頭の象さんが、キラキラと光っています。
その下には"The Way of the Elephant"の文字。
シンプルながら重みのあるステキな表紙ですね!

ケーララ-o-05
▲箱のウラ面

たくさんのタイルと、その上を闊歩する象さんたち。
いったい、どんなゲームなのでしょうか…?

ケーララ-o-06
スペック

プレイ人数は、やや広めの2~5人で、
プレイ時間は、短めの30分
対象年齢8歳~となっています。

プレイ人数によって、使用するタイルの総数が変動しますが、
少人数になるほど、1人あたりのアクション回数が増えるようです。



★箱をオープン!

ケーララ-o-07
▲一発目はルルブ

ケーララ-o-08
▲その下のタイル台紙を取ると…、

ケーララ-o-09
▲いろいろ出てきました!
コマ類スコアシート布袋

ケーララ-o-10
▲底に再びタイル台紙があって、

ケーララ-o-11
▲内容物は以上でした!



★タイル抜き!

ケーララ-o-12
▲それでは、6枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ケーララ-o-13
▲はい、完了…!

ケーララ-o-14
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

タイルの枚数こそ多かったですが、
スポスポ抜けたので、あっという間に終わりました♪( ̄▽ ̄*)

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

ケーララ-o-15
ルールブック(英語・全4ページ)

英語のルールブックです。

画像が多く、ページ数は少なく、
これはルール訳の練習にもってこいかもしれませんね。

ケーララ-o-16
スコアシート×1冊

1枚につき、5人まで記入できるスコアシートです。

得点計算の項目がいくつかあるゲームですので、
それを確認するのにも役立ちそうですね。

ケーララ-o-17
象コマ×5色・各2個

各プレイヤーが2個ずつ受け持つ、象さんのコマです。

この象コマに隣接するように、タイルを配置して、
"祭り舞台"を作っていくのが、このゲームのテーマとなっています。

ケーララ-o-18
布袋×1つ

合計100枚ものゲームタイルを入れるための布袋です。

各ラウンドは、
布袋からプレイヤーの人数ぶんのタイルを引いて並べて、
これを各プレイヤーが1枚ずつ受け取っていくことで、
進行していきます。

ケーララ-o-19
▲最後にタイル類

ケーララ-o-20
スタートタイル×5色・各1枚

各プレイヤーの1枚目のタイルです。

このスタートタイルを起点に、どんどんタイルをつなげていって、
最終的には大きな祭り舞台を作りあげることになります。

ケーララ-o-21
象タイル

1~3頭の象のイラストが描かれたタイルです。

ゲーム終了時、
自分の舞台上の象のイラスト1頭につき、1点を得ます。

ケーララ-o-22
二色タイル

4辺のうち、1辺に2色目が挿し込んであるタイルです。

2色目の辺に、それと同色のタイルを隣接させることができれば、
(黒なら黒のタイル、ならのタイル)
5点を得ますが、もしできなくてもペナルティはありません。

ケーララ-o-23
象コマ移動タイル移動

いずれも、特殊なタイルです。

象コマ移動のタイルは、配置した直後に、
自分の象コマ1個を好きなタイルへ移動させられます

タイル移動のタイルは、配置した直後に、
好きなタイル1枚を他の空いているスペースへと移動させられます
(移動方法に制限あり)

どちらも便利なタイルですが、
直接、得点になる要素はありませんので、
使い方は、よく考える必要がありそうですね…!



★どんなゲーム?


ケーララ」は、
インド・ケーララ州の"象のお祭"をテーマにした、
上手にタイルを配置することで得点を稼いでいくゲームです!

ケーララ-o-41
▲最初は、こんなにも窮屈な"祭り舞台"ですが…、

ケーララ-o-25
▲タイルをくっつけていくことで、
▲だんだん広く、象たちが闊歩するに足る舞台になっていきます!!

この、ゲームが進むにつれて舞台の見栄えが良くなっていく感じが、
ケーララの大きな魅力の一つといえるでしょうね♪( ̄▽ ̄*)

そんなケーララの、ゲームの進行は実にシンプルで…、



★ゲームの進行

ケーララ-o-42
▲毎ラウンドの初めに、布袋から、
プレイヤーの人数と同じ数のタイルを引いて並べて、
(2人プレイなら2枚、5人プレイなら5枚のタイル)

ケーララ-o-43
▲スタートプレイヤーから時計回りで、
▲各プレイヤーはタイル1枚を選んで受け取っていき、

受け取ったタイルは、
自分の舞台の、象コマにタテ・ヨコで隣接するように配置します。

ケーララ-o-26
▲配置にあたっては、
▲2個ある象コマの、どちらに隣接してもよく、
▲すでに配置してあるタイルに重ねてしまってもOKです。

ケーララ-o-27
▲象コマの隣に、受け取ったタイルを配置したら、

ケーララ-o-28
▲配置したばかりのタイルの上に、
象コマを移動させます。

まとめると、

☆人数ぶんのタイルを引いて並べる

①タイルを受け取る

②タイルを配置する

③象コマを動かす

次のラウンド

…これを繰り返して、
布袋の中のタイルが尽きたらゲーム終了

最後に点数計算となります。

この点数計算が、大きく分けて5項目ありますので、
1項目ずつチェックしていきましょう。



★点数計算

ケーララ-o-29
▲今回は、この祭り舞台を例に点数計算を進めてみます!


☆はぐれタイル(-2点)

タテ・ヨコでつながる同色のタイルが、
いくつかのカタマリに分断されている場合、
ひとカタマリだけを残して、
他は除外しなければなりません


ケーララ-o-30
▲例えば、これら黒のタイルは、
▲右上のひとカタマリと、
▲下方のひとカタマリとで、
▲分断されてしまっています。
(ナナメはつながっていることにならない)

残せるのは、ひとカタマリだけですので…、

ケーララ-o-31
▲下方のカタマリの黒タイル除去するはめに…。

このとき、除去するタイルの下にもタイルがあれば、
(つまり、重なっていたら、)
それらも全て除去しなければなりません。

加えて、
除去したタイルは1枚につき-2点となってしまいます…!

ただし、例外として、

ケーララ-o-32
自分が受け持った象コマと同色のタイルだけは、
ふたカタマリまで残すことができますので、
▲うまく利用しましょう!


☆色欠け(-5点)

タイルは全部で5色ありますが、
自分の祭り舞台の中に、もし欠けている色があれば、
1色につき-5点のペナルティを受けます。

各色、最低でも1枚は確保して、
ペナルティを回避したいところですね…( ̄▽ ̄;)

ケーララ-o-35
▲5色とも揃っていれば、失点はありません。


☆ノーパス(1点)

ゲーム中、各プレイヤーは2回まで
タイルの受け取りをパスすることができますが、

もしパスをしなければ、
しなかったパス1回につき1点を得ます。

ケーララ-o-44
▲ちなみに、パスをした回数は、
▲自分の象コマを倒すことで記録するとのこと。


☆二色タイル(5点)

二色タイルは、

ケーララ-o-33ケーララ-o-34
▲こんな感じで同色のタイルと接続させるだけで、
▲なんと5点になるタイルです!

タイルの配置状況に左右されますが、
狙えるなら、ぜひ取りたい5点ですね…!


☆象イラスト(1点)

タイルに描かれている象のイラストは、
1頭につき1点になります。

ケーララ-o-36
▲ちりも積もれば…で、結構な点数になりますので、
▲がんばって象さんを集めましょう!!

以上、5つの要素によって合計点を算出しますので、
これらの要素を満たせるよう、
あるいはペナルティを避けられるよう、
うまくタイルを配置していきたいですね!



★コメント

先日のボードゲームフェスタ5で、
クイーンドミノ」と購入を迷ったのが、
この「ケーララ」でした…!

福大ボド研のムクさんが教えてくれたところによると、
ケーララは"ジーピーのイチオシ"だとかで、
かなり欲しいと思ったんですが…、
確認したら、これが当日の一品モノだったようで、
スタッフ参加の私星屑は購入を見合わせ、
(そしてクイーンドミノを買って、)
しかし、やっぱり欲しかったので、
後日、改めてamazonでポチったというわけです。

尼にジーピーさんからの出品があって本当によかった…♪( ̄▽ ̄*)

さて、
物販の長机に並ぶ、たくさんのボードゲームの中から、
ぼくが吸い寄せられるようにケーララの箱を手に取った理由は、
このゲームの主役を務める、表紙の象さんにあったんです。

星屑がこよなく愛する小箱ゲーム「エレファント」の象さんに、
"雰囲気がちょっと似てるような気がする!"

ケーララ-o-45
▲よくよく見比べてみると、さほどでも…?( ̄▽ ̄ )

…と、実はそれだけなんですが、
それだけの理由で吸い寄せられて、
ふと箱を手に取ってみたら、
ぼくの大好きなタイル配置型ゲームだったんですね。

ボードゲームとの出会いは一期一会って、よく云われますが、
象のゲームが、他の象のゲームを引き寄せて、
それが奇遇にも好きなジャンルだった
ってのは、
何か、こう運命のようなものを感じてしましました…!
(そしてポチりました)

ケーララ-o-46

ゲーム内容はというと、
かなり緩めのタイル配置ゲーですね。

カルカソンヌ」のように、
特定の辺と辺を接続させる必要がなく、

アルハンブラ」のように、
他の人とタイルの枚数を競う必要もなく、

縛りという縛りが排されていて
タイルの上にタイルを置いて上書きすることさえできて、

本当に、まったり遊べそうなタイトルという印象を受けました。

逆にいうと、
壮大なマップが完成していく醍醐味とか、
他のプレイヤーとのし烈なタイルの奪い合いとか、
そういうのは望めませんが、

過激な戦いに疲れたとき、
戻ってくるのにちょうどいい港のような、
肩の力を抜いてくれるゲームになってくれそうです!

ケーララ-o-37

今後は「エレファント」との双璧で、
卓上への象さんの登場回数がマシマシの予感かも…♪( ̄▽ ̄*)



ケーララ 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2018/02/09 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ケーララ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可