FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「フライングキウイ」




★開封

Fキウイ-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

Fキウイ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ゲームタイトルの通り、キーウィが飛んでいるイラストです!

キーウィたちは、
カメラを下げていたり、派手なサングラスをかけていたりと、
そこはかとなくバカンスなスタイルをしていますね…( ̄▽ ̄ )

Fキウイ-o-03
▲箱のウラ面

6ヵ国語(7ヵ国語?)で概要と内容物が記載されています。
日本語はありませんが、幸いにも英語がありますね。

Fキウイ-o-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間はとても短く10分間
対象年齢5~99歳となっています。

キーウィを飛ばすだけのゲームですので、
ゴムの扱いに注意すれば、5歳未満でもプレイできるかと。



★箱をオープン!

Fキウイ-o-05
▲一発目は上げ底ゴムルルブ

Fキウイ-o-06
▲その下にサマリータイル台紙があって、

Fキウイ-o-07
▲ここにゲームボード

Fキウイ-o-08
▲最後に、パーツ類が出てきました。



★タイル抜き!

Fキウイ-o-09
▲それでは、6枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

Fキウイ-o-10
▲はい、完了…!

Fキウイ-o-11
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★キウイ木箱の組み立て!

切り取ったパーツを使って、
まずは「キウイ木箱」を組み立てていきます。

Fキウイ-o-12
▲内容物を出し切ったに、

Fキウイ-o-13
▲X字の上げ底を入れて、

Fキウイ-o-14
▲その上にゲームボードを載せ、

Fキウイ-o-15
をはめたら…、

立派なキウイ木箱の完成です!

もうこれ、このまんま、
お土産のお饅頭とか詰めるのに使えそうな…( ̄▽ ̄*)

サイズ的に博多銘菓の「ひよこ」なんか、ちょうど良いかも♪



★発射台の組み立て!

…どうでもいいことを考えてしまいましたが、
続いて、「発射台」を組み立てます。

Fキウイ-o-16
▲横長のパーツを寝かせて、

Fキウイ-o-17
▲三角形になるように折り込み、

Fキウイ-o-18
ゴムをかけて、

Fキウイ-o-19
▲さらに、ゴムをツメに引っかけたら、

Fキウイ-o-20
▲くるっと回して、

シンプルな発射台の完成です!

これだけ構造が単純だと、
壊れにくそうで頼もしいですね。




Fキウイ-o-21
キウイ木箱発射台
▲並べてみると壮観でした♪( ̄▽ ̄*)



★内容物

Fキウイ-o-22
ルールブック(7ヵ国語・全16ページ)

1ヵ国語につき2ページのルルブです。

その内、
左ページは組み立て準備について、
右ページはゲームの内容について、
それぞれ記されています。

Fキウイ-o-23
サマリー×1枚

こちらも7ヵ国語で書かれているサマリーです。

キーウィの飛ばし方について、
ざっくりとした説明があります。

Fキウイ-o-24
キーウィ×4色・各10

このゲームの主役となるキーウィです。

なお、当記事では、
鳥類の方を"キーウィ"、
果物の方を"キウイ"と、
それぞれ表記しています。まぎらわしいので。

Fキウイ-o-25
発射台×4

飛べないキーウィを飛ばすためのカタパルトです。

そのシステムは、
ゴムを引いて弾くだけという、とても分かりやすいもの。

Fキウイ-o-26
キウイ木箱

本来は、果物のキウイを出荷するための箱です。

しかしながら、このゲームにおいては、
鳥類のキーウィたちに利用されてしまうことになります…!



★どんなゲーム?


フライングキウイ」は、
キーウィを発射してキウイ箱の中に入れるだけの、
簡単なアクションゲームです!


しかし、なぜ、
そんな特異な状況が発生したかというと――


ニュージーランドを離れて旅に出たいキーウィたちでしたが、
残念なことに、彼らは鳥なのに飛ぶことができないんですね

そこで、キーウィたちは、
キウイフルーツの木箱にまぎれて、出荷されてしまおう!
という斬新な素敵なアイディアを思いつきます。

キウイフルーツは、船で世界各地に送られますので、
空を飛べなくても海外旅行ができるわけです…!

そのために、プレイヤーのみなさんは、
キーウィを発射してキウイ箱に入れてあげましょう…とのことで。


さて。
なぜ俺たちがキーウィの密航をアシストしなきゃならないのかまでは、
ルールブックに書いてありませんでしたが…( ̄▽ ̄;)

ともかくプレイヤーたちは、
ゲームの開始とともにキーウィを発射台で飛ばします!

Fキウイ-o-27
キーウィ発射台にセットして、

Fキウイ-o-28
ゴムを弾いて、

Fキウイ-o-29
▲うまく木箱の中に着地させる…!

ゲームが始まったら、順番などは全く関係なく、
どんどんキーウィを飛ばしていくことになります。

なぜなら、このゲームの勝利条件は…、

Fキウイ-o-30
▲誰よりも早く、
自分のキーウィを正方形の4枠に収めることだからです!
※キーウィは親友と隣どうしで座りたいらしい。遠足気分か!

なお、各枠でカウントの対象になるのは、
いちばん上のキーウィのみですので、
早くしないと他のプレイヤーのキーウィに、
どんどん上書きされてしまいます…!

ゲームは、
誰かが勝利条件を達成するか、
または、誰も勝利条件を達成できないまま、
全員が全てのキーウィを木箱に乗せたら終了

(木箱の外に落ちたキーウィは打ち直せます)
(枠の上のキーウィはそのまま)

誰も勝利条件を達成できなければ、
得点によって勝者を決めます

Fキウイ-o-31
▲得点は、
自分のキーウィがいちばん上にある枠の中の、
▲(色に関係なく)キーウィ1枚につき1点です。

Fキウイ-o-32
▲この枠は、
▲自分のキーウィ1枚だけなので1点

Fキウイ-o-33
▲この枠は、
▲運よく他のプレイヤーのキーウィも入っていて、
▲合計4点となりました。

…てな感じで、
合計得点がいちばん高いプレイヤーが勝者となります!


序盤は勝利条件の達成を狙って、
それが厳しいと判断したら、
よりキーウィの数が多い枠に狙いを切り替える――


単純明快なシステムの奥に、
意外な戦略性が見え隠れしているゲームですね…!



★コメント

このゲームを手に取ったとき、
そういえば前に両親がニュージーランドに行っていたな…と思い出して、
キーウィの写真がないか聞いてみました。

そして送られてきたのが…、

Fキウイ-o-99
▲このポストカードの画像。

星屑「あれ?」
星屑「一眼レフでは撮らなかったんですか?」←通話中

「キーウィは夜行性でな」
「真っ暗な中で、かろうじて実物を見れたけど、」
「写真は撮れんかったんよ」
「それで、代わりにハガキを買ってきた」

星屑「(そっか、動物園とか保護区とか、)」
星屑「(ストロボを使うわけにもいかんだろうしなァ)」

星屑「それで、キーウィって、」
星屑「どれくらいの大きさだったんですか?」

「えーっと、うーん、そうやねぇ」
ニワトリ…くらいはあったやろうか」

星屑でか!!!
星屑「(てっきりヒヨコくらいだと思ってた…)」


それまでは、
ヒヨコくらいの大きさの鳥類が、
右から左から飛び交うゲームだと思って、
ほほえましく感じていたんですが…、

ニワトリサイズの鳥類がビュンビュン飛ぶゲームって、
想像したらカオスすぎる…( ̄▽ ̄;)

それはさておき、

飛ばす系のボードゲームといえば、
まっ先に「飛ぶニャン!ネコとばし」を思い出しました。

ネコとばし-p-20
▲あちらはネコのフィギュアを飛ばすゲームで、

こちらはキーウィのチップを飛ばすゲーム。

2つを比較すると、

ネコの方は、
フィギュアの愛らしさや、タワーのユニークさなど、
ビジュアルの部分で優れていて、

キーウィの方は、
ルールの完成度や、プレイの安定度が高く、
ゲーム性に秀でています。

何かを飛ばすゲームをお求めであれば、
参考にしてみてください!

Fキウイ-o-34

フライングキウイ」は、
少し練習するだけで飛距離の感覚がつかめて、
ゴルフのアプローチショット的な面白みを、
気軽にに味わうことができます。

そういう意味では、お父さんも普通に楽しめそうですので、
親子の時間にもってこいのゲームといえるかもしれませんね



フライングキウイ 関連記事


ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲


★箱の外観

Fキウイ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ゲームタイトルの通り、キーウィが飛んでいるイラストです!

キーウィたちは、
カメラを下げていたり、派手なサングラスをかけていたりと、
そこはかとなくバカンスなスタイルをしていますね…( ̄▽ ̄ )

Fキウイ-o-03
▲箱のウラ面

6ヵ国語(7ヵ国語?)で概要と内容物が記載されています。
日本語はありませんが、幸いにも英語がありますね。

Fキウイ-o-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間はとても短く10分間
対象年齢5~99歳となっています。

キーウィを飛ばすだけのゲームですので、
ゴムの扱いに注意すれば、5歳未満でもプレイできるかと。



★箱をオープン!

Fキウイ-o-05
▲一発目は上げ底ゴムルルブ

Fキウイ-o-06
▲その下にサマリータイル台紙があって、

Fキウイ-o-07
▲ここにゲームボード

Fキウイ-o-08
▲最後に、パーツ類が出てきました。



★タイル抜き!

Fキウイ-o-09
▲それでは、6枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

Fキウイ-o-10
▲はい、完了…!

Fキウイ-o-11
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★キウイ木箱の組み立て!

切り取ったパーツを使って、
まずは「キウイ木箱」を組み立てていきます。

Fキウイ-o-12
▲内容物を出し切ったに、

Fキウイ-o-13
▲X字の上げ底を入れて、

Fキウイ-o-14
▲その上にゲームボードを載せ、

Fキウイ-o-15
をはめたら…、

立派なキウイ木箱の完成です!

もうこれ、このまんま、
お土産のお饅頭とか詰めるのに使えそうな…( ̄▽ ̄*)

サイズ的に博多銘菓の「ひよこ」なんか、ちょうど良いかも♪



★発射台の組み立て!

…どうでもいいことを考えてしまいましたが、
続いて、「発射台」を組み立てます。

Fキウイ-o-16
▲横長のパーツを寝かせて、

Fキウイ-o-17
▲三角形になるように折り込み、

Fキウイ-o-18
ゴムをかけて、

Fキウイ-o-19
▲さらに、ゴムをツメに引っかけたら、

Fキウイ-o-20
▲くるっと回して、

シンプルな発射台の完成です!

これだけ構造が単純だと、
壊れにくそうで頼もしいですね。




Fキウイ-o-21
キウイ木箱発射台
▲並べてみると壮観でした♪( ̄▽ ̄*)



★内容物

Fキウイ-o-22
ルールブック(7ヵ国語・全16ページ)

1ヵ国語につき2ページのルルブです。

その内、
左ページは組み立て準備について、
右ページはゲームの内容について、
それぞれ記されています。

Fキウイ-o-23
サマリー×1枚

こちらも7ヵ国語で書かれているサマリーです。

キーウィの飛ばし方について、
ざっくりとした説明があります。

Fキウイ-o-24
キーウィ×4色・各10

このゲームの主役となるキーウィです。

なお、当記事では、
鳥類の方を"キーウィ"、
果物の方を"キウイ"と、
それぞれ表記しています。まぎらわしいので。

Fキウイ-o-25
発射台×4

飛べないキーウィを飛ばすためのカタパルトです。

そのシステムは、
ゴムを引いて弾くだけという、とても分かりやすいもの。

Fキウイ-o-26
キウイ木箱

本来は、果物のキウイを出荷するための箱です。

しかしながら、このゲームにおいては、
鳥類のキーウィたちに利用されてしまうことになります…!



★どんなゲーム?


フライングキウイ」は、
キーウィを発射してキウイ箱の中に入れるだけの、
簡単なアクションゲームです!


しかし、なぜ、
そんな特異な状況が発生したかというと――


ニュージーランドを離れて旅に出たいキーウィたちでしたが、
残念なことに、彼らは鳥なのに飛ぶことができないんですね

そこで、キーウィたちは、
キウイフルーツの木箱にまぎれて、出荷されてしまおう!
という斬新な素敵なアイディアを思いつきます。

キウイフルーツは、船で世界各地に送られますので、
空を飛べなくても海外旅行ができるわけです…!

そのために、プレイヤーのみなさんは、
キーウィを発射してキウイ箱に入れてあげましょう…とのことで。


さて。
なぜ俺たちがキーウィの密航をアシストしなきゃならないのかまでは、
ルールブックに書いてありませんでしたが…( ̄▽ ̄;)

ともかくプレイヤーたちは、
ゲームの開始とともにキーウィを発射台で飛ばします!

Fキウイ-o-27
キーウィ発射台にセットして、

Fキウイ-o-28
ゴムを弾いて、

Fキウイ-o-29
▲うまく木箱の中に着地させる…!

ゲームが始まったら、順番などは全く関係なく、
どんどんキーウィを飛ばしていくことになります。

なぜなら、このゲームの勝利条件は…、

Fキウイ-o-30
▲誰よりも早く、
自分のキーウィを正方形の4枠に収めることだからです!
※キーウィは親友と隣どうしで座りたいらしい。遠足気分か!

なお、各枠でカウントの対象になるのは、
いちばん上のキーウィのみですので、
早くしないと他のプレイヤーのキーウィに、
どんどん上書きされてしまいます…!

ゲームは、
誰かが勝利条件を達成するか、
または、誰も勝利条件を達成できないまま、
全員が全てのキーウィを木箱に乗せたら終了

(木箱の外に落ちたキーウィは打ち直せます)
(枠の上のキーウィはそのまま)

誰も勝利条件を達成できなければ、
得点によって勝者を決めます

Fキウイ-o-31
▲得点は、
自分のキーウィがいちばん上にある枠の中の、
▲(色に関係なく)キーウィ1枚につき1点です。

Fキウイ-o-32
▲この枠は、
▲自分のキーウィ1枚だけなので1点

Fキウイ-o-33
▲この枠は、
▲運よく他のプレイヤーのキーウィも入っていて、
▲合計4点となりました。

…てな感じで、
合計得点がいちばん高いプレイヤーが勝者となります!


序盤は勝利条件の達成を狙って、
それが厳しいと判断したら、
よりキーウィの数が多い枠に狙いを切り替える――


単純明快なシステムの奥に、
意外な戦略性が見え隠れしているゲームですね…!



★コメント

このゲームを手に取ったとき、
そういえば前に両親がニュージーランドに行っていたな…と思い出して、
キーウィの写真がないか聞いてみました。

そして送られてきたのが…、

Fキウイ-o-99
▲このポストカードの画像。

星屑「あれ?」
星屑「一眼レフでは撮らなかったんですか?」←通話中

「キーウィは夜行性でな」
「真っ暗な中で、かろうじて実物を見れたけど、」
「写真は撮れんかったんよ」
「それで、代わりにハガキを買ってきた」

星屑「(そっか、動物園とか保護区とか、)」
星屑「(ストロボを使うわけにもいかんだろうしなァ)」

星屑「それで、キーウィって、」
星屑「どれくらいの大きさだったんですか?」

「えーっと、うーん、そうやねぇ」
ニワトリ…くらいはあったやろうか」

星屑でか!!!
星屑「(てっきりヒヨコくらいだと思ってた…)」


それまでは、
ヒヨコくらいの大きさの鳥類が、
右から左から飛び交うゲームだと思って、
ほほえましく感じていたんですが…、

ニワトリサイズの鳥類がビュンビュン飛ぶゲームって、
想像したらカオスすぎる…( ̄▽ ̄;)

それはさておき、

飛ばす系のボードゲームといえば、
まっ先に「飛ぶニャン!ネコとばし」を思い出しました。

ネコとばし-p-20
▲あちらはネコのフィギュアを飛ばすゲームで、

こちらはキーウィのチップを飛ばすゲーム。

2つを比較すると、

ネコの方は、
フィギュアの愛らしさや、タワーのユニークさなど、
ビジュアルの部分で優れていて、

キーウィの方は、
ルールの完成度や、プレイの安定度が高く、
ゲーム性に秀でています。

何かを飛ばすゲームをお求めであれば、
参考にしてみてください!

Fキウイ-o-34

フライングキウイ」は、
少し練習するだけで飛距離の感覚がつかめて、
ゴルフのアプローチショット的な面白みを、
気軽にに味わうことができます。

そういう意味では、お父さんも普通に楽しめそうですので、
親子の時間にもってこいのゲームといえるかもしれませんね



フライングキウイ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




【2018/05/08 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 フライングキウイ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可