FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「プライバシー」




★開封

プライバシー-o-01
▲今回は博多のヨドバシカメラで買ってきました!


★箱の外観

プライバシー-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ピンクの、いかがわしさ全開なジャケットです…!
なにげにロゴがiCで""になっているんですね。

プライバシー-o-03
▲箱のウラ面

"みなさんは友人のことをどれだけ知っていますか?"
ってだけなら、ありがちなパーティーゲームっぽいですが、
問題は、その内容で――

プライバシー-o-04
スペック

プレイ人数5~12人で、
プレイ時間45分
対象年齢18歳以上となっています。
てかアイコン…( ̄▽ ̄;)

一応、プレイは5人から可能となっていますが、
ゲームのタイトルにもなっている"プライバシー"は、
人数が多ければ多いほど守られやすくなっているようです。



★箱をオープン!

プライバシー-o-05
▲一発目はルルブ

プライバシー-o-06
▲その下にゲームボードがあって、

プライバシー-o-07
カード類コマ類布袋

プライバシー-o-08
▲さらにカード類チェックシートがあって、
▲内容物は以上でした!



★内容物

プライバシー-o-09
ルールブック(日本語・1枚)

外装と同じく、ピンクと黒が主体のルルブです。

ゲームのプレイ方法が図解を交えて丁寧に説明されています。

プライバシー-o-10
スコアボード×1枚

ゲーム中の得点を記録するためのボードです。

よくよく見ると、これ得点トラックがアレで、
フィニッシュのマスが・・・なんですね。きゃー。

プライバシー-o-11
スコア用プレイヤーコマ×12個

スコアボードに乗せるためのコマです。

最大人数の12人ぶんあります。

プライバシー-o-12
キューブ×80個

質問への回答に使う2色のキューブです。

YESならピンクNOならのキューブで答えます。

プライバシー-o-13
巾着袋×1枚

回答代わりとなるキューブを投票する場所です。

巾着袋の色はまっ黒で、
投票の途中経過が見えないようになっています。

プライバシー-o-14
チェックシート×1冊

各質問に対する、みんなのYESの総数を予想して記入するシートです。

使い捨てですが、これでもかというくらいの枚数があります。

なお、このゲームには筆記具が付属されていませんので、

プライバシー-o-27
▲自前で用意しておきましょう。


プライバシー-o-15
質問カード×90枚

1枚につき4つの質問が記されているカードです。

ウラ面には1~4のいずれかの数字が振られています。

プライバシー-o-16
プライバシー-o-17
プライバシー-o-18
プライバシー-o-19

その質問の内容は、
きわめて性的なものだったり、政治的なものだったり、
はたまた非日常的なものだったりと、さまざまです。

ただ、日常生活で気軽に問えるものではないというのが、
ほとんどの質問に共通しています…!



★どんなゲーム?


プライバシー」は、
みんなのプライバシーを守りつつも、
みんなのプライバシーを探るゲーム
です!

具体的なゲームの流れは――


アクション1:質問

まず、そのラウンドのスタートプレイヤーが、
質問カードを1枚をめくります。

プライバシー-o-20
▲そして、めくったカードの4つの質問のうち、
山札の上の数字のものを読み上げましょう。

これが、そのラウンドの質問です!



アクション2:予想

続いて、プレイヤーたちは、
質問に対して、全プレイヤーの中で何人がYESと答えるか?
を予想します。

プライバシー-o-21
▲予想したら、YESの人数を自分のシートにチェック!



アクション3:投票

予想が終わったら、プレイヤーたちは、
質問に対する自分の回答をYESNOかで投票していきます。

プライバシー-o-22
YESならピンクのキューブを1個、
NOならのキューブを1個、
巾着袋の中に入れましょう。

ちなみに、
キューブは各ラウンドの最初に受け取ります。

この受け取り方がポイントで、
単にピンクを1個ずつ受け取るわけではなく、

プライバシー-o-23
▲1人につきピンクを合わせて6個、
▲無作為に受け取ることになっています。

こうすることで、
投票に使わなかった方のキューブから、
うっかり投票内容がバレてしまう…というのを、
防ぐことができるわけですね♪( ̄▽ ̄*)




アクション4:答え合わせ

全プレイヤーが投票したら、
スタートプレイヤーは巾着袋の中から全てのキューブを取り出して、
実際に何人が質問にYESと答えたかを数えます。

プライバシー-o-24
▲出てきたキューブのうち、
ピンクの数がYESと答えた人数です…!



アクション5:得点

YESの人数が判明したら、
予想の当たり具合に応じて得点が入ります。

プライバシー-o-25
ピタリ賞なら3点ぶん、
±1人の誤差なら1点ぶん、
▲それぞれスコアボードにある自分のコマを動かしましょう。



アクション6:プライバシー保護

最後に、
各自、自分のシートを塗りつぶすことで、
プライバシーを保護します。

プライバシー-o-26
▲回答にも予想にも、自分自身のものを含みますので、
▲予想から自身の回答が露見しないように、
▲しっかりと消しておきましょう。


こうして、ラウンドが終わったら、
スタートプレイヤーが時計回りで移り、
次のラウンドとなります。

ゲームは、誰かが30点に到達したラウンドで終了し、
最も得点が高いプレイヤーが勝者です!



★コメント


無類のピンク好きで、
私物の多くをピンクで揃えている私星屑
このゲームも同じ理由で揃えてしまいました。

色だけでなく内容もピンクな「プライバシー」!

まず、このゲームのすごい点ですが、
他人のプライバシーに切り込んでいくゲームでありながら、
各自のプライバシーを守る工夫が各所に散りばめられているんですね。

キューブの受け取り方しかり、
チェックシートの塗りつぶししかり、
また、答え合わせをした結果、
YESの人数が1人だけだった場合や、
NOの人数が1人だけだった場合には、
その1人が誰だかバレないよう、
決められた手順を踏まなければなりません。

質問の内容が過激な一方で、
システム周りは繊細な作りになっているというわけです…!


加えて、ゲームの方向性は、
個人のプライバシーを暴いていくというものではなく、
いわゆる「街角アンケート」のような、
"誰が"ではなく"何人が"にスポットを当てたものになっています。

うわ、意外と多いんだ…!
とか、
この中に1人いるのかー!!!
とか。

プライバシーがしっかりと保護されている中で、
身近な人たちの内面を、ちょっとだけ覗いてみる――


そんなことを可能にしてしまうなんて、まさに画期的なゲームですね!


とはいえ、
じゃあボードゲーム会で簡単に卓を立てられるゲームかというと、
いや、無理無理無理のカタツムリでしょう。やっぱり。

質問の内容、そして必要な頭数を考えると、
このゲームの主戦場は「飲み会」ということになりそうです。

ちなみに、
気心の知れた仲であればシラフでも余裕綽々だったりしますが、
学生時代からの腐れ縁メンバーでプレイすると、
もう誰がYESか容易に判ってしまって面白みに欠けました( ̄▽ ̄;)

プライバシー-o-28

これを一緒に遊べるほどの間柄で、
かつ、お互いを知りすぎていない程度の人間を、
10人前後集めて、場をセッティングする!
…というところから、
もうゲームは始まっているのかもしれませんね。



★おまけ

星屑が山札の上から10枚めくって答えてみた!

プライバシー-o-31
プライバシー-o-32
プライバシー-o-33
プライバシー-o-34
プライバシー-o-35
プライバシー-o-36
プライバシー-o-37
プライバシー-o-38
プライバシー-o-39
プライバシー-o-40

結果は――

プライバシー-o-41
YES3つとなりました。

ちなみに、2枚目5枚目8枚目NOです…( ̄▽ ̄ )



プライバシー 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

プライバシー-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ピンクの、いかがわしさ全開なジャケットです…!
なにげにロゴがiCで""になっているんですね。

プライバシー-o-03
▲箱のウラ面

"みなさんは友人のことをどれだけ知っていますか?"
ってだけなら、ありがちなパーティーゲームっぽいですが、
問題は、その内容で――

プライバシー-o-04
スペック

プレイ人数5~12人で、
プレイ時間45分
対象年齢18歳以上となっています。
てかアイコン…( ̄▽ ̄;)

一応、プレイは5人から可能となっていますが、
ゲームのタイトルにもなっている"プライバシー"は、
人数が多ければ多いほど守られやすくなっているようです。



★箱をオープン!

プライバシー-o-05
▲一発目はルルブ

プライバシー-o-06
▲その下にゲームボードがあって、

プライバシー-o-07
カード類コマ類布袋

プライバシー-o-08
▲さらにカード類チェックシートがあって、
▲内容物は以上でした!



★内容物

プライバシー-o-09
ルールブック(日本語・1枚)

外装と同じく、ピンクと黒が主体のルルブです。

ゲームのプレイ方法が図解を交えて丁寧に説明されています。

プライバシー-o-10
スコアボード×1枚

ゲーム中の得点を記録するためのボードです。

よくよく見ると、これ得点トラックがアレで、
フィニッシュのマスが・・・なんですね。きゃー。

プライバシー-o-11
スコア用プレイヤーコマ×12個

スコアボードに乗せるためのコマです。

最大人数の12人ぶんあります。

プライバシー-o-12
キューブ×80個

質問への回答に使う2色のキューブです。

YESならピンクNOならのキューブで答えます。

プライバシー-o-13
巾着袋×1枚

回答代わりとなるキューブを投票する場所です。

巾着袋の色はまっ黒で、
投票の途中経過が見えないようになっています。

プライバシー-o-14
チェックシート×1冊

各質問に対する、みんなのYESの総数を予想して記入するシートです。

使い捨てですが、これでもかというくらいの枚数があります。

なお、このゲームには筆記具が付属されていませんので、

プライバシー-o-27
▲自前で用意しておきましょう。


プライバシー-o-15
質問カード×90枚

1枚につき4つの質問が記されているカードです。

ウラ面には1~4のいずれかの数字が振られています。

プライバシー-o-16
プライバシー-o-17
プライバシー-o-18
プライバシー-o-19

その質問の内容は、
きわめて性的なものだったり、政治的なものだったり、
はたまた非日常的なものだったりと、さまざまです。

ただ、日常生活で気軽に問えるものではないというのが、
ほとんどの質問に共通しています…!



★どんなゲーム?


プライバシー」は、
みんなのプライバシーを守りつつも、
みんなのプライバシーを探るゲーム
です!

具体的なゲームの流れは――


アクション1:質問

まず、そのラウンドのスタートプレイヤーが、
質問カードを1枚をめくります。

プライバシー-o-20
▲そして、めくったカードの4つの質問のうち、
山札の上の数字のものを読み上げましょう。

これが、そのラウンドの質問です!



アクション2:予想

続いて、プレイヤーたちは、
質問に対して、全プレイヤーの中で何人がYESと答えるか?
を予想します。

プライバシー-o-21
▲予想したら、YESの人数を自分のシートにチェック!



アクション3:投票

予想が終わったら、プレイヤーたちは、
質問に対する自分の回答をYESNOかで投票していきます。

プライバシー-o-22
YESならピンクのキューブを1個、
NOならのキューブを1個、
巾着袋の中に入れましょう。

ちなみに、
キューブは各ラウンドの最初に受け取ります。

この受け取り方がポイントで、
単にピンクを1個ずつ受け取るわけではなく、

プライバシー-o-23
▲1人につきピンクを合わせて6個、
▲無作為に受け取ることになっています。

こうすることで、
投票に使わなかった方のキューブから、
うっかり投票内容がバレてしまう…というのを、
防ぐことができるわけですね♪( ̄▽ ̄*)




アクション4:答え合わせ

全プレイヤーが投票したら、
スタートプレイヤーは巾着袋の中から全てのキューブを取り出して、
実際に何人が質問にYESと答えたかを数えます。

プライバシー-o-24
▲出てきたキューブのうち、
ピンクの数がYESと答えた人数です…!



アクション5:得点

YESの人数が判明したら、
予想の当たり具合に応じて得点が入ります。

プライバシー-o-25
ピタリ賞なら3点ぶん、
±1人の誤差なら1点ぶん、
▲それぞれスコアボードにある自分のコマを動かしましょう。



アクション6:プライバシー保護

最後に、
各自、自分のシートを塗りつぶすことで、
プライバシーを保護します。

プライバシー-o-26
▲回答にも予想にも、自分自身のものを含みますので、
▲予想から自身の回答が露見しないように、
▲しっかりと消しておきましょう。


こうして、ラウンドが終わったら、
スタートプレイヤーが時計回りで移り、
次のラウンドとなります。

ゲームは、誰かが30点に到達したラウンドで終了し、
最も得点が高いプレイヤーが勝者です!



★コメント


無類のピンク好きで、
私物の多くをピンクで揃えている私星屑
このゲームも同じ理由で揃えてしまいました。

色だけでなく内容もピンクな「プライバシー」!

まず、このゲームのすごい点ですが、
他人のプライバシーに切り込んでいくゲームでありながら、
各自のプライバシーを守る工夫が各所に散りばめられているんですね。

キューブの受け取り方しかり、
チェックシートの塗りつぶししかり、
また、答え合わせをした結果、
YESの人数が1人だけだった場合や、
NOの人数が1人だけだった場合には、
その1人が誰だかバレないよう、
決められた手順を踏まなければなりません。

質問の内容が過激な一方で、
システム周りは繊細な作りになっているというわけです…!


加えて、ゲームの方向性は、
個人のプライバシーを暴いていくというものではなく、
いわゆる「街角アンケート」のような、
"誰が"ではなく"何人が"にスポットを当てたものになっています。

うわ、意外と多いんだ…!
とか、
この中に1人いるのかー!!!
とか。

プライバシーがしっかりと保護されている中で、
身近な人たちの内面を、ちょっとだけ覗いてみる――


そんなことを可能にしてしまうなんて、まさに画期的なゲームですね!


とはいえ、
じゃあボードゲーム会で簡単に卓を立てられるゲームかというと、
いや、無理無理無理のカタツムリでしょう。やっぱり。

質問の内容、そして必要な頭数を考えると、
このゲームの主戦場は「飲み会」ということになりそうです。

ちなみに、
気心の知れた仲であればシラフでも余裕綽々だったりしますが、
学生時代からの腐れ縁メンバーでプレイすると、
もう誰がYESか容易に判ってしまって面白みに欠けました( ̄▽ ̄;)

プライバシー-o-28

これを一緒に遊べるほどの間柄で、
かつ、お互いを知りすぎていない程度の人間を、
10人前後集めて、場をセッティングする!
…というところから、
もうゲームは始まっているのかもしれませんね。



★おまけ

星屑が山札の上から10枚めくって答えてみた!

プライバシー-o-31
プライバシー-o-32
プライバシー-o-33
プライバシー-o-34
プライバシー-o-35
プライバシー-o-36
プライバシー-o-37
プライバシー-o-38
プライバシー-o-39
プライバシー-o-40

結果は――

プライバシー-o-41
YES3つとなりました。

ちなみに、2枚目5枚目8枚目NOです…( ̄▽ ̄ )



プライバシー 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2018/06/23 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 プライバシー  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可