FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム
「大宇宙すごろく」




★開封

大宇宙-o-01
▲今回はヨドバシ博多で買ってきました!


★箱の外観

大宇宙-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ジャケットには、
デデーンと菩薩さまがおらっしゃいます!

大宇宙-o-03
▲箱のウラ面

説明文には、
"憶千万年の概念"とか、
"音速大宇宙レースゲーム"とか、
やたら壮大なワードが目白押しです…!( ̄▽ ̄;)

大宇宙-o-04
スペック

プレイ人数は、やや多めの4~6名で、
プレイ時間は、短めの15分となっています。
対象年齢8歳以上です。

大宇宙の何たるかを理解できるかはともかく、
ゲームのルールなら九九の二の段ができれば理解可能かと思われます。



★箱をオープン!

大宇宙-o-05
▲一発目はカラフルなキューブ

大宇宙-o-06
▲その下にカードがあって、

大宇宙-o-07
▲最後にルルブと、

大宇宙-o-08
ゲームボードで以上でした!



★内容物

大宇宙-o-09
ルールブック(日本語・全2ページ)

1枚に両面印刷のルールブックです。

ごく真面目なルール説明が続くんですが、
その内容のスケールがいちいち壮大すぎるので、
読んでいて笑ってしまいます…!( ̄▽ ̄*)

大宇宙-o-10
大宇宙ボード×1枚

"大宇宙"を表す、すごろくのゲームボードです。

スタートとなる"爆誕"から、
ゴールとなる"億千万年の概念"まで、
間14マスのシンプルな盤面となっています。

大宇宙-o-11
×6色・各2個

プレイヤーの色を示す駒です。

1つは大宇宙ボードに置き、
1つは自分の前に置きます。

大宇宙-o-12
マッハカード×5種類・各5枚

大宇宙を駆けるために、
手札から出すカードです。

最初は全員が5種類のカードを1枚ずつ持っていますが、
出したカードは左隣のプレイヤーに渡りますので、
だんだんと手札の構成が変化していきます

また、ウラ面は貨幣になっていて、
菩薩へのお布施をする際には、
ウラ向きで自分の前に出さなければなりません。



★どんなゲーム?

大宇宙すごろく」は、
すごろく音速大宇宙レースゲームです!!

…もうちょい具体的にいうと、
バッティング系レースゲームです!

それでは、詳しいゲームの内容を見ていきましょう。

ゲームの各ラウンドは、

①大宇宙の喧騒
②俺の音速
③爆走する(orできない)俺ら
④大宇宙の秩序
⑤入れ替わる音速
⑥菩薩の慈悲


…という構成になっていて、
誰かが憶千万年の概念に到達するまで、
ラウンドをくり返しプレイします。



①大宇宙の喧騒

第1フェイズの大宇宙の喧騒は、
プレイヤー間での話し合いの場です。

せっかくやけん俺はマッハ5000で行くばい!
とか、
じゃあ被らんようにマッハ4000で行こうかな
とか、
いや、ぼくはマッハ5000でツッパるね…!
とか、
自分はお布施したいからマッハ1000で行きやす
とか、
これから自分がどのマッハカードを出すか表明したり、
出すカードを他のプレイヤーと示し合わせたりします。

このとき、手札さえ公開しなければ
本当のことを言っても、ウソを言っても、
ブラフをかけても構いません。

自分の思い通りの展開になるように、
上手くトークしましょう!



②俺の音速

第2フェイズの俺の音速では、
手札からマッハカードを1枚出します

直前の①大宇宙の喧騒を参考に…、

大宇宙-o-21
▲手札からマッハカード1枚を選んで
▲まずウラ向きで出してから、

全員のカードが出揃ったら、

大宇宙-o-22
せーの!全員一斉オモテを向けましょう



③爆走する(orできない)俺ら

第3フェイズの爆走する(orできない)俺らでは、
駒を進められるか進められないかの判定をします。

直前の②俺の音速で出したマッハカードが、

大宇宙-o-23
他のプレイヤーと被っていなかったプレイヤーは、
▲駒を進めることができて、

大宇宙-o-24
他のプレイヤーと被っていたプレイヤーは、
▲駒を進めることができません…!



④大宇宙の秩序

第4フェイズの大宇宙の秩序では、
直前の③爆走する(orできない)俺らで、
爆走できることになったプレイヤーのみ
自分の駒を進めます


爆走するプレイヤーたちは、
出したカードの数字が小さい順

大宇宙-o-25
マッハ1000につき1マス前進させます。

大宇宙-o-26
マッハ3000なら3マス前進ってことですね。



⑤入れ替わる音速

第5フェイズの入れ替わる音速では、
このラウンドに出したカードを
左隣のプレイヤーの手札に入れます

大宇宙-o-27
▲自分が出していたカードは、
左隣のプレイヤーに渡り、

大宇宙-o-28
▲右隣のプレイヤーが出していたカードが、
▲自分の手札に入るということですね。



⑥菩薩の慈悲

第6フェイズの菩薩の慈悲では、
この時点で最後尾のプレイヤーが
菩薩にお布施をし、そして慈悲を受けます

大宇宙-o-29
▲大宇宙ボードで最後尾にいるプレイヤーは、
(※複数なら全員)

大宇宙-o-30
自分の手札から1枚を、お布施として

大宇宙-o-31
▲他のプレイヤーに見られないように、
ウラ向きで自分の前に置かなければなりません

大宇宙-o-32
▲余談ですが、このとき、お布施したカードの上に、
自分の2個目の駒を置いておくと良いかもです。
(②俺の音速で出すカードと混ざらないように)

これで手札が減ってしまい、
俺の音速で出すカードの選択肢が狭まってしまいますが、
その代わり、菩薩の慈悲を受けます。

お布施をしたプレイヤーは、
これまでお布施したカードの枚数×2マスの前進をしなければなりません
(※拒否権なし!)

大宇宙-o-33
▲自分にとって初めてのお布施だったら、
1枚×2=2マス前進で、

大宇宙-o-34
▲自分にとって3枚目のお布施だったら、

大宇宙-o-35
3枚×2=6マス前進ということですね。


以上のラウンドをくり返して、
誰かが憶千万年の概念に到達した瞬間、ゲームセット!

到達したプレイヤーの勝ちとなります!!

※"到達"なので、オーバーランしてもOK



☆例外

この「大宇宙すごろく」は、
マッハで駆け抜けないと勝ちになりません。

どういうことかというと、
菩薩の慈悲によって憶千万年の概念に到達してしまった場合、
勝ちにならないのです…!


もしも、そうなってしまったプレイヤーは――

星くずとなり、昇天し、大宇宙から除外され、
ゲームから脱落します。


(ルールブックより)




★コメント


星くずになれるゲームがあるよ!!!

と、とあるボドゲ仲間が私星屑に紹介してくれたゲームが、
この「大宇宙すごろく」でして。

そりゃあ"星屑"と名乗っている人間としては、
スルーなんてできないし、
購入不可避だし、

もちろん星くずになりたいし!!

それで、ワクワクしながら、
買ってきて、箱を開けて、ルルブを読んで――

なんじゃこりゃあああああ!!!!!

確かに星くずにはなれるけど、
なったら昇天しちゃうし、大宇宙から除外されちゃうし、
ゲームから脱落しちゃうんじゃん…!


星くずになれると思って買ったのに、
それが敗北条件だなんて、なんてひどい…( ̄▽ ̄;)

とはいえ、
作中に星くずが登場するゲームは多くないので、
せっかくですし、ウチのボドゲ会で遊んでみました。

そしたらですね、
これが大好評っていうか、大爆笑!!( ̄▽ ̄*)

ルルブを読み上げるだけで笑いが起きるし、
ぼくが悲しみながら敗北条件についての説明をするだけで、
みんな大ウケしてくれるし、
ゲームを始める前から笑えるって、
これ実はすごいヤツなんじゃないでしょうか…?

さらに、ゲームのシステムの方も完成度が高く、
よくあるタイプの手札固定型バッティングゲームとはひと味ちがった、
変化に富んだプレイ感
を味わうことができます!

大宇宙-o-36

笑える、楽しい、軽いの三拍子が揃っていますので、
ボードゲーム会で5~6人浮いているときのチョイ出しなどに、
ぜひぜひオススメしたいタイトルですね♪



大宇宙すごろく 関連記事
→バッティング系レースゲーム「イモムシイモムシ

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲


★箱の外観

大宇宙-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ジャケットには、
デデーンと菩薩さまがおらっしゃいます!

大宇宙-o-03
▲箱のウラ面

説明文には、
"憶千万年の概念"とか、
"音速大宇宙レースゲーム"とか、
やたら壮大なワードが目白押しです…!( ̄▽ ̄;)

大宇宙-o-04
スペック

プレイ人数は、やや多めの4~6名で、
プレイ時間は、短めの15分となっています。
対象年齢8歳以上です。

大宇宙の何たるかを理解できるかはともかく、
ゲームのルールなら九九の二の段ができれば理解可能かと思われます。



★箱をオープン!

大宇宙-o-05
▲一発目はカラフルなキューブ

大宇宙-o-06
▲その下にカードがあって、

大宇宙-o-07
▲最後にルルブと、

大宇宙-o-08
ゲームボードで以上でした!



★内容物

大宇宙-o-09
ルールブック(日本語・全2ページ)

1枚に両面印刷のルールブックです。

ごく真面目なルール説明が続くんですが、
その内容のスケールがいちいち壮大すぎるので、
読んでいて笑ってしまいます…!( ̄▽ ̄*)

大宇宙-o-10
大宇宙ボード×1枚

"大宇宙"を表す、すごろくのゲームボードです。

スタートとなる"爆誕"から、
ゴールとなる"億千万年の概念"まで、
間14マスのシンプルな盤面となっています。

大宇宙-o-11
×6色・各2個

プレイヤーの色を示す駒です。

1つは大宇宙ボードに置き、
1つは自分の前に置きます。

大宇宙-o-12
マッハカード×5種類・各5枚

大宇宙を駆けるために、
手札から出すカードです。

最初は全員が5種類のカードを1枚ずつ持っていますが、
出したカードは左隣のプレイヤーに渡りますので、
だんだんと手札の構成が変化していきます

また、ウラ面は貨幣になっていて、
菩薩へのお布施をする際には、
ウラ向きで自分の前に出さなければなりません。



★どんなゲーム?

大宇宙すごろく」は、
すごろく音速大宇宙レースゲームです!!

…もうちょい具体的にいうと、
バッティング系レースゲームです!

それでは、詳しいゲームの内容を見ていきましょう。

ゲームの各ラウンドは、

①大宇宙の喧騒
②俺の音速
③爆走する(orできない)俺ら
④大宇宙の秩序
⑤入れ替わる音速
⑥菩薩の慈悲


…という構成になっていて、
誰かが憶千万年の概念に到達するまで、
ラウンドをくり返しプレイします。



①大宇宙の喧騒

第1フェイズの大宇宙の喧騒は、
プレイヤー間での話し合いの場です。

せっかくやけん俺はマッハ5000で行くばい!
とか、
じゃあ被らんようにマッハ4000で行こうかな
とか、
いや、ぼくはマッハ5000でツッパるね…!
とか、
自分はお布施したいからマッハ1000で行きやす
とか、
これから自分がどのマッハカードを出すか表明したり、
出すカードを他のプレイヤーと示し合わせたりします。

このとき、手札さえ公開しなければ
本当のことを言っても、ウソを言っても、
ブラフをかけても構いません。

自分の思い通りの展開になるように、
上手くトークしましょう!



②俺の音速

第2フェイズの俺の音速では、
手札からマッハカードを1枚出します

直前の①大宇宙の喧騒を参考に…、

大宇宙-o-21
▲手札からマッハカード1枚を選んで
▲まずウラ向きで出してから、

全員のカードが出揃ったら、

大宇宙-o-22
せーの!全員一斉オモテを向けましょう



③爆走する(orできない)俺ら

第3フェイズの爆走する(orできない)俺らでは、
駒を進められるか進められないかの判定をします。

直前の②俺の音速で出したマッハカードが、

大宇宙-o-23
他のプレイヤーと被っていなかったプレイヤーは、
▲駒を進めることができて、

大宇宙-o-24
他のプレイヤーと被っていたプレイヤーは、
▲駒を進めることができません…!



④大宇宙の秩序

第4フェイズの大宇宙の秩序では、
直前の③爆走する(orできない)俺らで、
爆走できることになったプレイヤーのみ
自分の駒を進めます


爆走するプレイヤーたちは、
出したカードの数字が小さい順

大宇宙-o-25
マッハ1000につき1マス前進させます。

大宇宙-o-26
マッハ3000なら3マス前進ってことですね。



⑤入れ替わる音速

第5フェイズの入れ替わる音速では、
このラウンドに出したカードを
左隣のプレイヤーの手札に入れます

大宇宙-o-27
▲自分が出していたカードは、
左隣のプレイヤーに渡り、

大宇宙-o-28
▲右隣のプレイヤーが出していたカードが、
▲自分の手札に入るということですね。



⑥菩薩の慈悲

第6フェイズの菩薩の慈悲では、
この時点で最後尾のプレイヤーが
菩薩にお布施をし、そして慈悲を受けます

大宇宙-o-29
▲大宇宙ボードで最後尾にいるプレイヤーは、
(※複数なら全員)

大宇宙-o-30
自分の手札から1枚を、お布施として

大宇宙-o-31
▲他のプレイヤーに見られないように、
ウラ向きで自分の前に置かなければなりません

大宇宙-o-32
▲余談ですが、このとき、お布施したカードの上に、
自分の2個目の駒を置いておくと良いかもです。
(②俺の音速で出すカードと混ざらないように)

これで手札が減ってしまい、
俺の音速で出すカードの選択肢が狭まってしまいますが、
その代わり、菩薩の慈悲を受けます。

お布施をしたプレイヤーは、
これまでお布施したカードの枚数×2マスの前進をしなければなりません
(※拒否権なし!)

大宇宙-o-33
▲自分にとって初めてのお布施だったら、
1枚×2=2マス前進で、

大宇宙-o-34
▲自分にとって3枚目のお布施だったら、

大宇宙-o-35
3枚×2=6マス前進ということですね。


以上のラウンドをくり返して、
誰かが憶千万年の概念に到達した瞬間、ゲームセット!

到達したプレイヤーの勝ちとなります!!

※"到達"なので、オーバーランしてもOK



☆例外

この「大宇宙すごろく」は、
マッハで駆け抜けないと勝ちになりません。

どういうことかというと、
菩薩の慈悲によって憶千万年の概念に到達してしまった場合、
勝ちにならないのです…!


もしも、そうなってしまったプレイヤーは――

星くずとなり、昇天し、大宇宙から除外され、
ゲームから脱落します。


(ルールブックより)




★コメント


星くずになれるゲームがあるよ!!!

と、とあるボドゲ仲間が私星屑に紹介してくれたゲームが、
この「大宇宙すごろく」でして。

そりゃあ"星屑"と名乗っている人間としては、
スルーなんてできないし、
購入不可避だし、

もちろん星くずになりたいし!!

それで、ワクワクしながら、
買ってきて、箱を開けて、ルルブを読んで――

なんじゃこりゃあああああ!!!!!

確かに星くずにはなれるけど、
なったら昇天しちゃうし、大宇宙から除外されちゃうし、
ゲームから脱落しちゃうんじゃん…!


星くずになれると思って買ったのに、
それが敗北条件だなんて、なんてひどい…( ̄▽ ̄;)

とはいえ、
作中に星くずが登場するゲームは多くないので、
せっかくですし、ウチのボドゲ会で遊んでみました。

そしたらですね、
これが大好評っていうか、大爆笑!!( ̄▽ ̄*)

ルルブを読み上げるだけで笑いが起きるし、
ぼくが悲しみながら敗北条件についての説明をするだけで、
みんな大ウケしてくれるし、
ゲームを始める前から笑えるって、
これ実はすごいヤツなんじゃないでしょうか…?

さらに、ゲームのシステムの方も完成度が高く、
よくあるタイプの手札固定型バッティングゲームとはひと味ちがった、
変化に富んだプレイ感
を味わうことができます!

大宇宙-o-36

笑える、楽しい、軽いの三拍子が揃っていますので、
ボードゲーム会で5~6人浮いているときのチョイ出しなどに、
ぜひぜひオススメしたいタイトルですね♪



大宇宙すごろく 関連記事
→バッティング系レースゲーム「イモムシイモムシ

ボードゲーム記事一覧




【2018/06/15 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 大宇宙すごろく  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。