FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
今月末に、入籍から2年越しとなる結婚式を控えている私星屑

その準備に追われて、なかなかガッツリとボドゲ記事が書けないので、
さくっと「結婚観」の記事とか書いてみたいと思います。

今回のタイトルは、

「妻が自分で幸せになれる」という保険。


前回は「俺が妻を幸せにしてやる!」はもう古い。という記事を書きました。

妻には"自分で"幸せになってもらって、
俺は、その"サポートだけ"をするよー。
まちがっても、邪魔になるようなことはしないよー。
的な感じ。

RPGゲームで例えると、
戦士系ダンナ「俺についてこい!」
ではなくて、
僧侶系ダンナ「サポートは任せろ!」
的な感じでしょうか。

さて、これには、
"俺が勝手に考える妻の幸せを押し付けてしまう"ことを防ぐ
という効果に加えて、もう1つ狙いがあります。

"俺に依存させない"という狙いです。

いや、まァ、夫婦ですし、
お互い全く依存し合わないのも問題ですが、
ここで言いたいのは"依存のしすぎ"です。

もし妻が、
ダンナにしか私を幸せにできない!
とかいう状況になっていて、
いきなり俺が不慮の事故でいなくなってしまったら

誰が妻を幸せにするのでしょうか?

俺が言うのもアレですが、
最愛の夫を亡くしてしまった場合、
そこから立ち直る大変さは生半可ではないでしょう。

それでも、妻の人生は続いていきますので、立ち直らなければならない。

このとき、
妻が妻を幸せにする術があれば、そこが突破口になると思うんです

そこから、また世界を広げていって欲しい。
そして、続く人生でたくさんの幸せを感じ続けて欲しい。

だから、
妻が自分で幸せになれる
という保険をかけておくわけです。



すぐ極論に持っていってしまうのは俺の悪いクセですが、
人間、次の瞬間にどうなっているかなんて分かりませんからね。

それは、「ダンジョンクエスト」でイヤというほど学びました(笑)


さて明日までポエムを書いて、明後日からはボドゲ記事に戻れそうです。


記事を閉じる▲

【2015/11/07 00:01】 | 結婚 |
今月末に、入籍から2年越しとなる結婚式を控えている私星屑

その準備に追われて、なかなかガッツリとボドゲ記事が書けないので、
さくっと「結婚観」の記事とか書いてみたいと思います。

今回のタイトルは、

「俺が妻を幸せにしてやる!」は、もう古い。


では、逆に何が新しいかというと、

俺は俺を幸せにする!

そして、

妻は妻が幸せにする!

以上。


え? それって結婚した意味あるの?

って思うかもしれませんが、ちょっと聞いてください。

あなたは、自分以外の人の心の中を覗けますか?
もちろん無理ですよね。

そして、その人にとっての幸せは、その人の心の中にしかありません。
本人にしか見えないんです。

見えないものを、他者がどうこうは出来ません。
見えている本人に、なんとかしてもらうしかない。

だから、
妻の幸せは、妻にしか見えないから、妻自身で幸せになってもらうしかない。

妻は妻が幸せにする!

というわけです。

それでは俺は何をするかというと、サポートをします

妻が幸せになろうとする上で、
「手伝って」と言われたら、全力で手伝う。
「ちょっと一人にして」と言われたら、放っておく。

イメージでは、妻がマラソンを走っているのを応援する感じでしょうか。
邪魔にならない程度に。


結婚したからといって、幸せがドッキングするわけではありません

俺には俺の幸せがあって、
妻には妻の幸せがあります。

「俺が妻を幸せにしてやる!」と意気込むよりは、
「妻の幸せをサポートしよう」くらいのスタンスでいる方が、
結局のところ、妻の幸せに近づきやすいと思うんです。


そして、妻の幸せそうな顔を見て、俺も幸せになる。

妻の幸せが、俺を幸せにする!

これです。

結婚した意味は、確かにあります。



明日も忙しいので、こんなことをつらつら書いちゃうと思います。


記事を閉じる▲

【2015/11/06 00:01】 | 結婚 |