FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「サグラダ 5~6人用拡張」




★開封

サグラダ-o-ex-01
▲今回はボドゲ仲間に譲ってもらいました!


★箱の外観

サグラダ-o-ex-02
▲箱のオモテ面。基本セットとのサイズ比較。

基本セットがを基調としているのに対して、
拡張の方は黄色を基調としたステンドグラスになっています。

サグラダ-o-ex-03
▲箱のウラ面

ものすごくタテ長ですね!

説明書きには、
最大6人で遊べるようになって、さらに面白くなったサグラダ!
新しいシステムが加わって、大人数でもスピーディーに遊べるよ!
あとカードとか、いろいろ追加されたよ!
(ざっくり訳)
…てなことが書いてあります♪( ̄▽ ̄*)

サグラダ-o-ex-04
スペック

プレイ人数は2人増えての1~6人で、
プレイ時間は変更なしの30~45分
対象年齢13歳~です。

実際のところは、
5人プレイの軽いインスト込みで1時間ちょいってトコでした。

また、
ルールの難易度的には、小学生でもプレイ可能な内容かと思われます。



★箱をオープン!

サグラダ-o-ex-05
▲一発目は安定のルルブ

サグラダ-o-ex-06
▲その下にカード類があって、

サグラダ-o-ex-07
▲おなじみの個人ボードと、

サグラダ-o-ex-08
タイル台紙で以上でした!



★タイル抜き&組み立て!!

サグラダ-o-ex-09
▲それでは、2枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

ポスポスポスポス……

サグラダ-o-ex-10
▲はい、終わり!!

からの、組み立てなんですが――

サグラダ-o-ex-11
▲このダイストレイ曲者で…、

サグラダ-o-ex-12
▲底部のツメが引っ掛かって、
▲側面の最後の1枚がはまらない…!

サグラダ-o-ex-13
▲結局、力技で押し込んで完成さたんですが、
▲その代償としてツメ部分がボロボロに…。

この拡張の、唯一の不満点でした…( ̄▽ ̄;)



★内容物

まぁ気を取り直して、内容物いってみましょう!

サグラダ-o-ex-14
ルールブック(英語・全8ページ)

かなりコンパクトなルルブです。

通常ルールでの5~6人プレイ方法と、
新ルールの詳細に、ほとんどのページが割かれています。

サグラダ-o-ex-15
窓枠プレイヤーボード×2枚

プレイ人数の増加にともなって追加された個人ボードです。

箱のジャケットがそうだったように、
黄色系統のステンドグラスになっていますね。

サグラダ-o-ex-16
スコアマーカー×2枚

得点計算用のマーカーです。

こちらも、ちゃんと2人ぶん追加されました。

サグラダ-o-ex-18
個人ダイスプールボード×6枚

今回の目玉ともいえる新ボードです!
(詳細は後述)

サグラダ-o-ex-17
▲余談なんですが、ダイス穴を抜く前が美しすぎて、
▲穴を開けるのがもったいないくらいでした…( ̄▽ ̄*)

サグラダ-o-ex-19
恩寵トークン×12個
ダイス×5色・各8個

追加2人ぶんのトークンとダイスです。

基本セットと合わせると、
ダイスの数は130個になりました…!

サグラダ-o-ex-20
窓パターンカード×6枚

例によって、窓枠プレイヤーボードに挿し込むカードです。

新たな6枚は、いずれも難易度がに統一されています。

サグラダ-o-ex-21
個人目標カード×6枚

新しい得点方式のカードです。

この6枚だけを使うことも、
基本セットの5枚と混ぜて使うこともできます。

サグラダ-o-ex-22
道具カード×2枚

新登場の個人ダイスプールを絡めた効果のカードです。

基本セットのカードに混ぜて使います。



★どんな拡張?


今回の拡張では、

☆最大プレイ人数が4→6人に増加

☆個人ダイスプール・ルールの導入

☆新カードの追加


という、3つの要素が加わりました。

中でも、個人ダイスプール・ルールは、
1ラウンド内のターン数を半減させて、
プレイ時間の大幅な削減に貢献してくれます!!

そんな個人ダイスプールを中心に、
拡張の内容をチェックしていきましょう!



☆個人ダイスプールとは?

そもそも「サグラダ」は、

サグラダ-o-41
20個のダイス個人ボードを埋めていくゲームですが、

標準ルールでは、

サグラダ-o-ex-41
▲20個のダイスを、
全てドラフトプールから受け取っていました。

これが、
新たに導入された個人ダイスプール・ルールでは、

サグラダ-o-ex-42
▲20個のダイスのうち、
▲半分の10個をドラフトプールから
▲半分の10個を個人ダイスプールから
▲それぞれ受け取ることになります。

その個人ダイスプールですが、
ゲーム開始前の準備段階で、

サグラダ-o-ex-23
▲各プレイヤーごとに、
5色×2個=合計10個のダイスを振り、

サグラダ-o-ex-24
▲出目はそのままに、
個人ダイスプールボードに並べて、
▲おのおのゲームを通して手元に置いておきます。



☆個人ダイスプールなしの場合

個人ダイスプールなしの標準ルールでは、

各プレイヤーは1ラウンド中に、
ドラフトプールから2個のダイスを受け取れます。

(ダイス2個×全10ラウンド=合計20個)

例えば4人プレイの場合の1ラウンドは、

サグラダ-o-ex-25
プレイ人数の2倍1個を足した
▲9個のダイス(※これを"ドラフトプール"といいます)を、

Aさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Bさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Cさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Dさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Dさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Cさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Bさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Aさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。


という流れで回すわけですね。

この方式の最大の難点は、
他のプレイヤーのターン中に、ほぼ何もできないことでした。

なぜなら、

サグラダ-o-ex-43
▲ドラフトプールの中に、もし欲しいダイスがあったとして、

サグラダ-o-ex-44
▲そのダイスを得られる前提で配置を考えても、

サグラダ-o-ex-45
▲お目当てのダイスが他のプレイヤーに取られてしまい、
▲自分のところに回ってこなかったら、

まさに捕らぬタヌキの皮算用…!

ちなみに、わが家の近くにはタヌキが生息しているんですが、
近くで見ると、顔がめちゃくちゃかわいくて癒されます♪( ̄▽ ̄*)

それはさておき、
とにかく自分のところにドラフトプールが回ってこなければ、
配置の考察も、ダイスの選択も始めることができない
ので、
ターンプレイヤー以外はヒマをもてあましてしまうんですね。

そんな状況が、
4人プレイの全10ラウンドで、実に80回も発生してしまう!
(1回1分なら80分で、1回2分なら……)

そりゃあ、テンポが悪くなって、
プレイ時間も長くなるわけです…!



☆個人ダイスプールありの場合

一方、個人ダイスプール・ルールでは、

各プレイヤーは1ラウンド中に、
ドラフトプールからダイス1個と、
個人ダイスプールからダイス1個の、
合計2個のダイスを受け取れます。

(ドラフトダイス1個×1全0ラウンド=合計10個)
(個人ダイス1個×全10ラウンド=合計10個)

よって、ドラフトプールから受け取るダイスが、
1人につき1個になりますので、

例えば4人プレイの1ラウンドでのドラフトプールの個数は、
標準ルールでは9個でしたが、

サグラダ-o-ex-26
▲こちらはプレイ人数1個を足した5個に減少。

そして、各プレイヤーは、

サグラダ-o-ex-27
▲自分のターンにできることが3つになります。

すなわち――

サグラダ-o-ex-28
ドラフトプールからダイスを1個選んで、
▲自分の個人ボードに配置できる。

サグラダ-o-ex-29
個人ダイスプールからダイスを1個選んで、
▲自分の個人ボードに配置できる。

サグラダ-o-ex-30
恩寵トークンを支払って、
▲道具カードを1枚使用できる。

この3つのアクションを、
1つにつき1回までプレイすることができるわけですね。
(※アクションの順番は自由)

流れをまとめると、

Aさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
個人ダイスプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Bさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
個人ダイスプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Cさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
個人ダイスプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Dさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
個人ダイスプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。


標準ルールの流れと比べると、
ずいぶんとスリムになったことが分かります!

特に道具を使う予定がないターンなんかは、

サグラダ-o-ex-46
▲真っ先にドラフトプールのダイスを受け取り、

サグラダ-o-ex-47
ドラフトプールを次のプレイヤーに回してしまって、

サグラダ-o-ex-48
▲あとは、ゆっくりと個人ダイスプールを吟味する…みたいな、

時短プレイングが可能に…!

箱ウラに書いてあった通り、プレイ人数の増加に伴って、
しっかりとスピーディーさも補強してくれています♪( ̄▽ ̄*)



☆追加カード

最後に、
この拡張で追加されたカードについて。

まず、プレイ人数が6人までになったことにより、
新しく6枚の個人目標カードが追加されました!
(基本セットには5枚しかありませんでしたからね)

基本セットの個人目標カードは、
指定されたのダイスの出目の合計が得点となりましたが、

新たに追加された個人目標カードは、
指定されたスペースのダイスの出目の合計が得点となります。

サグラダ-o-ex-31
▲例えば、この個人目標カードだと、
中央の6マスの出目の合計が得点になりますので、
27点ですね。


さらに、
道具カードも2枚追加されました!

こちらは2枚とも、
個人ダイスプール・ルールでのみ使用できます。

サグラダ-o-ex-32
▲No.13「ストリップカッター

効果:
ドラフトの後、ドラフトしたダイスと、
自分の個人ダイスプールにあるダイスを入れ替える。


サグラダ-o-ex-33
ドラフトプールに欲しいダイスが2個ある場合に、
1個はカードの効果で個人ダイスプールに引き入れて
もう1個は普通にドラフトプールから受け取ることで、
▲両方とも取ることができるわけですね。

サグラダ-o-ex-34
▲No.14「鉛桟(なまりさん)ニッパー
(ステンドグラスの技法に"鉛桟技法"というものがあるみたいです)

効果:
個人ダイスプールのダイス最大2個を振り直す。


サグラダ-o-ex-35
▲こちらは、単に個人ダイスプールのリロールができるというもの。
▲運次第にはなりますが、うまくいけば活路が開けるかもしれません。

なお、個人ダイスプール・ルールの際、

サグラダ-o-ex-49
▲No.7「ガラスハンマー
▲No.8「ランニングプライヤー
▲の2枚は使用しないとのことです。



★コメント


あの「サグラダ」が6人でプレイできる!!

と聞いて、まず頭をよぎったのは、
プレイ時間がえらいことになるんじゃね…?
という不安でした。

なにせ、一つの配置ミスが命取りになるゲームですので、
どうしても慎重になりすぎて長考が多くなってしまう。

それに加えて、
自分のターンが回ってこないことには始まらないシステムですので、
ターン外で時間を短縮する手段がない。

それでは、せっかくの多人数プレイも…と思いきや、
そんな不安は新システムが吹き飛ばしてくれました!

さっそく、個人ダイスプールを導入して、
5人で遊んでみましたが、

いやぁ、テンポ良好ですよ!!

標準ルールでプレイしたら2時間はかかりそうなところが、
インストを入れても1時間そこいらで終わってしまいました…!


ただ、そんなスピードスターの個人ダイスプールにも、
一つだけ気になる点があって――

それは、
"見なければならない場所が2ヵ所になった"ということです。

標準ルールの感覚でプレイしていると、
ついついドラフトプールにばかり意識が向いてしまって…、

サグラダ-o-ex-40
▲あ、この個人ダイスプールのダイス、
▲1個は絶対に置くことができない…!

と、いうようなことが起こり得ます。

これがボードゲームに慣れているプレイヤーなら、
ついうっかり…で済まされる話なんですが、

問題は初心者です。

私の妻しーぷは常々、

初心者にオススメするボードゲームの第一条件は、
 "見なければならない場所が少ない"こと


と申しておりますが、
ドラフトプールに加えての個人ダイスプールということで、
まさに見なければならない場所が2倍になっているんですね。

これが初心者には、ややこしく感じてしまうかもしれません。

そういうわけで、初心者と卓を囲む場合は、
そこら辺も踏まえた上で新ルールの採用を考えた方がいいかなと、
星屑、ふと思いました。


とはいえ、ですよ。

5人とか6人とかで何かできるゲームは…と、
探しまわる姿が散見されるボードゲーム会において、
サグラダが5~6人でプレイできるのは本当にありがたいです!

しかもですね、
こちらは隠し要素的な感じなんですが、
拡張の内容物は、まるまる全部、基本セットの箱に納まります!!

サグラダ-o-ex-36
窓パターンカードを全て入れて、

サグラダ-o-ex-37
▲その上に6枚の個人ダイスプールボードを置いて、

サグラダ-o-ex-38
▲さらに6枚の窓枠プレイヤーボードを置いて、

サグラダ-o-ex-39
▲はい、オールインです!

基本セットの箱って、
やけにスペースに余裕があるなぁと思っていたら、
拡張が入ること前提で作られていたんですね…!

おかげで拡張の箱を持ち歩かずに済みます!

この親切設計には感動すら覚えてしまいました♪( ̄▽ ̄*)

サグラダ-o-ex-50

最後に、購入のオススメ度合いですが、

基本セットを持っているならば、
拡張を購入して損はないと思います!


最初から盤面の半分を予見できる上に、
展開をスピーディーにしてくれる新システムは優秀
ですし、

プレイ人数の増加も無理がありません

ただ、価格だけがネックで…、

いま現在(2018.10)のamazon4,800円の値がついていますが、
この金額では、ちょっとオススメしづらいですね…( ̄▽ ̄;)



サグラダ 関連記事
基本セット開封記事

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2018/10/24 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 サグラダ  
|
ボードゲーム
「スプリングメドウ」




★開封

春の草原-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

春の草原-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

無骨な岩肌鮮やかな赤のチェックが印象的なジャケットですね。
そして、手にしてみると思ったよりも重くてズシッときます…!

春の草原-o-03
▲前々作「コテージガーデン」とのサイズ比較。

同じシリーズなだけあって、表面積が全く同じです。
厚みについては、今作の方が4割くらい厚くなっています。

春の草原-o-04
▲箱のウラ面

ゲーム内容が4つのステップで説明されていますね。

春の草原-o-05
スペック

プレイ人数1~4人で、
プレイ時間1人につき15分
対象年齢10歳~となっています。

なお、1人プレイはスコアアタック形式です。



★箱をオープン!

春の草原-o-06
▲一発目はルルブ

春の草原-o-07
▲その下にシートがあって、

春の草原-o-08
▲ここにゲームボード

春の草原-o-09
▲さらにゲームボードタイル台紙があって、
▲内容物は以上です!

春の草原-o-10
▲ちなみに、ゲームボードタイル台紙だけで、
▲箱の実に半分近くを占めていました…!



★タイル抜き!

春の草原-o-11
▲それでは、8枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

これは骨が折れそうですが…( ̄▽ ̄;)

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

春の草原-o-12
星屑タイムはご覧の通り。

抜いたあと、種類ごとに並べてみた画像が――

春の草原-o-13
▲こちらです!

検品写真映えのためにタイルを並べ始めたんですが、
あまりにも数が多くて、途中で後悔してしまいました!笑

そういえば、8枚のタイル台紙のナンバーリングが、
11
…となっていて、一抹の不安を覚えたんですが、
照らし合わせてみた結果、欠品とかはなかったですね。
(4とか6とかの台紙は元から無いのかな…?)

たいへんさ:苦■□□楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

春の草原-o-14
ルールブック(日本語・全12ページ)

これまた、かわいらしい表紙のルルブですね!

親切な構成と、わかりやすい図解で、
とても読みやすいものになっています。

春の草原-o-16
山地ボード×4枚

各プレイヤーが1枚ずつ受け取る個人ボードです。

本来は全面が美しい緑の草原のはずなんですが、
いまは、まだ白い雪に埋もれてしまっています…!

春の草原-o-17
ハイキング地図ボード×1枚

テーブルの中央に広げる共用ボードです。

25マスある正方形のスペースに草原タイルを並べて、
各プレイヤーは、それを1枚ずつ受け取っていきます。

春の草原-o-15
パズルタイルリスト×1枚

全172枚のパズルタイルが網羅されているシートです。

両面印刷になっていて、ウラ面にもリストが続いています。

春の草原-o-18
草原タイル×100枚

山地ボードの雪を消していくタイルです。

サイズは2マスから、その3倍の6マスまであって、
さらに、同じカタチでも穴の位置が違ったりします。

春の草原-o-19
岩タイル×72枚

草原タイルに空いている穴をタテヨコで隣接させた際に、
追加で即座に自分のボードへ配置するタイルです。

サイズは1~4マスで、
つなげた穴の数-1or-2の岩タイルを受け取ります。

例えば、つなげた穴の数が4ならば、
3マスか2マスの岩タイルを受け取るというわけですね。

春の草原-o-20
マーモット×25枚

草原の住人「マーモット」のチップです。

ゲーム中、巣穴から愛らしい顔を覗かせることがあります。

春の草原-o-21
ハイキングバッジ/食料タイル×5枚

両面印刷になっていて、
片面がバッジ、もう片面が食料のタイルです。

ゲーム中に何度か発生する得点計算で、
トップになるたびに1枚受け取り、
これを2枚集めたプレイヤーが勝者となります!

春の草原-o-22
コンパス×1個

草原タイルの配置を試してみる際、
代わりに地図ボードに置いておくものです。

春の草原-o-23
道標×1個

地図ボードの外周を時計回りに動いて、
各プレイヤーが受け取れる草原タイルを示します。



★どんなゲーム?


スプリングメドウ」は、
雪に埋もれた山地を、春の草原に塗り替えていく、
テトリス風のパズルゲームです!

かなりお手軽な部類のシステムになっていますので、
ちょいと駆け足でゲーム内容を見ていきましょうかね。



☆ゲームの準備

とにかくセットアップが早いのが、
このゲームの美点の一つで…、

春の草原-o-24
▲100枚の草原タイルを、ざららーっと箱に出して、

春の草原-o-25
▲そこから25枚をテキトーに取り出して、
▲これまた地図ボードにテキトーに整列させたら、

もう準備完了!
いつでも行けます!!

あ、
手番順によって有利不利解消の岩タイルを配置できるので、
それだけ忘れないようにしないといけません。



☆ゲームの流れ

自分の番が回ってきたら、

春の草原-o-26
道標がある列の中から、
▲好きな草原タイル1枚を選んで受け取って、

春の草原-o-27
▲自分の山地ボードに置きます。

春の草原-o-28
▲その後、道標時計回りに1歩進めましょう。
▲次のプレイヤーは、隣の列から草原タイルを取ることになります。

…と、これをひたすら繰り返していくだけです!



☆草原タイルの置き方

草原タイルは、
自分の山地ボードのどこにでも置くことができます!!
(タイル同士をつなげないといけない…とかも無し)

さらに、タイルの向き裏表に関しても自由!

ただし、一つだけ守らないといけないルールがあるんです。

それが――

春の草原-o-29
▲この、マーモットの"巣穴"。

春の草原-o-30
巣穴をタイルで塞いでしまってはいけません!

巣穴で冬眠しているマーモットに怒られてしまいます…!

ただし――

春の草原-o-31
草原タイルに穴が開いている場合
その穴を巣穴に被せるのはOKです!

それどころか――

春の草原-o-32
▲タイルの穴を被せた巣穴は、
▲"開放されている巣穴"と呼ばれ、
▲得点計算で1穴につき1点になります!

さらに、開放されている巣穴があれば――

春の草原-o-33
▲本来は不可能なはずの、
巣穴を塞ぐようなタイル配置ができるようになるんです…!

ただし――

春の草原-o-34
塞いでしまった巣穴1つにつき、
開放されている巣穴1つにマーモットを置かなければなりません。

マーモットを置くと、
その穴は、もはや開放されている巣穴ではなくなり、
得点計算時に1点としてカウントできなくなってしまいます。
(加えて、岩タイル獲得の穴としてもカウントできない)

ご利用は計画的にってヤツです!



☆得点計算

みんなが地図ボードから草原タイルを取っていくと、
当然ながら草原タイルの数は減っていきますよね。

そうして――

春の草原-o-35
▲誰かのターンの開始時に、
▲そのプレイヤーの列の草原タイルが1枚以下になっていたら、
▲割り込みで全員の得点計算が発生します!

各プレイヤーの得点計算は、

・下から完全に埋められたヨコ列のマス数×1点

・その上の1列の埋められたマス数×1点

・"開放されている巣穴"の数×1点

・得点計算時のターンプレイヤーは+2点

…以上の合計です。

なんだかややこしそうですが、
要はテトリスみたいに下から埋めていけ!ということなんですね。

春の草原-o-42
▲さっそく、この盤面を例に得点計算をしてみましょう。

前提として、ヨコ1列は10マスになっています。

春の草原-o-36
▲まず、下から2列が完全に埋まっていますので、
下から完全に埋められたヨコ列のマス数は20マス→20点

春の草原-o-43
▲次に、その上の1列は6マス埋まっていますので、
その上の1列の埋まっているマス数は6マス→6点

春の草原-o-37
▲さらに4つの巣穴が開放されていますので、
"開放されている巣穴"の数は4→4点

20+6+4=30点となります。

もし、この得点計算が発生したときに、
自分がターンプレイヤーだったら、これに+2点です。
(ターンプレイヤーはタイル配置直前に得点計算となるので)

得点計算の結果、トップだったプレイヤーは――

春の草原-o-44
ハイキングバッジをゲットだぜ!(ピッピカチュウ!!)

誰か1人がバッジを2つ受け取ったら、
そこでゲームは即座に終わり、
そのプレイヤーが勝者となります。

つまり、早ければ2回目の得点計算まで、
遅くとも5回目の得点計算まで(4人プレイ時)で、
ゲームは終了するということですね。

誰も2つ目のバッジを受け取っておらず、
ゲームが終わらなかった場合は――

春の草原-o-45
▲山地ボードに草原タイルを補充して、
そのままゲームを続けます



最後に、他の得点計算の例も見ておきましょう。

春の草原-o-38
▲この盤面だと、下から5列が完全に埋まっていて50点で、
▲その上の列は6マス埋まりで6点と(※巣穴は埋まっている扱い)、
▲さらに開放されている穴が4つ4点の、合計60点です。

春の草原-o-39
▲こちらは最下段すら完全に埋まっていないので、
▲最下段の7マスと、開放されている穴が3つの合計10点

春の草原-o-40
▲最後の最後は極端な例にしてみました。
▲最下段が1マスしか埋まっていないので1点のみと、
▲開放されている5つの穴を合わせて6点になります。

テトリス風のパズルゲームと書いたとおり、
とにかく下からの地道な積み重ねが大事です!



★コメント


星屑「もうすぐ春が~♪」
星屑「ペンキを肩に~♪」

星屑「お花畑の~♪」
星屑「中を♪」
星屑「散歩に~♪」
星屑「くるよ♪」

しーぷ「吉田拓郎だっけ?」

星屑「うん」
星屑「拓郎の"結婚しようよ"やね」

しーぷ「でも私たち、もう結婚してるじゃん」

星屑「それな!」


はい、というわけで、
まるで白い壁に緑のペンキを塗りたくるかのように、
雪の盤面春の草原に染め上げていくゲーム「スプリングメドウ」!

あの庭いじりゲーム「コテージガーデン」の系譜で、
パズル三部作のトリを飾っているだけあって、
もう磨きに磨かれ尽くされた感があります…!

これは本当に良いものだよ!!!

…なんて申しておりますが、
実は私星屑、この作品の発売を見逃していました。

先日のウチのボードゲーム会でですね、
ウヴェさん作品をこよなく愛するヤマシタさんという方に、
コテージガーデンの続々編が出たよ!と教えてもらいまして。

それなら、せっかくなので1ゲーム…という流れで、
その場でスプリングメドウをプレイさせてもらった結果――

春の草原-o-99

いや、もう、どハマりですよ!

1ゲームと言わず2ゲームやりましたし!!
(ウチの会は、あまり同じゲームを続けない傾向)

なんなら、
卓が立っていない間も星屑一人で、
さながらポテチでもむさぼるかのように、
箱の中から無造作に草原タイルを取っては、
意味もなく山地ボードに置き、山地ボードに置き…。

なんか取り憑かれたみたいになっちゃって、
その場でポチるのを忘れていたほどでした…!( ̄▽ ̄ )


さて、その内容なんですが、
まずテーマからして素敵ですよね。

雪解け春の到来

いま現在の季節は思いっきりなんですけど、
そんなことは関係なく、なんだかウキウキさせてくれます。

そして、下から盤面を埋めていくという、
文字通り方向性が決まっていて、わかりやすいパズル。

そこに申し訳程度に添えられた、
マーモットの巣穴とかいうスパイス。

以上。終わり。

こういうのなんですよ。
こういうシンプルなのがマジで欲しかった!!


前々作の「コテージガーデン」は、
ぶっちゃけ、最終ラウンドの流れがピンときませんでした。



盤面の狭さによるテンポの軽さとか、
わんこそばみたいに盤面がおかわりされるシステムとか、
花タイルとか手押し車とか猫とかは素晴らしかったんですが、
最後の〆がストンと落ちてこなかった。
あと、ついでに得点まわりもピンとこなかった。

結果、どうしてもそこら辺が引っ掛かって、
箱を開ける頻度が減ってしまったんですね。

その点、
スプリングメドウは、そういった違和感もストレスもない!

もちろん、あちらにはあちらの良さがありますが、
三部作の1作目のコテージガーデンから、
三部作の3作目のスプリングメドウへかけて、
ずいぶんと洗練されたように思います…!


もう1作品。
パズル系といえばの「クマ牧場」。



クマ牧場は良質なパズルゲームです!

自分だけのクマ牧場をつくるワクワク感と、
隅から隅まで計算され尽くされているような、
完璧とすら言えそうなゲームバランス。
その結果の高い収束性。

安心して初心者にオススメできます♪

ただ、あまりにも収束性が高すぎた結果――

201708まとめ-25
▲とあるボドゲ合宿のとき、
▲4人プレイで4人とも4スペースをパーフェクトという、
▲これ以上にない結果が出ちゃったんです。

完成度が高すぎて、天井が近いといいますか。
なんてか、根っからの優等生ゲームなんですね。

その点、スプリングメドウは、
見た目こそ優等生なんだけど心に何かを抱えているといいますか。
 
春の草原-o-46
▲なんたって、こんな形状のタイルのオンパレード…。

コテージガーデンのときから思っていましたが、
いくらなんでも、ひねくれすぎでしょう…!

おかげで、毎回のプレイ結果にブレが出やすいです。

サイズの大きなタイルを取れば、広く盤面を埋められるけれど、
タイルの形状にクセがあるから、なかなか都合よくいかない…。

で、そこも美点なんですね。

ゲームのセットアップがあっという間なのも手伝って、
何度でも、より良い結果を求めてトライしたくなります!!

春の草原-o-98
▲なかなか78点の壁を破れない星屑の図。


パズル系に関しては、
初心者卓にクマ牧場で、
通常卓にはスプリングメドウ。
インスタ映え卓にはコテージガーデン。
…みたいな住み分けに、ウチのボドゲ会ではなりそうです!


春の草原-o-41

ちなみに、
ウヴェさん作品が大好きなヤマシタさんいわく、
パズル三部作を順番にやっていくと、
よくぞ、ここまで…!
とシステムの変化に感動すら覚えるらしくて。

もし興味があって、
三作品を集合させられる方がいらっしゃいましたら、
ぜひぜひ試してみてください♪( ̄▽ ̄*)



スプリングメドウ 関連記事
コテージガーデン開封記事
コテージガーデンプレイ記

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2018/10/21 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 スプリングメドウ  
|
ボードゲーム
「遥かなる喜望峰」




★開封

喜望峰-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

喜望峰-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

思っていたより、だいぶコンパクトな箱でした。
そのジャケットは大きな港に所狭しと帆船が並ぶ美麗なイラストです!

喜望峰-o-03
▲箱のウラ面

七つの海を股にかける商人となり、
世界中の港で売買し、投資するという壮大なテーマ…!

拡張ルールが込み込みの決定版っていうのが嬉しいですね♪

喜望峰-o-04
スペック

プレイ人数2~5人で、
プレイ時間人数×10分
対象年齢10歳~となっています。

なお、2人プレイのときに限り、
専用ルールを使うスタイルのようです。



★箱をオープン!

喜望峰-o-05
▲一発目はルルブ

喜望峰-o-06
▲その下にコマ類があって、

喜望峰-o-07
カード類船コマ

喜望峰-o-08
▲最後についたてタイル台紙で、
▲内容物は以上でした!



★タイル抜き!

喜望峰-o-09
▲それでは、2枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

喜望峰-o-10
▲はい、完了…!

喜望峰-o-11
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

喜望峰-o-12
ルールブック(日本語・全24ページ)

全てのページのうち、半分が基本ルールに割かれていて、
残りが拡張ルールカードリストという構成です。

ページ数こそ多めですが、そのぶん図解も多く、
1ページあたりの文字数が少なくて読みやすくなっています♪

喜望峰-o-13
ついたて×5色・各1枚

各プレイヤーが、貨幣や資源を隠すためのついたてです。

内側は簡単なサマリーになっています。

喜望峰-o-14
船コマ×6色・各1個

プレイヤーたちが乗り込んで、
世界の港を渡ることになる帆船です。

黒い船は"海賊船"で、拡張ルールでのみ使います。

※一部の船コマは、船底にバリが残っていましたが、
 ヤスリでこすると楽に削ぎ落とすことができました。

喜望峰-o-15
▲手近にあったツメキリの裏を使用。


喜望峰-o-16
投資チップ×5色・各8個

各プレイヤーが、港への投資に使うチップです。

投資をすることで、その港からの収入が増え、
さらに勝利点の獲得を狙うことができます。

喜望峰-o-17
資源トークン×75個

左から果物香辛料黄金を表すトークンです。

貨幣とともに投資などのコストとして使用します。

喜望峰-o-18
貨幣チップ×40枚
勝利点チップ×28枚

ゲーム中に得られるチップ類です。

勝利点が全てというシステムのゲームですので、
ゲーム終了時に残った貨幣や資源はムダになってしまいます。
(※ムダにならない拡張ルールも収録)

喜望峰-o-19
スタートプレイヤーマーカー×1個

ゲーム開始時に"最近船に乗った人"が受け取るマーカーです。

受け取った人が、ゲーム中ずっと保持しておいて、
誰からスタートしたかを示します。

喜望峰-o-20
▲最後にカード類

喜望峰-o-21
母港カード×3枚

テーブルのド真ん中に配置するカードです。

ゲーム開始時、全ての船はここから出航して、
ゲーム中にも立ち寄る場所となります。

喜望峰-o-22
港カード×22枚

母港をぐるりと囲むように配置するカードです。

資源や貨幣を産出する生産港と、
資源や貨幣をトレードする交易港と、
資源や貨幣と引き換えに勝利点を得られる影響港の、
全3種類の港があります。

22枚のうち、1ゲームで使う港カードは7枚。
それも、配置される位置がランダムですので、
かなりリプレイ性が高くなっていますね♪( ̄▽ ̄*)

喜望峰-o-23
港カード(追加ルール)×2枚

【追加ルール】を導入する際に、盤面に加える港カードです。

収入で得られる資源が変動する生産港の長崎と、
海賊船を移動させることで他の港をふさいでしまう海賊島の、
合計2種類の港があります。

喜望峰-o-24
契約カード×15枚

【追加ルール:契約】を導入する際に使用するカードです。

母港への移動時、母港の収入を獲得する代わりに、
提示された条件を満たすことで勝利点などを得られます。

喜望峰-o-25
書簡カード×9枚

【追加ルール:書簡】を導入する際に使用するカードです。

ゲーム終了時、勝利点の計算での加点要素が増えます。



★どんなゲーム?


遥かなる喜望峰」は、
港をぐるぐる回りながら取り引きを繰り返すゲームです!

喜望峰-o-26
▲こんな感じで並べられた港を帆船で巡っていき…、

喜望峰-o-27
生産港で各種資源や、

喜望峰-o-28
貨幣といった収入を得て、

喜望峰-o-29
▲それらを交易港でトレードし、

喜望峰-o-30
▲肩入れしたい港に投資しましょう!

喜望峰-o-31
▲寄航した際に得られる収入は、

喜望峰-o-32
▲投資を行うごとに増えていき、

喜望峰-o-33
▲さらに、各港で投資数の多いプレイヤーは、
▲ゲーム終了時に勝利点を得られます…!

喜望峰-o-34
▲これに、影響港で得られる勝利点も加えて、

誰かが8投資を終えたラウンドの終了時、
いちばん勝利点を稼いだプレイヤーが勝者です!



★コメント


星屑の両親は、海外旅行が趣味ということで、
喜望峰なんて聞くと、それはもう目をキラキラと輝かせて、
それこそ遥かなる喜望峰に思いを馳せちゃったりするんですが、
星屑自身は、根っからのインドア派ということで、
喜望峰に特に思い入れはなく、この作品はスルーしていました。

ところが、ウチのボードゲーム会にて、
がろうさんという方が良ゲーだと大絶賛されていて、
折りしも、のぶさんという方が実物を持ち込んでくれたので、
せっかくだからとプレイさせてもらった結果――

はい、プレイ中にポチっちゃう、いつものパターン発動です…!

遊んでみて、めっちゃ気に入っちゃいました!!

このゲーム、やることについては、
投資したい港のコストとなる資源や貨幣を求めて、
円形に並べられた港をぐるぐると回るだけ
なんですが――

喜望峰-o-97
狙いが他の人と重なってしまうと、

船が大渋滞して余計なコストがかかったり、
投資数の首位争いが激化してしまったりして、
非常に美味しくない状況に陥ってしまいます…!

だからといって、
"ぼくの考えた最強ルート"をやすやすと明け渡すわけにもいかず、
しかし次善のプランを考えておかないわけにもいかず、
そうこうしている内に、
ノーマークの港も押さえられ始めちゃって……

てな感じで、もう本当に考えどころが多くて
それが面白いんです…!( ̄▽ ̄;)

ちなみに、
この"混み具合"はプレイ人数によって違いがあり、

とにかく出し抜くのに骨が折れる5人プレイから、

喜望峰-o-99
漁夫の利が発生しやすい3人プレイに、

喜望峰-o-98
よくバランスの取られている4人プレイと、

どの人数にも色があって、
それぞれ違ったプレイ感覚を楽しむことができます!

盤面はゲームごとに大きく変わりますし、
さらに追加ルールも全部盛り!!


もう、ずっと遊んでいられますね♪( ̄▽ ̄*)

そんなわけで「喜望峰」は、
当然のようにウチのボドゲ会の流行になりました!

喜望峰-o-35

安めの価格に、コンパクトな箱。
そしてシンプルなルールからの盛りだくさんの内容。

やりたいことは多いけれど、
ゲームは容赦なく進んでいって
あっという間に終わってしまう…!

直接的な妨害要素は薄いけれど、
プレイヤーたちの思惑が絡み合い
結果として自分の思い通りになりにくい…!

それでも、なんとか船と船の間をぬって、
お目当ての港を手中に収めると心の底から気持ちいい♪


そんなゲームです!( ̄▽ ̄*)



遥かなる喜望峰 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2018/10/18 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 遥かなる喜望峰  
|
ボードゲーム
「マス目野球エキサイトNeo」




マス目-r-01-01

★身内ルール紹介


前回の記事にて、
その面白さと奥深さをお伝えした「マス目野球」ですが、
最近は、内輪で独自のルールを用いて遊ぶことがあります。

というのも、

もっともっと駆け引きを楽しみたい!

2人だけでなく4人でも楽しみたい!

…との要望が出て、
そのための追加ルールを設けてみた次第でして。

元々が完成度の超高いゲームですので、
ともすれば蛇足になるやもしれませんが…( ̄▽ ̄;)

星屑としては、とても気に入っているルールですので、
ちょっと紹介させてもらいたいと思います!


さて、その追加ルールですが、
2つの要望に対して1つずつのルールがあります。

・もっともっと駆け引きを楽しみたい!
"タイブレーク"ルール

・2人だけでなく4人でも楽しみたい!
"バッテリー"ルール

それぞれ見ていきましょう!!



★"タイブレーク"ルール

①試合は0対0の延長11回からスタート

②背番号1のエースは降板している(登板できない)

③毎回ノーアウトでランナー1,2塁からプレイ


この「マス目野球」の美点の一つは、
簡単にランナーが塁に出ないことです。

バットをボールに当てるだけで、ひと苦労。
やっと当てたと思っても、なかなかヒットにならない。

それは、リアルの野球のままならなさをよく表していて、
おかげで1点がズシリと重いゲーム展開を味わうことができます。

一方で、バントや盗塁などが思いのままにできて、
塁上のランナーをめぐる駆け引きを楽しめるのも、
また「マス目野球」の大きな美点なのですが、

なにせ簡単にランナーが出ないので、
なかなか小技を使う機会に恵まれません。

そこで、
短時間での駆け引き勝負に特化してみようというのが、
この"タイブレーク"ルールです!


①試合は延長11回オモテから始まります。

マス目-r-01-02

早ければ1イニングで決着がつくということで、
延長戦という設定にしました。

また、スコアボードの都合上、
延長10回ではなく11回からとしています。


②背番号1のエースは登板させられません。

マス目-r-01-03

エースは先発して10回を投げぬいたという設定です。

背番号2ケタのピッチャーを登板させてください

さらに、お互いの同意の上で、
残りのピッチャーが2人しかいない!
…なんていう台所事情にするものいいでしょう。


③各回は無死1,2塁からスタートです。

マス目-r-01-04
▲延長11回の攻撃ですが、
▲まず、打順を通常通り自由に決めたあと、

マス目-r-01-05
8番バッターを2塁へ
9番バーターを1塁へ
▲それぞれ置きます。

マス目-r-01-06
アウトカウントは無し

マス目-r-01-07
▲こうして、
ノーアウトでランナー1,2塁からプレイボールです!

つづく延長12回以降は、
先頭打者の手前2人を塁に置いてください。

例えば、先頭が2番打者であれば、
9番打者が2塁で、1番打者が1塁ということになりますね。



さて、これで試合を始めると、
いきなり打者はバントかヒッティングかという2択を迫られます!

延長戦なので、なにがなんでも1点は欲しい。
しかしながら、バントを大失敗すると2死2塁になってしまう。
かといってヒッティングも簡単ではないし…。

そして、悩ましいのはピッチャーも同じで、
バントを警戒するとなると低めに投げにくいですが、
高めに投げた球を狙い打たれたら取り返しがつきません…!


加えて、延長戦を前提とすると、
打順の考え方も通常とは変わってきます。

初期配置の8番と9番に足の速い選手を置いて、
1番から強打者をズラリと並べてみるとか、

延長12回に突入すること前提で、
4番前後に足の速い選手をもってくるとか、

新たな試行錯誤が生まれるわけです!


短時間で高濃度の駆け引きを味わうのには、
この"タイブレーク"ルールが役に立ちます…!



★"バッテリー"ルール

・2人vs2人のチーム戦

・攻撃側は1人がバッターで1人がランナー

・守備側は1人がピッチャーで1人がキャッチャー


せっかくの「マス目野球」を、
2人だけでやらせておくのはもったいない!!

せめて4人でプレイできれば…( ̄▽ ̄ )

ということで考えてみたのが、
こちら"バッテリー"ルールです!

内容は、いたってシンプルで、
1チーム2人で役割分担をするというもの。


攻撃側は、
1人がバッター役で、もう1人がランナー役をやります。


バッター役は、ただただ打つだけ。

ランナー役は、進塁の判断や盗塁を担当します。

チャレンジプレーのするしないを決めるのも、
配球勝負中に「盗塁」と宣告するのも、
ランナー役の仕事です。

この分担制により、
思わぬヒットエンドランが成功したり、
あるいは三振ゲッツーなんてことも起こりえます…!


守備側は、
1人がピッチャー役で、もう1人がキャッチャー役をやります。

配球勝負で、
まずキャッチャー役が球種を決めて、
球種カードをピッチャー役に見せてから、
球種カード置きへ伏せて置きます。

ピッチャー役は球種を念頭に、
配球勝負マスにボール駒を置きます。

つまり、キャッチャー役が球種を決めて
ピッチャー役がコースを決める
わけですね。

マス目-r-01-34

この"バッテリー"ルールを導入すると、どうなるか…?

先日の印象的なリプレイで振り返ってみたいと思います!



対戦カードは、私星屑&妻しーぷの「タテジマ・エキサイト」と、
ゲーム仲間の飛熊(ひゆう)ハルキの「サムライ17・エキサイト」。

試合は5回を終わって2対1とタテジマがリードしていましたが、
6回オモテにタテジマ2番手ピッチャーがつかまってしまいます

マス目-r-01-08
▲2アウトながら、ランナー1,3塁。

マス目-r-01-10
▲ここで打席には、
相手チーム1の右の長距離砲…!

マス目-r-01-09
▲さて、タテジマのリアル夫婦バッテリーは、
▲このピンチを切り抜けられるでしょうか…?

なお、
キャッチャー役(=球種を決める)を星屑が、
ピッチャー役(=コースを決める)をしーぷが、
それぞれ務めています!


☆第1球

星屑「(とりあえず、)」
星屑「(簡単にストライクをとりにいくのは危ないので…)」

マス目-r-01-11
星屑ツーシームを要求。
※ピッチャーは左投げ

マス目-r-01-12

星屑「(ボール球になっていいから、)」
星屑「(苦手の外角に逃げていく感じで!)」

しーぷ「……」コクッ


そして、しーぷがおもむろに投じたコースは――

マス目-r-01-13

星屑「(うわっ!)」

飛熊(バッター)「では、バットはこちらに…」

マス目-r-01-14

星屑うわっ!!!


ここからボールはストライクゾーンに入ってきて、

マス目-r-01-15
▲バットのニアスポットで捉えられてしまいました!

その打球の勢いは、

マス目-r-01-18
▲サイコロで+3

マス目-r-01-17
▲バッティングアドヴァンテージで+3

マス目-r-01-16
▲コースアドヴァンテージで+1

3+3+1=7

打球の行方は――

マス目-r-01-19
大ファール!

星屑「タ、タイム!」

ハルキ(走者審判)「ターイム!!」

しーぷ「ふー、大きな当たりだったねぇ」

星屑「さっきコクッてうなずいたの、」
星屑「外角に逃がせって理解したんやなかったと!?」

しーぷ「いや、初球から攻めていけのシュートかと思って」

星屑「どんだけ強気なんかちゃ…( ̄▽ ̄;)」

しーぷ「大丈夫だってば」
しーぷ「あのコースは打ってもファールにしかならないから!」

星屑「なにそのドカベンに出てきそうなセリフ」
星屑「俺も言ってみたい…( ̄▽ ̄*)」

ハルキ「というか、バットを1マス右に出してたら、」
ハルキ「仮にストレートが来ても当てられてたんじゃ…?」

飛熊「もし、そうしてたら、」
飛熊「確かにシュートにもストレートにも対応できたけど、」
飛熊「今の打球はジャストミートになって、」
飛熊「結果はセンターフライだったよ」

ハルキ「うわ、ほんとだ…!」

飛熊「当たり所に救われたね…」

ジャストミート深いセンターフライ


☆第2球

星屑「(なんとか命拾いしたけど、)」
星屑「(これ以上、甘い球はやれんな…!)」

マス目-r-01-20
星屑チェンジアップを要求。

マス目-r-01-21

星屑「(今度こそ!)」
星屑「(今度こそ外してね!!)」

しーぷ「……」コクッ


そして、しーぷがおもむろに投じたコースは――

マス目-r-01-22

星屑「(うわっ!)」

飛熊「これはカーブ…いや、チェンジアップ一択でしょう!

マス目-r-01-23

星屑ぎゃあ!!!


ここからボールはアウトローに落ちてきて、

マス目-r-01-24
▲バットのアッパースポットで捉えられてしまいました!

その打球の勢いは、

マス目-r-01-27
▲サイコロで+4

マス目-r-01-26
▲バッティングアドヴァンテージで+3

マス目-r-01-25
▲コースアドヴァンテージで+0

4+3+0=7

打球の行方は――

マス目-r-01-28
▲これまた大ファール!!

星屑「タ、タイム!」

ハルキ「ターイム!!」

しーぷ「完全にバレテーラだったねぇ」

星屑「やけん、なんでボール球を使わんとよ…!」

しーぷ「気持ちよくストライクを先行させたくて、つい!」

星屑「なにそのピッチャーっぽい理由」
星屑「ちょっと納得しちゃったよ!」

しーぷ「だから大丈夫だってば」
しーぷ「フェアゾーンにさえ落ちなきゃこっちの勝ちだから」


☆第3球

星屑「(フェアゾーンに落ちなきゃ、か)」
星屑「(当たり前だけど、その通りかもしれんね)」

マス目-r-01-29
星屑スライダーを要求。

マス目-r-01-30

星屑「(ツーナッシングだし、)」
星屑「(遊び球があってもいいと思うけど、)」
星屑「(しーぷはどこに放ってくるんだろう…?)」


はたして、しーぷが投じたコースは――

マス目-r-01-31

星屑「(3球勝負か!)」

飛熊「ここまでの投球と会話を布石と考えれば、」
飛熊「ここでこそ外してくるはず…!」

星屑「(お?)」

飛熊「これは外へ逃げるツーシームか、」
飛熊「チェンジアップのどちらかでしょう!」

飛熊見送りで!!

しーぷ「やたっ♪」

星屑「よっしゃ!」

飛熊「え?」

マス目-r-01-32

しーぷヽ(≧∀≦) |ズ|バ|ッ|と|三|振|毎|度|あ|り|っ|!|(≧∀≦)ノ

飛熊「わ、マジですか!?」

ハルキ「まさかのド真ん中…」

星屑「見逃し三振…!」

しーぷやったね!

星屑うん!
星屑ナイスピッチ!!

マス目-r-01-33
▲終わってみれば三球三振の二者残塁で、
▲6回オモテのスコアボードに0を刻みました!



この試合、
中盤まではしーぷの投球にハラハラしていたんですが、
だんだんと、それも含めての面白みに気付き始めました。

しーぷには、ぼくにはとれない三振がとれる…!

1人でやれば早い話を、
わざわざ不自由な分業制にすることで、
自分には見られないはずの世界が見られるんですね。

もちろん、それが裏目に出てしまうことも多いですが、
バッテリーの2視点で楽しむ野球というのは、
とても味があるものだと感じました。

なにより、一つ一つの結果を分かち合えるチーム戦というのは、
対応人数が倍になること以上の意味があるように思えます!

マス目-r-01-35

ピタリと息を合わせていくのもよし。
合わない息を面白がるのもよし。


ままならない"バッテリー"ルールを、
ぜひぜひ試してみてください♪( ̄▽ ̄*)



マス目野球エキサイトNeo 関連記事
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2018/10/13 00:01】 | ルール説明 【タグ】 現実に迫れ!マス目野球エキサイトNeo  
|

ありがとうございます♪
ベリーマッチ・トイ
特にバッテリールール面白いです(^^)b
意思疎通の乱れ感がリアルですね〜(*^^*)

イベントにグループで来られた方が一緒に試遊され、チームを組む盛り上がりは実感していますが、分業制の不自由さはすごく面白いです(^^)b

私も複数でやる時はそのアイデア使わせていただきます(*^^*)

自分にない攻め方、自分にない感性に触れ、新たな発見もありそうですね♪


>>ベリーマッチ・トイさん
星屑トランペッター
コメントをいただき恐縮です…!

いつも対戦している私と妻が、
バッテリーを組んでみたらどうなるんだろう?

―というのがヒントになったバッテリールールなだけあって、
ほんと、ままならないことばかりなのに、
どう転んでも面白いから不思議なんですよね♪( ̄▽ ̄*)

これからもマス目野球を、
より一層、遊び倒させていただきます!!

コメントを閉じる▲
ボードゲーム
「マス目野球エキサイトNeo」




★開封

マス目野球-o-46
▲今回はボードゲームフェスタ7で購入しました!


★箱の外観

マス目野球-o-01
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

野球中継の一場面のような表紙です。
パッと見、ベイスターズカープの試合に見えますね。

マス目野球-o-02
▲箱のウラ面

かなり気合の入った説明書きです…!
ゲームの内容とか魅力とかに加えて、
なにより制作者さんの情熱が伝わってきますね♪( ̄▽ ̄*)

マス目野球-o-03
スペック

プレイ人数2人で、
プレイ時間90~180分
対象年齢10歳位~大人向けとなっています。

プレイ時間がめちゃくちゃ長く見えますが、
これは、あくまでフルイニングをプレイした場合です。
イニング数を7回とか3回とかに減らすことによって、
プレイ時間も短縮することができます。



★箱をオープン!

マス目野球-o-04
▲一発目はご案内

マス目野球-o-05
▲その下にカード類ダイスコマチップがあって、

マス目野球-o-06
ルルブはここ。

マス目野球-o-07
▲最後がゲームボードで、
▲内容物は以上でした!



★内容物

マス目野球-o-08
ルールブック(日本語・全8ページ)

かなり説明が丁寧なルルブです。文字多め。

ラストの8ページ目は、
ゲームに登場する選手たちの選手名鑑になっています。

マス目野球-o-09
ゲームボード×1枚

打球の行方を示すすごろくのようなマス目と、
いわゆる"野村スコープ"が目をひくボードです。

隅の方にカクテルライトがあるあたり、
球場はハマスタのイメージな気がしますね。( ̄▽ ̄*)

マス目野球-o-10
サイコロ×1個

ごく普通の6面ダイスです。

打球の強さの決定や、クロスプレイなどの判定に使います。

マス目野球-o-11
ボール駒×1個

白球のイラストがつけられた駒です。

ピッチャーが、ボールを投げ込むコースを示すのに使います。

マス目野球-o-12
バットカード×1枚(両面)

バットと、その当たり所が描かれた透明のカードです。

バッターが、スイングする位置を示すのに使います。

マス目野球-o-13
チップ×3種類

左から、
チームチップスコアチップカウントチップです。

ゲームボード上のスコアボードに置いて使います。

マス目野球-o-14
▲最後にカード類

マス目野球-o-15
球種カード×13枚(×2チームぶん)

自軍の登板しているピッチャーの持ち球に合わせて、
守備側のプレイヤーが手札として持つカードです。

登板中のピッチャーがイニングをまたぐごとに、
手札を1枚、捨てなければなりません。
(スタミナが減っていくという意味で)

マス目野球-o-16
選手カード×14枚(×4チーム)

投手5枚と野手9枚で1チームのカードセットです。

選手ごとに異なる能力を参照しながら、
プレイヤーは自由に継投や打順を組むことができます!



★どんなゲーム?


現実(リアル)に迫れ!マス目野球エキサイトNeo」は、
2人でプレイする本格的な野球シミュレーションゲームです!!

お互い、選手たちの巧打力長打力走力を見て打順を決め、
先発投手を指名したら、いざプレイボール!

マス目野球-o-17
▲まず、登板するピッチャーと、打順を迎えたバッターを、
▲それぞれグラウンドの定位置に配置します。

マス目野球-o-18
▲ピッチャーは、持ち球の中から、
▲バッターに投じる球種を選び…、

マス目野球-o-19
▲さらに、投げ込むコースを決めましょう。
球種カードは、ウラ向きでセットしておきます。

マス目野球-o-20
▲ピッチャーがコースと球種を決めたら、
▲バッターは、バットカードを使って、

マス目野球-o-21
スイングする位置を決めるわけですが、
▲このとき、どんな球種が来るか予測した上で、
▲ボールが変化する先にバットを出さねばなりません…!

投打ともに態勢が整ったら、

マス目野球-o-23
球種カードオープン

これにより、移動したボール駒を…、

マス目野球-o-24
▲バットが捉えたら、打球が飛ぶわけです!!

バットの真芯だけでなく、その十字方向のマスで捉えても、
バットに当たったことになります。
(それ以外なら空振り)

バッターが打ったら、
攻撃側プレイヤーはダイスを振って、
打球の勢いを出しましょう!

マス目野球-o-25
▲この出目の数値「」に、

マス目野球-o-26
▲バッターの"バッティングアドヴァンテージ"を加えます。
▲今回の場合は「+2」になりますね。
(※バットのどこでボールを捉えたかによって変化)

マス目野球-o-27
▲さらに、高めor真ん中のコースで捉えたら、
▲"コースアドヴァンテージ"で「+1」。

++=

今回の打球の勢いは「」になりました!
この数値を参照して、打球の行方を追ってみましょう。

マス目野球-o-28
▲まず、バットの真ん中で当てたので、
センター方向ジャストミートコース(赤ライン)へ打球は飛びます。
(※打球方向もバットのどこでボールを捉えたかによって変化)

マス目野球-o-29
▲打球の勢いは「」なので、
▲すごろくのように矢印にそって5マス――

ああ、残念ながら結果はセンターフライでアウトでした…( ̄▽ ̄;)

マス目野球-o-30

ちなみに、もしダイスの出目が「」ではなく、
」か「」だったら、センター前ヒットだったんですね。

もう少し打球の勢いが強ければセンター前に突き刺さってたのに!
もう少し打球の勢いが弱ければポテンヒットだったのに…!


なんて、いかにも野球の試合っぽい話だと思います♪( ̄▽ ̄*)

なお、出目が「」だったら、センターオーバーの二塁打で、
(さらに三塁を狙うこともできる)
もしも出目が「」だったら、なんとホームランになっていたあたり、
ちゃんとド真ん中をジャストミートのコワさも表現されていますね!



★試合は続いて…


上記の対戦、実は私星屑と妻しーぷで行っていたんですが、
せっかくだったので、そのまま続けてみました。

トップバッターが中飛に倒れた後、
2番打者がセンター前ヒットを放ち、
3番打者がバントを1球で決めて――

2死二塁の場面で4番打者の登場です…!

マス目野球-o-31

しーぷ「てか、1アウトから3番にバント?」

星屑「うん、いつもの俺なら、まずやらんっちゃけどさ、」
星屑金足農業の試合を観ててつい…」

しーぷ「ああ、なるほどね」

星屑「ともあれ、このチャンスで中村紀洋の出番や!」

しーぷ「え、どの時点のノリさん?」

星屑楽天のノリさんで」

しーぷ「了解了解」
しーぷ「ま、私の岩隈さんが抑えるんだけどね」

星屑「そっちはどの時点のクマさん?」

しーぷ「もちろんイーグルスのクマさんよ」

星屑「よっしゃ、楽天対決や!!」

マス目野球-o-32
▲あきらかにクマでもノリでもないけれども…( ̄▽ ̄ )

星屑「つーばさひろげてー♪」
星屑「いーまとびたとおー♪」

しーぷ「はーるかな♪」
しーぷ「そー♪」
星屑「ドン!」
しーぷ「らー♪」
星屑「ドン!」
しーぷ「へー♪」
星屑「ドン!ドン!ドンドンドドドド!」

しーぷ「ノリさんの応援歌、懐かしいね」

星屑「あのドラムは苦労した…!」

しーぷ「じゃあピッチャー岩隈、」
しーぷ「セットポジションから中村への1球目――」

星屑「(外角か)」

マス目野球-o-33

星屑「なら、外から内に来ると読んで、ここや!」

しーぷ「では球種カードをオープン!」

マス目野球-o-34
▲球種カードは「牽制」!

もしも、星屑盗塁エンドランを宣言していたら、
ランナーが牽制死していたところでした。


星屑「油断もスキも無いなァ…!」

星屑「けど、ノリさんが一振りで決めてくれるけん、」
星屑「リスクを冒してまで走らせんよ♪( ̄▽ ̄*)」

しーぷ「って言いながら走るのが星屑だから油断できないけど、」

星屑「(よく解っていらっしゃる!)」

しーぷ「まぁ、バッターに集中しましょうかね」

しーぷ「改めて、中村への1球目――」

星屑「(高め…!)」

マス目野球-o-35

星屑「(わざわざ、こっちの得意な内角に投げるとは思えんから、)」
星屑「(外に逃がして来るんじゃないかな)」

マス目野球-o-36

星屑「もしもスライダーかカーブなら大きいのが飛ぶぞ!」
星屑「どうだ!?」

しーぷ「じゃあ、球種カードをオープンするね」

マス目野球-o-37
▲球種カードは「ストレート」!
▲結果は空振りストライク!!

星屑「なにいいいいい!?」

しーぷ「へいへーい!」
しーぷ「バットとボールがこんなに離れてるよー!」

星屑「もし打たれたらヤバいコースなのに、」
星屑「なんて度胸だ…!」

しーぷ「続いて、ワンナッシングから2球目――」

星屑「(今度は低め…?)」

マス目野球-o-38

星屑「(これは落ちる球で空振りを誘ってるな)」

星屑「ここは見送りで!」

しーぷ「あらららー?」
しーぷ「そんな簡単に見逃しちゃって…」

星屑「え」

マス目野球-o-39
▲球種カードは「ストレート」!
▲結果は見逃しストライク!!

星屑「ぎゃあああああ!!!」

しーぷ星屑が考えること、」
しーぷ「手に取るように解っちゃうなぁ」

星屑「たったのストレート2球で追い込まれた…だと…?」

しーぷ「それじゃあ、ツーナッシングから3球目――」

星屑「ちょ、ま…」

星屑「(外角の高め…)」

星屑「(外してくるよな?)」
星屑「(簡単にツーストライクをとって、)」
星屑「(1球くらい、ボール球を投げるよな…?)」

星屑「(いやいや、俺がそう考えるのは読まれてる気がする)」
星屑「(だとしたら、ここは3球勝負で来るんじゃないか?)」

星屑「(よし、今度こそ裏をかかれないでやる!!)」

マス目野球-o-40

星屑俺は振る、振るぞ!!!

マス目野球-o-41

星屑「ツーシームかスプリットかチェンジアップなら当たる!!!」

しーぷやたっ♪

星屑

マス目野球-o-42
▲球種カードは「スライダー」!
▲結果は――

しーぷヽ(≧∀≦) |ズ|バ|ッ|と|三|振|毎|度|あ|り|っ|!|(≧∀≦)ノ

星屑「ああああああああああああああああああああ!!!!!」

しーぷ「クマさんなんだから、」
しーぷ最後はスライダーに決まってるでしょ?

星屑「そうだったああああああああああ!!!!!」



★コメント


先月、福岡県福岡市で開催されたボードゲームフェスタ7にて、

マス目野球-o-44
▲パンフを読んでいたところ、

マス目野球-o-45
あまりにも気になるサークルカットがあったので、

とりあえずチラシを頂きたいなとサークル出展ブースへ向かい、
せっかくなので軽く説明をと、お話を聞かせてもらって、
ついでに1打席だけプレイさせてもらった結果、
即決で購入したのが、この「マス目野球エキサイトNeo」でした!

いや、これ作り込みがハンパないわ!!!

それも、ゴチャゴチャしてるって意味での作り込みではなくて、
基本の「投げる」「打つ」のシステムがカッチリしていて、
その先の結果に一切の漏れがないというか。

どうボールが飛んでも、ランナーの動きで不自由することがなく、
バントもスクイズも、盗塁もエンドランも、ちゃんと機能する


どしっとした木の幹から、しっかりと枝が伸びているような、
そんな印象を受けたゲームなんですね。
(ゲームボードのグラウンドゾーンが"この木なんの木"に見える!笑)

その完成度のおかげで、
ぼくと同じく野球が好きな妻と、
というか野球観戦がキッカケで結婚した妻と、
がっつりと"野球をする"ことができました。

過去、妻とは、
野球盤やパワプロで野球をしようとしたことがあったんですが、
野球盤は動体視力の差で、ぼくと妻とでフェアにならず、
テレビゲーム慣れしていない妻にパワプロは難しく…。

その点、このゲームは、
反射神経も要らず、コントローラーも握らなくていいですので、
力加減とかハンデとか無しに、純粋に野球を楽しめたわけです。

(てか全力でぶつかって三球三振だったし…)

しかも、内容がガチガチの本格派で、
バットにボールが当たるまでには、運の要素が一切なく、
マジで真剣勝負の駆け引きをすることができます。


一方、打球の行方はダイス運に左右されるので、
バットに当たれば何が起こるか分からない面白さもあるんですよね。

そこら辺も、全体のバランスがよくとられていると思います。

マス目野球-o-43

ボードゲームで、ちゃんと野球がしたいのであれば、
これは本当にオススメの一箱です。

ぜひ、心理戦を読み切って奪う三振の爽快感や、
ダイス運を味方につけて打つホームランの気持ちよさを、
思いっきり味わってみてください♪( ̄▽ ̄*)



マス目野球エキサイトNeo 関連記事
身内ルール紹介

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2018/08/24 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 現実に迫れ!マス目野球エキサイトNeo  
|

ご購入ありがとうございます
ベリーマッチ・トイ
「マス目野球」でエゴサーチしていてこちらのブログをお見かけしました。
この度のイベントでは、当方のゲームをご購入いただき誠にありがとうございます。

丁寧に、尚且つとてもわかりやすくご紹介いただけて大変光栄です。感激しております。
対戦の様子も楽しく拝見させていただきました(^^)
ゲームを楽しんでいただけて、作り手としてこの上ない喜びです。

もしよろしければ、このご紹介いただいたページを、当方のブログでも紹介(リンク)させていただいてもよろしいでしょうか?

不都合な場合メールいただければ!

>>ベリーマッチ・トイさん
星屑トランペッター
こちらこそ、すばらしいゲームをありがとうございます!
おかげさまで、盤上で気軽に野球を楽しめるようになりました♪( ̄▽ ̄*)
(最近は、よくタイブレークの延長13回~という設定でプレイしています)

リンクの件、大変光栄です。
ぜひ、よろしくお願いします!

コメントを閉じる▲
ボードゲーム
「ドロップイット」




★開封

Dイット-o-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

Dイット-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

"ドロップ"というゲームタイトルの通り、
上からカラフルな図形的な何か落下しているイラストです。

図形は4色で、種類は正方形三角形菱形に、
それからタイトルの""にもなっているもありますね。

なんだか、算数の授業を思い出しますなぁ(* ̄▽ ̄)テーヘン カケル タカサ ワル ニ

Dイット-o-03
▲箱のウラ面

ゲームのプレイ風景の中心に、
デデーンと透明なスタンドがそびえ立っています!

Dイット-o-04
スペック

プレイ人数2~4人で、
プレイ時間30分
対象年齢8歳以上です。

下の項目も見てみると、
プレイするにあたっては、
テクニックが重要(5/5)で、
運の要素は控えめ(2/5)
入門難易度は易しい(5/5)とのこと。
右下だけ分かりません。
どなたか教えてください…!( ̄▽ ̄;)



★箱をオープン!

Dイット-o-05
▲一発目はルルブ

Dイット-o-07
▲その下に、プラスチック製の透明なボードがあり、

Dイット-o-08
▲底には土台木製のプレート

Dイット-o-09
▲最後にタイル台紙と、

Dイット-o-10
細長い何かがあって、
▲内容物は以上でした!



★タイル抜き!

Dイット-o-11
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

Dイット-o-12
▲はい、完了…!

Dイット-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。
▲珍しく10秒フラットでした!!

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★組み立て!

続いて、箱ウラの写真の中にもあった、
プレイボードを組み立ててみましょう…!

と、いっても、
透明ボード土台に挿し込むだけなので、
構造はいたってシンプルです!

Dイット-o-14
▲まず、土台には横一文字のスリットが入っていますが、

Dイット-o-15
▲スリットの一端にはストッパーがあって、
▲もう一端にはストッパーがありません。

透明ボードは、ストッパーが無い方から挿し込みます。

Dイット-o-16
▲このとき、透明ボードの円のマークが手前にくるようにして、
▲挿し込むようにしましょう。

Dイット-o-17
土台透明ボードを奥まで差し込んだら、
プレイボードは自立できるようになります!

Dイット-o-18
▲さらに、
土台には土台ボードをペタリと置いて、
透明ボードにはサイドボードをストンと落としましょう。

Dイット-o-19  Dイット-o-20
▲このとき、土台ボードサイドボードは、
A~Dのアルファベットが一致しなければなりません。

以上で完成です!!

Dイット-o-21
▲なお、プレイボード得点ボードと一緒に、
▲ゲームの内箱にセットすることもできます。



★内容物

Dイット-o-22
ルールブック(ドイツ語)

箱と同じ表面積のルルブです。

写真が多めに使われています。


Dイット-o-24
土台×1
Dイット-o-23
透明ボード×1

Dイット-o-25
土台ボードサイドボード×1セット

プレイボードにセットするボード類です。

×印が打たれている図形のコマが隣接すると、
その得点が0になることを表しています。

さらに、

Dイット-o-26
ヴァリアントルールで使用する、
▲色バージョンのボードも同梱。


Dイット-o-27
コマ×4種9枚・各4色

プレイボードへ落下させるコマです。

正方形三角形菱形が2枚ずつと、
が3枚ずつで1セットとなり…、

Dイット-o-28
▲これが4人ぶんで4セットあります。

Dイット-o-29
▲透明ボードの隙間と、コマの厚みの比較。



Dイット-o-30
得点ボード×1枚

5の倍数のマスにのみ数字がある、1マス1点のシンプルなボードです。

スタートのマスには、
得点トラックが時計回りであることを示す矢印があります。

Dイット-o-31
得点マーカー×4色・各1個

各プレイヤーの得点を記録するマーカーです。

プレイボードに落下させるコマと混ざらないよう、
厚みのある立方体になっています。

Dイット-o-32
得点タイル×4色・各1枚

片面が「+25」で、もう片面が「+50」のタイルです。

得点ボードは1周25点ですので、
2周目や3周目の突入時に出すことになります。

Dイット-o-33
ジョーカータイル×4色・各2枚

難易度を下げるヴァリアントルールで使用するタイルです。

得点の条件を満たせなかったときに使い捨てれば、
無条件で得点することができます。
(未使用でゲームを終えると1枚3点)



★どんなゲーム?


ドロップイット」は、
落ちモノ形のパズルゲーム(物理)です!

ゲームの目的と流れは実にシンプルで…、

Dイット-o-34
▲自分のターンに、手持ちのコマから1つを選び、

Dイット-o-35
▲そのコマをタイトル通り「落下」させることで、

Dイット-o-36
▲少しでも高い位置に着地させることを目指し、
コマの着地点の高さに応じた点数を得るというもの。

時計回りで順番にコマを落下させていって、
全プレイヤーが手持ちのコマを落とし切った時点で、
もっとも得点の高いプレイヤーが勝者です!



★得点

自分のターンにコマを1枚落下させた直後に、
そのコマの着地点の高さに応じた点数を得ます。

Dイット-o-37
▲例えば、落下させた赤の正方形コマが、
▲この位置に着地すると、

Dイット-o-38
▲この赤コマ5点のラインを越えていますので、

Dイット-o-39
赤プレイヤー5点を得ます!

もしも、もう1つ上のラインを越えることができたら、
5点ではなく6点を得られるということですね。

さらに、得点要素はもう1要素あって、
それが「ボーナス円」です。

Dイット-o-51
ボーナス円は、プレイボードに何ヵ所かあって、

Dイット-o-40
落下させたコマがボーナス円と重なれば
追加の点数を得ることができます!

ボーナス円大中小の3サイズがあり、
ボーナスは大なら1点、中なら2点、小なら3点です。



★ルール違反

さて、ここまで得点の話をしてきましたが、
実は、得点はルール違反を犯していると0点になってしまいます。

ルール違反の項目は4つありますので、
1つずつチェックしていきましょう。


同じ色との隣接

落下させたコマが、
同じ「色」のコマとくっついてしまった場合は0点です。

Dイット-o-41
▲いま、青の菱形コマを落下させましたが、

Dイット-o-42
▲この菱形コマは、
▲同じ青の正方形コマと隣接してしまいましたので、
▲ルール違反となり、点数が得られません。


同じ形との隣接

落下させたコマが、
同じ「形」のコマとくっついてしまった場合も0点です。

Dイット-o-43
▲いま、緑の円コマを落下させましたが、

Dイット-o-44
▲この円コマは、
▲同じ円のコマと隣接してしまいましたので、
▲ルール違反となり、点数が得られません。


土台タイル&サイドタイルとの隣接

落下させたコマが、
プレイボードの底辺や両端の辺にくっつき、
かつ、土台タイルやサイドタイルで×になっている形なら、
そのコマは0点
になってしまいます。

Dイット-o-45
▲いま、青の円タイルを落下させましたが、

Dイット-o-46
▲この円コマは、
▲プレイボードの左端の辺にくっついている上に、
▲くっついている辺は円がバッテンされているので、
▲ルール違反となり、点数は得られません。
(バッテンされているのが違う形だったらセーフ!)


高さ制限

落下させたコマが、
プレイボードの「上辺」をはみ出てしまった場合は0点です。

Dイット-o-47
▲この画像の例では、ピンクの横線が上限となります。
ラインの上からこんにちは!してしまうとアウツ!!

…以上、
同じ色同じ形を避けつつ、
外周のバッテンに注意し、
上辺も越えないように気をつけて、

得点を重ねていきましょう…!( ̄▽ ̄ )



★コメント


このブログの記事の大半がそうであるように、
未プレイのゲームを体当たりで購入することが多い私星屑ですが、
今回については、実際にプレイしてみてツボって
これは欲しいと強く思った上で、満を持しての購入となりました。

アリの巣の観察器具のような外観のボードゲーム「ドロップイット」です!!


▲アリの巣の観察器具

さて、
そんな感じで鳴り物入りの入団を果たした、
我が星屑軍の「ドロップイット」ですが、
これがまさかの受難に遭遇してしまうことになります。
それも2度!!

その内容というのが――


★星屑ドロップイットの受難

その1「ドロップしないイット」

ドロップイットというゲームは、
文字どおりコマを落下させるものですが…、

Dイット-o-48
▲この画像を見てください。

三角形のコマが落ちきらず、途中で止まってしまう…!

どうやら、
ぼくが手にした製品はプラスチック板の湾曲がひどく、
2枚の板の隙間が狭くなってしまっているようでして。

何度もコマを落としてみたんですが、
中央付近でピタリと止まってしまうんですね…。

対処として、
長い定規を重ねて入れっぱなしにすることで、
少しずつ湾曲を矯正してはいるんですが…、
ドロップしてくれないとゲームにならないので、
とても難儀です…( ̄▽ ̄;)


その2「ネコのトイレ」

こちらは自業自得の話なんですが。

先日、
大分市の猫カフェでのボドゲタイムで、
ドロップイットをプレイしている最中に、
外箱を置きっ放しにしてしまっていた結果…、
その中に猫が用を足しちゃったんです。

Dイット-o-49
▲よほど、しゃがみ心地が良かったんでしょうなぁ…( ̄▽ ̄ )

そんなこんなで、
残念な立ち上がりになってしまった星屑軍のドロップイットですが、
しかし、ゲーム自体はめちゃくちゃ気に入っています!



★お気に入りポイント

かなり扱いやすい!

自立型のボードにカラフルなコマという目を惹くルックスに、
自分の番ではコマを1つ落とすだけというルールの分かりやすさ
そして、30分以内で完結するお手軽さもあって、
ボードゲーム会で、どんな卓にでも出しやすいです。
3人プレイの場合は、4色目のコマを3等分することになりますが、
プレイしていて違和感なんかは特に感じません。
(2人プレイの場合は1人につき2色)


イメージと現実のギャップが笑える!

ここからこう落とせばこうなるだろう…!
…という思惑が、
あらぬ方向へ転がったり、
思いもよらない崩れ方をしたりして、
よく裏切られます

そこが面白い!!

考えに考えて落とした結果、
狙い通りになると歓声が上がり、
全く違う結果に終わると笑いが起こり、
ドロップイットをプレイしているテーブルは、
最初から最後まで雰囲気が良いです!

Dイット-o-50

逆に、難点を挙げるとすれば、
やっぱり一番は値段の高さでしょうか。

コンポーネントがコンポーネントなだけに、
ボードゲームではお高い部類になっていますね…。

そのぶん、モノはしっかりしていて、
(ぼくのはしっかりしすぎてたけど!笑)
お子さんでも、初心者さんでも、問題なく楽しめますので、
買って後悔することはないと思います。

落ちものゲームがお好きな方は、
ぜひぜひ試してみてください♪( ̄▽ ̄*)



ドロップイット 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2018/07/12 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ドロップイット  
|
ボードゲーム
「キキリッキー」




★開封

キキR-o-28
▲今回はイタリア土産です!!


★箱の外観

キキR-o-01
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

見るからに意地の悪そうな雄鶏が、
崖下のニワトリたちにタマゴをぶん投げているイラストです!!

というか、
投げても割れずに跳ね返ったりとか、
ヘルメット越しでも明らかに痛そうだったりとか、
この世界のタマゴはどんだけ頑丈なのかとツッコミたくなりますが、
そこはスルーしてウラ面も見ていきましょう…!

キキR-o-02
▲箱のウラ面

表紙のイラストをそのまんま製品化しましたという写真と、
3ヵ国語による概要があります。

キキR-o-03
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの15分
そして、対象年齢4~8歳となっています。

この対象年齢、私星屑が持っているボードゲームの中では、
圧倒的に低くて狭いですね…!

完全に子ども向けだよという表記ですが、
しかし、それをオトナたちが全力で遊ぶというのも、
また一興といえるでしょう♪( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

キキR-o-04
▲一発目は傾斜トラック(上)

キキR-o-05
▲間にコマ類ダイスを挟んでからの、

キキR-o-06
傾斜トラック(下)!!

キキR-o-07
▲そして、底にルルブがあって、
▲内容物は以上でした!



★組み立て!

このゲームの舞台となる"坂道"は、
2枚1組になっている黄色い傾斜トラックと、
ゲームの外箱内箱を使って組み立てていくようです…!

キキR-o-08
▲まず、傾斜トラック(下)内箱に挿し込みます。

キキR-o-09
▲同じ要領で、傾斜トラック(上)外箱にセットしましょう。

キキR-o-10
▲あとは、傾斜トラックを合体させれば、
坂道の完成です!!



★完成!

完成した坂道は…、

キキR-o-11
こんな感じになりました!

キキR-o-12
▲横から。
▲ほんと、箱の使い方が上手いですよね!( ̄▽ ̄*)

キキR-o-13
▲真横から見てみると、
▲わりと斜度が急なのがわかります。



★内容物

キキR-o-29
ルールブック(3ヵ国語・全12ページ)

イタリア語、スペイン語、ポルトガル語によるルルブです。

英語が入っていないのが心細いですね…( ̄▽ ̄;)

キキR-o-14
ニワトリ×4体

坂道の頂上を目指す、プレイヤーたちの分身です。

ニワトリなので、みんな身体の色は白く、
かぶっているヘルメットの色で誰が誰か判別します。

キキR-o-15
ダイス×1個

このゲーム専用のダイスです。

出目は「」「」「」「」の4面に加えて、
特殊な「雄鶏」が2面で、
合わせて6面となっています。

キキR-o-16
タマゴ×1個

雄鶏がニワトリたちに投げつけるタマゴです!

投げつけるといっても、
実際は、定位置から指で押し出して、
坂道を転がす感じになります。



★どんなゲーム?


キキリッキー」は、
物理的な妨害要素のあるすごろくです!

まず、すごろく部分は超シンプルで…、

キキR-o-17
▲順番にダイスを振って、自分のニワトリを進め、

キキR-o-18
最初に坂の上のマスに到達したプレイヤーが勝ち!というもの。

キキR-o-19
▲ちなみに、ニワトリの進行方向は、
▲各マスの矢印によって示されています。


さて、そんな単純なすごろくに、
ピリッとスパイスを効かせるのが――

キキR-o-20
▲専用ダイスの2面を占める「雄鶏」の出目です!!

雄鶏の目が出たら…、

キキR-o-21
▲坂の上に3ヵ所ある穴の1つを選んで、タマゴを置き、

キキR-o-22
▲そのタマゴを指で押し出すことができます…!

キキR-o-23
▲押し出されたタマゴは坂道を転がり落ちていって、

キキR-o-24
▲さながらボウリングのように、

キキR-o-25
▲ニワトリのコマを弾き飛ばし、

キキR-o-26
ライバルたちをスタートまで戻してしまうわけです!!

いかに、自分を巻き込まないようにして、
1羽でも多くのライバルを蹴落とすか――


タマゴを置く場所と、転がす方向については、
よくよく考えなければなりません…!



★コメント


星屑の弟分のなつくんが、
先日、出張でイタリアに飛んだ際に、
お土産として買ってきてくれたのが、
この「キキリッキー」でした!

お店に様々なボドゲが陳列されている中で、
キキリッキーを選んだのは、
内容が分かりやすそうだったから!
との本人の談で。

実際、私星屑は、
シンプルで分かりやすいゲームが大好きで、
これは、まさに星屑好みの作品です♪( ̄▽ ̄*)

キキR-o-00
▲イタリアのお店のショーウィンドウ。

キキR-o-99
▲有名なボドゲもちらほらありますね!


さて、そんなキキリッキーですが、
実際にプレイしてみると、
これが想像以上に盛り上がりました!!

キキR-o-31

とりあえず、
ボウリングの要領でニワトリをなぎ倒すのが、
思わずガッツポーズが出るくらい気持ちいい!


転がるタマゴの行き先を、
みんなで固唾をのんで見守って、
それが先頭集団をもろとも弾き飛ばそうものなら、
もう歓声やら悲鳴やらがすごいことになります!!

こんな小さな箱のゲームが、
大のオトナに大声を出させるなんて、
キキリッキー半端ないって…!
(↑いっぺん言ってみたかった)

キキR-o-32

それでいて、
意外とゲームバランスも良いようで、
ちゃんとゲームが成立して、完結します。
やりっぱなしなバカゲーではないんですね。

ただ、
作りとしては完全に子ども向けですので、
オトナが遊び続けていると、
どうしても飽きやすそうな印象を受けてしまいます。

しかし、せっかくのイタリア土産を、
ちょっと遊んでお蔵入りというのはもったいない…!

そこで思い出したのが、
ファニーバニー」という、
同じく子ども向けのすごろくゲームです。

ファニバニ-o-14
ファニバニ-o-15
▲ボッシュート系すごろく「ファニーバニー」。

ファニーバニーも、飽きやすいたぐいのゲームでしたが、
手札の枚数を1枚から2枚に増やして選択肢をつくったり、
動かせるウサギをいちばん遅れているものに限定したりと、
基本ルールを少し改造することで、
オトナが何度プレイしても盛り上がるものになりました


キキリッキーについても、くり返し遊んでいく中で、
いい感じにイジれたらなぁと思っています…!

すごろくなので、やっぱり、
移動のルールをアレンジしてみるのが手っ取り早いでしょうか。
定番の、ジャストで上がれないと跳ね返されるとか、
移動先に他のニワトリがいたら動けないとか。

ベースがガリガリにシンプルなゲームなので、
とてもイジり甲斐がありますね!!

キキR-o-27


なにはともあれ、
"ライバルはタマゴをぶつけて突き落としてしまえ!"
…なんて、コミカルで素敵なボードゲームを、
よくイタリアで見つけてきてくれたと感謝ばかりです。

星屑にとっての特別なボードゲームが、
また一箱、増えました!!

これは大切に大切に、
ボロボロになるまで遊び倒させてもらいたいと思います…!

なつくん本当にありがとね♪( ̄▽ ̄*)



キキリッキー 関連記事


ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2018/07/03 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 キキリッキー  
|
ボードゲーム
「SOSダイナソー」




★開封

SOSD-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

SOSD-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

もくもくと黒煙を吐き出す火山を背景に、
あわや恐竜が溶岩へと飲まれかけているイラストです…!

助け合う恐竜たちの姿と、"SOS"の文字から、
協力系の救出ゲームであることが何となく想像できますね。

SOSD-o-03
▲箱のウラ面

仏英独伊西の5ヵ国語による概要と、
盤面の写真です。

SOSD-o-04
スペック

プレイ人数1~4人で、
プレイ時間はやや短めの25分
対象年齢7歳~となっています。

1人でも4人でも、ゲーム内容に変化はありませんので、
4人以下であれば人数を問わず楽しめそうですね♪( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

SOSD-o-05
▲一発目は恐竜たちのフィギュアと、
▲"トレイの下に色々あるよ!"っていう紙でした。

SOSD-o-06
▲その下に布袋

SOSD-o-07
ルルブは、トレイを外したところにあって、

SOSD-o-08
▲その下に、タイル台紙と、

SOSD-o-09
ゲームボードで、内容物は以上ですね。



★タイル抜き!

SOSD-o-10
▲それでは、7枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

SOSD-o-11
▲はい、完了…!

SOSD-o-12
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

SOSD-o-13
ルールブック(5ヵ国語・全32ページ)

1ヵ国語あたり4ページのルルブです。


しーぷなんか、表紙の子たち、ポケモンっぽくない??

星屑ああ、言われてみれば、リザードとかタテトプスっぽいかも…?


その恐竜たちのフィギュアは――

SOSD-o-24
▲ティラノサウルスの「フレディ」、

SOSD-o-25
▲トリケラトプスの「マリー」、

SOSD-o-26
▲ディプロドクスの「ネッシー」、

SOSD-o-27
▲ステゴザウルスの「ルイス」、

以上4体となっています!

SOSD-o-14
ゲームボード×1枚

湖を中心に11×11マスの、正方形のゲームボードです。

恐竜や火山を置くマスには、そのイラストが描かれています。

SOSD-o-15
×4

ゲームボードの四隅に置く、雲に届くほどの大きな山です。

ここは恐竜たちの安全地帯であり、溶岩からの避難場所となります。

SOSD-o-16
火山×4

ゲームボードに4つ置かれる、溶岩流のスタート地点です。

火山は、花のイラストによって4色に分かれていて、
この4色は、溶岩タイルの4色に対応しています。

SOSD-o-17
尖った岩×4

ゲームボードに4つ置かれる、障害物です。

これがあるマスへは、
恐竜も溶岩も入ることができません。

SOSD-o-18
イバラ×5

尖った岩と同じ、障害物です。

ヴァリアント・ルールにより、
尖った岩だけでは物足りない場合、
差し替えや追加で配置することができます。

SOSD-o-19
恐竜の卵コマ×6

ゲームボードに6つ置かれる、得点に絡むコマです。

恐竜を生還させることで2点、
卵を救うことで1点になります!


ここからはタイル類

SOSD-o-20
火山タイル×4枚

溶岩流の行き場がなくなり、圧力が上がって、
火山が爆発してしまうと、火山の下から現れることになるタイルです。

火山は1方向へしか溶岩を流しませんが、
火山タイルは4方向へ溶岩を流します…!

SOSD-o-21
隕石タイル×6枚

布袋から引くことで、
隕石となってゲームボードに置かれるタイルです。

引いた隕石タイルと同じマークがあるマスに配置して、
以後、ゲーム終了まで障害物として残り続けます。

SOSD-o-22
溶岩タイル×48枚

布袋から引くことで、
溶岩となってゲームボードに置かれるタイルです。

溶岩タイルには、花のイラストが描かれていて、
その花の色によって、どの火山から流れ出るかが決まります。

さらに、溶岩タイルには、3種類のアイコンも描かれていて――

SOSD-o-33
▲引いたタイルのアイコンの指示には、
▲必ず従わなければなりません…!

この際、恐竜を移動することになったら、
引いたタイルの花の色以外の恐竜のみ移動させることができます。

SOSD-o-23
布袋×1

隕石タイル溶岩タイルを合わせて"危険タイル"と呼びますが、
これら全ての危険タイルを入れる袋です。

プレイヤーは、自分のターンになったら、
布袋から危険タイルを1枚引くことになります。



★どんなゲーム?


SOSダイナソー」は、
協力型の脱出ゲームです!

SOSD-o-28
▲突然、火山が噴火してしまった、
▲恐竜たちのすみかである"火の谷"を舞台に、

SOSD-o-29
恐竜の卵の回収と、
(回収=恐竜が卵のあるマスに入るだけでOK)

SOSD-o-30
恐竜たちの避難を目指します!!

なお、このゲームでは、
プレイヤーごとに担当する恐竜を決める…ということがありません

誰がどの恐竜を動かしてもOKですので、
みんなで話し合いながら、
計画的に恐竜たちを逃がしていくことになります。



☆自分のターンになったら…

SOSD-o-31
▲まず、布袋からタイル1枚引いて、

SOSD-o-32
▲引いたタイルを、
▲対応する火山の流れに沿うように配置しましょう。

SOSD-o-35
▲さらに、示されているアイコンの指示通りに、
恐竜を移動させたり追加のタイルを引いたりします。

SOSD-o-34
▲ここで、恐竜を移動させる場合、
引いたタイルに描かれている花の色と同色の恐竜は、
そのタイミングでは移動させられないことに注意です。



☆隕石タイルの配置

SOSD-o-40
▲もしも、布袋から引き当てたタイルが、
▲溶岩タイルではなく隕石タイルだった場合、

SOSD-o-41
▲隕石タイルと同じアイコンが示されているマスに配置して、

SOSD-o-42
▲そのマスは恐竜も溶岩も入れなくなります。

なお、隕石タイルの配置後、
恐竜1つ2マス移動させられます
(移動させる恐竜の色は自由に1つ選べる)



☆恐竜や卵の除去

もしも…、

SOSD-o-43
▲恐竜がいたり、卵がある場所に、

SOSD-o-44
溶岩が流れ着いてしまったり、

SOSD-o-45
隕石が直撃してしまったりした場合、

その恐竜や卵はゲームから除去され、
得られるはずだった点数を失ってしまいます…( ̄▽ ̄;)



☆火山の爆発

ゲーム中、

SOSD-o-36
▲引いた溶岩タイルを配置できる場所が、
どこにも無かったら

SOSD-o-37
火山爆発し…、

SOSD-o-38
溶岩流出先が増えます…!

これは、
溶岩タイルを置く場所の選択肢が増える反面、

SOSD-o-39
恐竜の逃げ場が減ってしまう可能性もありますので、
▲注意せねばなりませんね…。



…このように、
溶岩や隕石にヒヤヒヤしながら、
一歩ずつ地道に恐竜を動かしていって、
布袋の中のタイルがなくなるか、
全ての恐竜たちが生還するか除去されるかしたら、
ゲームは終了です。

SOSD-o-46
▲山に逃れた恐竜1つにつき2点と、
▲回収できた卵1つにつき1点の、
▲合計が、そのゲームみんなの得点となります!!



★コメント

完全にノーマークというか、実は存在すら知らなかったんですが、
先日のボドゲ会で、ボドゲ仲間のがろうさんはまちゃんから、
これは火山系のゲームが好きな星屑さんだったら買うでしょう!」と、
だから僕らは買わないでおきました!!」と、
アツい後押しを受けて、その場でポチることにしたのが――

この「SOSダイナソー」です!

実際、私星屑
アイランド」とか「大噴火」とか、
火山がテーマのゲームにロマンのようなものを感じまくっていて、
"ボルケーノ星屑"という二つ名を自分で名乗っていたりもしますので、
紹介してくれたがろうさんはまちゃんにはマジで感謝しています…!

さて、火山系のゲームといえば、

宇佐オープン16-07
▲逃げ遅れた住民が火山に放り込まれてしまう、
▲「ポンペイ滅亡」しかり、

20160319宇佐-16
▲なぜか溶岩流がプレイヤーを追尾してくる、
▲「マウナ・ケア」しかり、

とにかくシビアなものばかりですが、
そんな中にあって「SOSダイナソー」は、
協力型ゲームということに加えて、
7歳からという対象年齢もあってか、
難易度が低めに設定されているようですね。

とりあえず通常ルールでお試しプレイをしてみたところ、
(もしかしたらタイルの引きが良かったのかもしれませんが)
あっさりと完全勝利を達成することができました。

次はヴァリアント・ルールの「イバラ」を導入して、
高難易度にも挑戦してみたいですね。

その挑戦は別の話として、
もう1ゲーム、小学校低学年の子たちとプレイする機会がありまして。

対象年齢の下限付近の子たちにとって、
通常ルールの難しさはどんな感じだろう?
と見ていると、
恐竜も卵も、全て生還とはなりませんでしたので、
どうやら子どもたちにはしっかりと歯ごたえがあるレベルだったようです。

それに加えて、
ゲームの目的の分かりやすさや、
タイルの種類の少なさ、
そして、恐竜のかわいらしさを見るに、
ライトユーザーや、お子さんにちょうど良いゲームだと思いました。

ただ、お子さんが遊ぶにあたっては…、

SOSD-o-48
火山の破れやすさに注意しましょう。

油断していると、すぐにベリッといってしまいます。

一方で、恐竜フィギュアの方は頑丈にできているらしく、
移動のたびにバンバンと叩きつけられたり、
除去の際に放り投げられてしまったりしても、
破損することはありませんでした…( ̄▽ ̄ )セーフ!!

SOSD-o-47

2人でも3人でも4人でも、
人数に関係なくプレイできて、
(ついでに1人でのスコア・アタックも可能で)
1ゲームが30分で完結して、と、
かなり扱いやすい部類の協力ゲームですので、
ボードゲーム会に一箱あると、
良い調整役になってくれるかもしれませんね。

手軽な協力ゲームを求めている方は、
ぜひチェックしてみてください♪( ̄▽ ̄*)



SOSダイナソー 関連記事


ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2018/06/29 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 SOSダイナソー  
|
ボードゲーム
「プライバシー」




★開封

プライバシー-o-01
▲今回は博多のヨドバシカメラで買ってきました!


★箱の外観

プライバシー-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ピンクの、いかがわしさ全開なジャケットです…!
なにげにロゴがiCで""になっているんですね。

プライバシー-o-03
▲箱のウラ面

"みなさんは友人のことをどれだけ知っていますか?"
ってだけなら、ありがちなパーティーゲームっぽいですが、
問題は、その内容で――

プライバシー-o-04
スペック

プレイ人数5~12人で、
プレイ時間45分
対象年齢18歳以上となっています。
てかアイコン…( ̄▽ ̄;)

一応、プレイは5人から可能となっていますが、
ゲームのタイトルにもなっている"プライバシー"は、
人数が多ければ多いほど守られやすくなっているようです。



★箱をオープン!

プライバシー-o-05
▲一発目はルルブ

プライバシー-o-06
▲その下にゲームボードがあって、

プライバシー-o-07
カード類コマ類布袋

プライバシー-o-08
▲さらにカード類チェックシートがあって、
▲内容物は以上でした!



★内容物

プライバシー-o-09
ルールブック(日本語・1枚)

外装と同じく、ピンクと黒が主体のルルブです。

ゲームのプレイ方法が図解を交えて丁寧に説明されています。

プライバシー-o-10
スコアボード×1枚

ゲーム中の得点を記録するためのボードです。

よくよく見ると、これ得点トラックがアレで、
フィニッシュのマスが・・・なんですね。きゃー。

プライバシー-o-11
スコア用プレイヤーコマ×12個

スコアボードに乗せるためのコマです。

最大人数の12人ぶんあります。

プライバシー-o-12
キューブ×80個

質問への回答に使う2色のキューブです。

YESならピンクNOならのキューブで答えます。

プライバシー-o-13
巾着袋×1枚

回答代わりとなるキューブを投票する場所です。

巾着袋の色はまっ黒で、
投票の途中経過が見えないようになっています。

プライバシー-o-14
チェックシート×1冊

各質問に対する、みんなのYESの総数を予想して記入するシートです。

使い捨てですが、これでもかというくらいの枚数があります。

なお、このゲームには筆記具が付属されていませんので、

プライバシー-o-27
▲自前で用意しておきましょう。


プライバシー-o-15
質問カード×90枚

1枚につき4つの質問が記されているカードです。

ウラ面には1~4のいずれかの数字が振られています。

プライバシー-o-16
プライバシー-o-17
プライバシー-o-18
プライバシー-o-19

その質問の内容は、
きわめて性的なものだったり、政治的なものだったり、
はたまた非日常的なものだったりと、さまざまです。

ただ、日常生活で気軽に問えるものではないというのが、
ほとんどの質問に共通しています…!



★どんなゲーム?


プライバシー」は、
みんなのプライバシーを守りつつも、
みんなのプライバシーを探るゲーム
です!

具体的なゲームの流れは――


アクション1:質問

まず、そのラウンドのスタートプレイヤーが、
質問カードを1枚をめくります。

プライバシー-o-20
▲そして、めくったカードの4つの質問のうち、
山札の上の数字のものを読み上げましょう。

これが、そのラウンドの質問です!



アクション2:予想

続いて、プレイヤーたちは、
質問に対して、全プレイヤーの中で何人がYESと答えるか?
を予想します。

プライバシー-o-21
▲予想したら、YESの人数を自分のシートにチェック!



アクション3:投票

予想が終わったら、プレイヤーたちは、
質問に対する自分の回答をYESNOかで投票していきます。

プライバシー-o-22
YESならピンクのキューブを1個、
NOならのキューブを1個、
巾着袋の中に入れましょう。

ちなみに、
キューブは各ラウンドの最初に受け取ります。

この受け取り方がポイントで、
単にピンクを1個ずつ受け取るわけではなく、

プライバシー-o-23
▲1人につきピンクを合わせて6個、
▲無作為に受け取ることになっています。

こうすることで、
投票に使わなかった方のキューブから、
うっかり投票内容がバレてしまう…というのを、
防ぐことができるわけですね♪( ̄▽ ̄*)




アクション4:答え合わせ

全プレイヤーが投票したら、
スタートプレイヤーは巾着袋の中から全てのキューブを取り出して、
実際に何人が質問にYESと答えたかを数えます。

プライバシー-o-24
▲出てきたキューブのうち、
ピンクの数がYESと答えた人数です…!



アクション5:得点

YESの人数が判明したら、
予想の当たり具合に応じて得点が入ります。

プライバシー-o-25
ピタリ賞なら3点ぶん、
±1人の誤差なら1点ぶん、
▲それぞれスコアボードにある自分のコマを動かしましょう。



アクション6:プライバシー保護

最後に、
各自、自分のシートを塗りつぶすことで、
プライバシーを保護します。

プライバシー-o-26
▲回答にも予想にも、自分自身のものを含みますので、
▲予想から自身の回答が露見しないように、
▲しっかりと消しておきましょう。


こうして、ラウンドが終わったら、
スタートプレイヤーが時計回りで移り、
次のラウンドとなります。

ゲームは、誰かが30点に到達したラウンドで終了し、
最も得点が高いプレイヤーが勝者です!



★コメント


無類のピンク好きで、
私物の多くをピンクで揃えている私星屑
このゲームも同じ理由で揃えてしまいました。

色だけでなく内容もピンクな「プライバシー」!

まず、このゲームのすごい点ですが、
他人のプライバシーに切り込んでいくゲームでありながら、
各自のプライバシーを守る工夫が各所に散りばめられているんですね。

キューブの受け取り方しかり、
チェックシートの塗りつぶししかり、
また、答え合わせをした結果、
YESの人数が1人だけだった場合や、
NOの人数が1人だけだった場合には、
その1人が誰だかバレないよう、
決められた手順を踏まなければなりません。

質問の内容が過激な一方で、
システム周りは繊細な作りになっているというわけです…!


加えて、ゲームの方向性は、
個人のプライバシーを暴いていくというものではなく、
いわゆる「街角アンケート」のような、
"誰が"ではなく"何人が"にスポットを当てたものになっています。

うわ、意外と多いんだ…!
とか、
この中に1人いるのかー!!!
とか。

プライバシーがしっかりと保護されている中で、
身近な人たちの内面を、ちょっとだけ覗いてみる――


そんなことを可能にしてしまうなんて、まさに画期的なゲームですね!


とはいえ、
じゃあボードゲーム会で簡単に卓を立てられるゲームかというと、
いや、無理無理無理のカタツムリでしょう。やっぱり。

質問の内容、そして必要な頭数を考えると、
このゲームの主戦場は「飲み会」ということになりそうです。

ちなみに、
気心の知れた仲であればシラフでも余裕綽々だったりしますが、
学生時代からの腐れ縁メンバーでプレイすると、
もう誰がYESか容易に判ってしまって面白みに欠けました( ̄▽ ̄;)

プライバシー-o-28

これを一緒に遊べるほどの間柄で、
かつ、お互いを知りすぎていない程度の人間を、
10人前後集めて、場をセッティングする!
…というところから、
もうゲームは始まっているのかもしれませんね。



★おまけ

星屑が山札の上から10枚めくって答えてみた!

プライバシー-o-31
プライバシー-o-32
プライバシー-o-33
プライバシー-o-34
プライバシー-o-35
プライバシー-o-36
プライバシー-o-37
プライバシー-o-38
プライバシー-o-39
プライバシー-o-40

結果は――

プライバシー-o-41
YES3つとなりました。

ちなみに、2枚目5枚目8枚目NOです…( ̄▽ ̄ )



プライバシー 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2018/06/23 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 プライバシー  
|
ボードゲーム
「大宇宙すごろく」




★開封

大宇宙-o-01
▲今回はヨドバシ博多で買ってきました!


★箱の外観

大宇宙-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ジャケットには、
デデーンと菩薩さまがおらっしゃいます!

大宇宙-o-03
▲箱のウラ面

説明文には、
"憶千万年の概念"とか、
"音速大宇宙レースゲーム"とか、
やたら壮大なワードが目白押しです…!( ̄▽ ̄;)

大宇宙-o-04
スペック

プレイ人数は、やや多めの4~6名で、
プレイ時間は、短めの15分となっています。
対象年齢8歳以上です。

大宇宙の何たるかを理解できるかはともかく、
ゲームのルールなら九九の二の段ができれば理解可能かと思われます。



★箱をオープン!

大宇宙-o-05
▲一発目はカラフルなキューブ

大宇宙-o-06
▲その下にカードがあって、

大宇宙-o-07
▲最後にルルブと、

大宇宙-o-08
ゲームボードで以上でした!



★内容物

大宇宙-o-09
ルールブック(日本語・全2ページ)

1枚に両面印刷のルールブックです。

ごく真面目なルール説明が続くんですが、
その内容のスケールがいちいち壮大すぎるので、
読んでいて笑ってしまいます…!( ̄▽ ̄*)

大宇宙-o-10
大宇宙ボード×1枚

"大宇宙"を表す、すごろくのゲームボードです。

スタートとなる"爆誕"から、
ゴールとなる"億千万年の概念"まで、
間14マスのシンプルな盤面となっています。

大宇宙-o-11
×6色・各2個

プレイヤーの色を示す駒です。

1つは大宇宙ボードに置き、
1つは自分の前に置きます。

大宇宙-o-12
マッハカード×5種類・各5枚

大宇宙を駆けるために、
手札から出すカードです。

最初は全員が5種類のカードを1枚ずつ持っていますが、
出したカードは左隣のプレイヤーに渡りますので、
だんだんと手札の構成が変化していきます

また、ウラ面は貨幣になっていて、
菩薩へのお布施をする際には、
ウラ向きで自分の前に出さなければなりません。



★どんなゲーム?

大宇宙すごろく」は、
すごろく音速大宇宙レースゲームです!!

…もうちょい具体的にいうと、
バッティング系レースゲームです!

それでは、詳しいゲームの内容を見ていきましょう。

ゲームの各ラウンドは、

①大宇宙の喧騒
②俺の音速
③爆走する(orできない)俺ら
④大宇宙の秩序
⑤入れ替わる音速
⑥菩薩の慈悲


…という構成になっていて、
誰かが憶千万年の概念に到達するまで、
ラウンドをくり返しプレイします。



①大宇宙の喧騒

第1フェイズの大宇宙の喧騒は、
プレイヤー間での話し合いの場です。

せっかくやけん俺はマッハ5000で行くばい!
とか、
じゃあ被らんようにマッハ4000で行こうかな
とか、
いや、ぼくはマッハ5000でツッパるね…!
とか、
自分はお布施したいからマッハ1000で行きやす
とか、
これから自分がどのマッハカードを出すか表明したり、
出すカードを他のプレイヤーと示し合わせたりします。

このとき、手札さえ公開しなければ
本当のことを言っても、ウソを言っても、
ブラフをかけても構いません。

自分の思い通りの展開になるように、
上手くトークしましょう!



②俺の音速

第2フェイズの俺の音速では、
手札からマッハカードを1枚出します

直前の①大宇宙の喧騒を参考に…、

大宇宙-o-21
▲手札からマッハカード1枚を選んで
▲まずウラ向きで出してから、

全員のカードが出揃ったら、

大宇宙-o-22
せーの!全員一斉オモテを向けましょう



③爆走する(orできない)俺ら

第3フェイズの爆走する(orできない)俺らでは、
駒を進められるか進められないかの判定をします。

直前の②俺の音速で出したマッハカードが、

大宇宙-o-23
他のプレイヤーと被っていなかったプレイヤーは、
▲駒を進めることができて、

大宇宙-o-24
他のプレイヤーと被っていたプレイヤーは、
▲駒を進めることができません…!



④大宇宙の秩序

第4フェイズの大宇宙の秩序では、
直前の③爆走する(orできない)俺らで、
爆走できることになったプレイヤーのみ
自分の駒を進めます


爆走するプレイヤーたちは、
出したカードの数字が小さい順

大宇宙-o-25
マッハ1000につき1マス前進させます。

大宇宙-o-26
マッハ3000なら3マス前進ってことですね。



⑤入れ替わる音速

第5フェイズの入れ替わる音速では、
このラウンドに出したカードを
左隣のプレイヤーの手札に入れます

大宇宙-o-27
▲自分が出していたカードは、
左隣のプレイヤーに渡り、

大宇宙-o-28
▲右隣のプレイヤーが出していたカードが、
▲自分の手札に入るということですね。



⑥菩薩の慈悲

第6フェイズの菩薩の慈悲では、
この時点で最後尾のプレイヤーが
菩薩にお布施をし、そして慈悲を受けます

大宇宙-o-29
▲大宇宙ボードで最後尾にいるプレイヤーは、
(※複数なら全員)

大宇宙-o-30
自分の手札から1枚を、お布施として

大宇宙-o-31
▲他のプレイヤーに見られないように、
ウラ向きで自分の前に置かなければなりません

大宇宙-o-32
▲余談ですが、このとき、お布施したカードの上に、
自分の2個目の駒を置いておくと良いかもです。
(②俺の音速で出すカードと混ざらないように)

これで手札が減ってしまい、
俺の音速で出すカードの選択肢が狭まってしまいますが、
その代わり、菩薩の慈悲を受けます。

お布施をしたプレイヤーは、
これまでお布施したカードの枚数×2マスの前進をしなければなりません
(※拒否権なし!)

大宇宙-o-33
▲自分にとって初めてのお布施だったら、
1枚×2=2マス前進で、

大宇宙-o-34
▲自分にとって3枚目のお布施だったら、

大宇宙-o-35
3枚×2=6マス前進ということですね。


以上のラウンドをくり返して、
誰かが憶千万年の概念に到達した瞬間、ゲームセット!

到達したプレイヤーの勝ちとなります!!

※"到達"なので、オーバーランしてもOK



☆例外

この「大宇宙すごろく」は、
マッハで駆け抜けないと勝ちになりません。

どういうことかというと、
菩薩の慈悲によって憶千万年の概念に到達してしまった場合、
勝ちにならないのです…!


もしも、そうなってしまったプレイヤーは――

星くずとなり、昇天し、大宇宙から除外され、
ゲームから脱落します。


(ルールブックより)




★コメント


星くずになれるゲームがあるよ!!!

と、とあるボドゲ仲間が私星屑に紹介してくれたゲームが、
この「大宇宙すごろく」でして。

そりゃあ"星屑"と名乗っている人間としては、
スルーなんてできないし、
購入不可避だし、

もちろん星くずになりたいし!!

それで、ワクワクしながら、
買ってきて、箱を開けて、ルルブを読んで――

なんじゃこりゃあああああ!!!!!

確かに星くずにはなれるけど、
なったら昇天しちゃうし、大宇宙から除外されちゃうし、
ゲームから脱落しちゃうんじゃん…!


星くずになれると思って買ったのに、
それが敗北条件だなんて、なんてひどい…( ̄▽ ̄;)

とはいえ、
作中に星くずが登場するゲームは多くないので、
せっかくですし、ウチのボドゲ会で遊んでみました。

そしたらですね、
これが大好評っていうか、大爆笑!!( ̄▽ ̄*)

ルルブを読み上げるだけで笑いが起きるし、
ぼくが悲しみながら敗北条件についての説明をするだけで、
みんな大ウケしてくれるし、
ゲームを始める前から笑えるって、
これ実はすごいヤツなんじゃないでしょうか…?

さらに、ゲームのシステムの方も完成度が高く、
よくあるタイプの手札固定型バッティングゲームとはひと味ちがった、
変化に富んだプレイ感
を味わうことができます!

大宇宙-o-36

笑える、楽しい、軽いの三拍子が揃っていますので、
ボードゲーム会で5~6人浮いているときのチョイ出しなどに、
ぜひぜひオススメしたいタイトルですね♪



大宇宙すごろく 関連記事
→バッティング系レースゲーム「イモムシイモムシ

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2018/06/15 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 大宇宙すごろく  
|