RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
大分県別府市で開催された、
【第0回 誰でも出来るゲームだらけのアナログゲーム会】
に参加してきました!

170325別府-01

その模様を、私星屑視点で振り返って参ります♪( ̄▽ ̄*)


昨年12月以来となる、
大分県別府市でのアナログゲーム会。

今回は少し趣向が変わり、
"誰でも出来るゲーム"での、
"ガチで優勝を目指す大会"ということで、
主催のアダチさんが企画されました!

"誰でも出来るゲーム"とは、
まずルールが簡単で、説明がサクッと終わって、
プレイ時間も短く、すぐに決着がついて、
とにかく"みんなが参加しやすい"ゲームというイメージです。

こういうゲームであれば、
観戦している人たちも、すぐに状況が飲み込めて、
一緒に楽しむことができるのではないだろうか…?

そして、短期決戦ということで、
誰もが優勝を目指せるのではないだろうか…?

さまざまな狙いをもって、
ずっとアダチさんは企画を練っておられたようですね。

その結果、厳選された7つのゲームが、

170325別府-02
▲こちらでした!

それぞれのゲームで、
プレイヤーたちはガチで優勝を目指し…、

優勝者と準優勝者には、
大分県や別府市にちなんだ賞品が用意されているとのこと…!

ではでは張り切って、
星屑も貪欲に優勝をとりにいきましょう!!



★ストリームス

170325別府-03

もはや別府のアナログゲーム会では定番となっているゲームですね。

一発目は全員参加での"ストリームス大会"!

まずは1回、練習が行われてから、
2回目の本番が始まりました。

カードをめくるアダチさんに向かって、
感謝の声怨嗟の声が飛び交う中、
星屑は、やたら調子良く数字を書き込んでいって…、

最後の1枚が「5~7」なら…という場面で、

アダチさんがめくったカードは「」!!!

なんか以前にもアダチさんに見えたことがありましたが、
この日も星屑にはアダチさんにしか見えませんでした…!

結果は星屑が18連続の100点で優勝!!

ほとんどアダチさんのお陰なんですが、
本当に本当に嬉しかったです♪( ̄▽ ̄*)



★タンブリンダイス

170325別府-04

このゲームなんかは、
まさにこういう企画に向いているような気がします。

ダイス・アクションゲームの「タンブリンダイス」!

星屑はミディアム版しか持っていませんので、
県南のがろうさんにお願いして、
フルサイズ版をお持ちいただきました。

さて、予選が全3ゲーム行われた中で、
いちばんアツかったのは2ゲーム目でしたね。

やっさんminさんの女性対決は、
4倍ゾーンを奪われては奪い返し、
また奪われては奪い返すという、
まさに血で血を洗うようなシーソーゲームに…!

転がり落ちるダイスの行方に、
終始、会場中の視線は釘付けになっていました!!



★ソーリー!スライダーズ

170325別府-05

こちらもアクション系のゲームですが、
また少し方向性の違う「ソーリー!スライダーズ」。

いちばん印象的だったのは、
延長戦でのももこさん2連続ストライクでした!!

大事な場面で、きっちりとコマを穴に沈める姿は、
すごく見ていてカッコイイものですね!( ̄▽ ̄*)

そして優勝した寺嶋くんは、
初プレイにして完全にコツを掴み切ってしまっていました…!



★マタンガ

170325別府-06

この大会の組分けは、くじ引きによって決めていたんですが、
なぜだか女性は女性どうし、男性は男性どうしの組になりがちでした。

そして、そんな組み合わせが活きたのが「マタンガ」だったんです。

エンピツを奪い合うこのゲームで、
男性ばかりの組では、かなり激しい奪い合いになり、
女性ばかりの組では、かなり優しい奪い合いになり…。

"奪い合う"ことに変わりはないはずなんですが、
男性卓と女性卓ではプレイスタイルが全く違うという、
なんだか面白い光景を見ることができました!( ̄▽ ̄*)

そして、優勝したのは、
敗者復活戦から勝ち上がったタクトさん!!

このハードなゲームで連戦して、連勝してしまうなんて、
とてつもないタフネスと瞬発力でしたね…!



★ナインタイル

170325別府-07

主催者のアダチさん自身が、
ガチのガチのガチで優勝を狙いにいったゲーム「ナインタイル」!

しかし、その道は険しくて、
予選で相手にリーチをかけられ、
決勝で相手にリーチをかけられ…!

それでも、それでもアダチさんは、
追い込まれるたびに驚異的な集中力を発揮して、
宣言どおりに優勝の栄冠を勝ち取ってみせました!!



★くるりんパニック

170325別府-08

今回の大会で、ただ一つだけ電池を使用したゲームです。


▲参考動画

"1分間で落とさなかったメダルの数を競う"という、
時間制限ルールが追加されました。

星屑、密かにガチのガチで優勝を狙っていたんですが、
決勝戦であえなく敗退…( ̄▽ ̄;)

優勝したタクトさんは、これで2冠となりました!!



★カリスト

170325別府-09

今回の大会の中では、
いちばん難易度の高いゲームとなった「カリスト」。

こちらも、キリがないということで時間制限を設けて、
各プレイヤーは、およそ10秒以内でタイルを配置することに!
(ちなみに、この"10秒カリスト"は後に宇佐へ伝播しました…!)

決勝戦には女性3名とがろうさんが進出して、
最後の優勝者はがろうさんになりました!!



★表彰式

さて、ついに7タイトル全ての決着がつき、
いよいよ表彰式賞品授与の時間です!

170325別府-23
星屑は「ストリームス」で唯一の優勝♪( ̄▽ ̄*)

170325別府-24
2冠タクトさんがろうさんのお二方!!
▲そしてminさんは準優勝3回の好成績でした!

170325別府-10
▲こちらが賞品の数々!!!

賞品授与のルールは、
まず優勝者たちがくじ引きで順番を決めて賞品を選び、
次に準優勝者たちがくじ引きで順番を決めて賞品を選びます。

なお2冠以上の場合は、そのぶんだけくじを引けます。


星屑の狙いは"べっぴょん"のぬいぐるみだったんですが、
なんとアダチさんも"べっぴょん"狙い…!

※べっぴょん=別府市宣伝部長

"べっぴょん"のぬいぐるみを、
アダチさんが獲得して職場に飾るか、
星屑が獲得してコレクションに加えるか…。

アダチさん星屑のどちらが、
くじ引きでより小さい数字を引くかの勝負になりました!!

がろうさんが2枚引き、
タクトさんが2枚引き、
寺嶋くんが1枚引いて…、

袋に残るくじは2枚。

その片方を星屑が引いて、
最後の1枚をアダチさんが引きました…!

さあ勝負!!

170325別府-11
▲結果は…「」対「」で星屑の辛勝!!

なんという大接戦でしょうか…!
思わず星屑は飛び跳ねて喜んでしまいました!



…という感じで、寒い日のアツい大会は幕を閉じました。

なんというか、本当に最後の最後まで、
エキサイティングでドラマの多い大会でしたね!!

めっちゃ楽しかった…!( ̄▽ ̄*)

続く【第1回】の日程は未発表ですが、
ぜひ、また参加させてもらえたらと思います♪

主催のアダチさんミナミさん
そして参加者のみなさん、
良い一日をありがとうございました!


記事を閉じる▲

【2017/03/27 23:59】 | 遠征記 【タグ】 ボードゲーム会@大分県  
|
ボードゲーム
「アドレナリン」




★ルール説明:アイテムを拾う

アドレナリン-r-4-01


今回はアイテムを拾うアクションについて、
掘り下げていきたいと思います!


★3種類のアクション

走り回る
アイテムを拾う←今回
☆相手を撃つ



☆アイテムを拾う

アドレナリン-r-4-02
▲""のアイコンは"アイテムを拾う"ことを表しています。

これにより、
自分がいるスペースにあるアイテムを拾うことができます

そして、
その""のアイコンの前には"移動"のアイコンがありますので、

アイテムを拾うアクションをプレイすると、

アドレナリン-r-4-03
1スペース移動してから、

アドレナリン-r-4-04
アイテムを拾うことができます。

この移動は任意ですので、

アドレナリン-r-4-05
移動せずに、その場のアイテムを拾ってもOKです。

ただし、

アドレナリン-r-4-06
アイテムを拾ってからの移動はできません

オマケの1移動は、アイテムを拾う前のみ可能なわけですね!


こうして拾うことのできるアイテムには、
大きく分けて弾薬武器2種類があります。


★弾薬を拾う

弾薬を拾う場合は、次の手順を踏みます。

①その弾薬タイルを取り除く。

アドレナリン-r-4-07
▲自分が拾った弾薬タイルを、
▲ゲームボード上から取り除きます


②示されているキューブを自分の弾薬ボックスに補給する。

アドレナリン-r-4-08
▲例えば、この弾薬タイルを拾った場合、

アドレナリン-r-4-09
▲このように、
ボード外のキューブを弾薬ボックスに移動させます

ただし、
各プレイヤーに配られているキューブは各色3個ですので、
それを超える補給は無効になります

アドレナリン-r-4-10
▲例えば、弾薬ボックスがこのような状態で、
▲(つまり、黄色の大半が補給済みの状態で、)
▲この弾薬タイルを拾った場合、

アドレナリン-r-4-11
▲補給されるキューブは黄色1つだけで、
▲他は無意味になってしまいます…( ̄▽ ̄;)


③パワーアップ・カードが示されていたら1枚引く。

アドレナリン-r-4-12
▲拾った弾薬タイルにパワーアップ・カードの表記があったら、

アドレナリン-r-4-13
パワーアップ・カードの山札から1枚引きます

ただし、
手札に持てるパワーアップ・カードは3枚までですので、

アドレナリン-r-4-14
▲すでに手札にパワーアップ・カードが3枚ある場合は、
パワーアップ・カードを引くことはできません

死亡し、再出現(リスポーン)した場合のみ、
一時的にパワーアップ・カードが4枚になることがありますが、
それについては、また説明していきたいと思います。



④そのタイルを捨て札とする。

アドレナリン-r-4-15
キューブパワーアップ・カードの補給を終えたら、
使用済みの弾薬タイルは捨て札にします



★武器を拾う

武器を拾う場合は、次の手順を踏みます。
武器は、出現ポイントがあるスペースでしか拾えません。

①その出現ポイントにある武器カードを1枚選ぶ。

アドレナリン-r-4-16
▲自分がいる出現ポイントに対応する3枚の武器カードの中から、
1枚を選びます


②コストを支払う。

選んだ武器カードを拾うためには、コストを支払わなければなりません。

アドレナリン-r-4-17
▲一見、コストは武器カードの左上のキューブ…に見えますが、

アドレナリン-r-4-18
▲このうち、最上段のキューブについては支払う必要がなく
(最上段も支払うのはリロードのときのみ)

アドレナリン-r-4-19
最上段以外の全てのキューブを、

アドレナリン-r-4-20
自分の弾薬ボックスやパワーアップ・カードから支払えばOKです。
(弾薬ボックスとパワーアップカードを組み合わせて支払ってもOK)

アドレナリン-r-4-25
▲つまり、コストが1キューブの武器カードについては、
▲コストを支払う必要がありません…!( ̄▽ ̄*)


③その武器カードを手札に加える。

コストを支払った(あるいは支払う必要のなかった)武器カードは、

アドレナリン-r-4-21
自分の手札に加えます

手札にある武器カードには、もれなく弾薬が込められていますので、
いつでも撃てる状態になっています…!

ただし、
持てる武器カードは3枚までですので、

アドレナリン-r-4-22
▲すでに武器カードが3枚ある場合は…、

アドレナリン-r-4-23
▲自分が武器を拾ったことで空になった場所に、

アドレナリン-r-4-24
自分の武器カード1枚を、代わりに置かなくてはなりません。

このとき、代わりに置く自分の武器カードは、
手札にある〈装填済み〉のものでも、
プレイして〈弾薬切れ〉になっているものでも、
どちらでもOKです。

もし〈弾薬切れ〉武器カードを置いたとしても、
次に(自分を含む)誰かがその武器カードを拾ったときには、
その武器カード〈装填済み〉になっています。

きっと妖精さんか何かが弾込めしててくれるんでしょうね…!



弾薬にしても武器にしても、
持てる数には上限がありますが…、

このゲームでは「」と覚えておけば、
だいたい大丈夫そうですね!



アドレナリン 関連記事
→次回
開封記事
特集記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/24 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アドレナリン  
|
ボードゲーム
「アドレナリン」




★ルール説明:走り回る

アドレナリン-r-3-01


今回は走り回るアクションについて、
掘り下げていきたいと思います!


★3種類のアクション

走り回る←今回
☆アイテムを拾う
☆相手を撃つ



☆走り回る

アドレナリン-r-2-14
▲""のアイコンは"移動"を表します。

走り回るアクションには、
""のアイコンが3つありますので…、

アドレナリン-r-3-02
▲つまり、3スペースまで移動できるということです!

アドレナリン-r-3-03
▲なお、移動はタテヨコにしなければならず、

アドレナリン-r-3-04
ナナメへの移動はできません

ナナメに移動する場合は、2スペース移動する必要があります。

そして、
スペースとスペースの間には、

アドレナリン-r-3-05
〈壁〉と、

アドレナリン-r-3-06
〈ドア〉と、

アドレナリン-r-3-07
▲何もないパターンがあります。

この中で、

アドレナリン-r-3-08
〈壁〉だけは通過することができませんので、

アドレナリン-r-3-09
▲迂回して移動しましょう。

また、

アドレナリン-r-3-10
他のフィギュアがあるスペースへの移動は可能です。

アドレナリン-r-3-11
▲武器に中には、
▲自分と同じスペースにいる相手にダメージを与えるものもあります。



アドレナリン 関連記事
→次回
開封記事
特集記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/23 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アドレナリン  
|
ボードゲーム
「アドレナリン」




★ルール説明:ゲームの流れ

アドレナリン-r-2-22


今回は大まかなゲームの流れをまとめていきます!



★ゲームの目的


ゲームの目的は、
最も多くのポイントを獲得することです。

(- ルールブックより)


ポイントを稼ぐ手段は、いくつかあって…、

アドレナリン-r-2-01
▲相手にとっての1ダメージ目を与えると1ポイント獲得!

アドレナリン-r-2-02
▲1ターン中に複数のプレイヤーを死亡させると1ポイント獲得!

アドレナリン-r-2-03
▲相手が死亡したとき、
▲与えていたダメージを他のプレイヤーと比較し、
▲その順位によってポイント獲得!!
(1位なら8ポイント、2位なら6ポイント…)

アドレナリン-r-2-04
▲相手にトドメをさす"キルショット"の回数を他のプレイヤーと比較し、
▲その順位によってポイント獲得!!
(1位なら8ポイント、2位なら6ポイント…)


とにかく、相手にダメージを与えることがポイント獲得につながります!



★ゲームの開始


セットアップが完了したら、
スタートプレイヤーから時計回りで各プレイヤーのターンとなります

そして、各プレイヤーの1ターン目は、
自分のフィギュアを出現ポイントに配置するところからスタートします。




★出現場所


各プレイヤーの1ターン目には、
まだゲームボード上に自分のフィギュアがありません

そこで、決められた手順に沿って、
フィギュアを出現ポイントに配置します!


①パワーアップ・カードを2枚引く。

アドレナリン-r-2-05
▲まず、パワーアップ・カードの山札から2枚引きます。


②どちらか1枚を選んで手札に加える。

アドレナリン-r-2-06
▲2枚のうち1枚は、手札としてゲーム中に使用することになります。


③残りの1枚を公開し、自分のフィギュアを配置する。

アドレナリン-r-2-07
手札に加えなかった方のカード公開して、

アドレナリン-r-2-08
そのカードの色と同じ出現ポイントに、

アドレナリン-r-2-09
自分のフィギュアを配置します


④公開したカードを捨て札とする。

アドレナリン-r-2-10
▲公開したカードは捨て札になり、
手札には、公開しなかった方の1枚だけが残ります

このあと、そのまま通常どおりにターンをプレイしていきます。



★プレイヤーのターン


各プレイヤーがターン中にプレイする内容は、
全て「アクション・タイル」に示されています。

すなわち…、

アドレナリン-r-2-11
3種類のアクションの中から、

アドレナリン-r-2-12
▲プレイヤーは2アクションをプレイし、
(違うアクションを1回ずつでも、同じアクションを2回でもOK)

アドレナリン-r-2-13
▲ターン終了時にはリロード(再装填)ができるわけですね。

ここでは3種類のアクションについて、軽く触れてみましょう!


☆走り回る

アリーナを走り回ります!

アドレナリン-r-2-14
▲アイコンに""が3つあるとおり、
3スペースまでの移動ができます。


☆アイテムを拾う

弾薬や武器を拾います!

アドレナリン-r-2-15
手のアイコンの前に""が1つあるとおり、
1スペースの移動後にアイテムを拾うこともできます。

ただし、拾ってからの移動はできません


☆相手を撃つ

手札の武器カードをプレイすることで、相手を撃ちます!

アドレナリン-r-2-16
射的距離や、相手に与えるダメージなどは、
▲プレイする武器によって多種多様です。



★プレイヤーのターンの終了時


各プレイヤーのターンの終了時には、
リロードを含めた3つの処理が発生します。


①自分が望む枚数だけの武器のリロード

アドレナリン-r-2-17
▲手札からプレイして"弾切れ"となった武器カードは、

アドレナリン-r-2-18
▲カード左上のリロード・コストを支払うことにより、

アドレナリン-r-2-19
▲ふたたび手札に戻り、再利用できるようになります。

コストの支払いには、

アドレナリン-r-1-27
弾薬ボックス内の弾薬と、

アドレナリン-r-2-06
▲手札のパワーアップ・カードを自由に組み合わせられます!


②キルショットを受けている全プレイヤーボードの得点計算

そのターン中にキルショットを受けたプレイヤーがいたら、
得点計算が発生します。(キルショット=11ダメージ目)


③アリーナ内のアイテムの補充

そのターン中に拾われた、

アドレナリン-r-2-20
弾薬タイルと、

アドレナリン-r-2-21
武器カードは、

アドレナリン-r-1-10
▲れぞれの山札から全て補充します!

山札がなくなって補充できない場合、
弾薬タイルの方はリシャッフルしますが、
武器カードの方はリシャッフルしません



…と、いうところがゲームの流れです。

次回からは、これらを掘り下げていきたいと思います!



アドレナリン 関連記事
→次回
開封記事
特集記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/22 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アドレナリン  
|
ボードゲーム
「アドレナリン」




★ルール説明:セットアップ

アドレナリン-r-1-01


★全体のセットアップ


①ゲームボードを組み立てる。

このゲームの舞台となる"アリーナ"は、
2枚のゲームボードを組み合わせることによって完成します。

ゲームボードの組み合わせ方によって、
アリーナ内のスペースの数が変動し…、

アドレナリン-r-1-02
10スペース(プレイヤー3~4人向け)

アドレナリン-r-1-03
11スペース(標準的)

アドレナリン-r-1-04
12スペース(プレイヤー4~5人向け)

と、なります。

広い方が良いか、狭い方が良いか、プレイヤー間で相談して、
どの組み合わせにするかを決めましょう!


②キルショット・トラック上にスカル5~8個を配置する。

アドレナリン-r-1-05
▲ゲームボード左上のキルショット・トラックに、

アドレナリン-r-1-06
スカルを配置してきます。

スカルは5~8個の範囲で好きな数を配置できて、
スカルの個数が増えるにつれ、ゲームの長さが長くなります

こちらもプレイヤー間で相談して、個数を決めましょう!

なお推奨個数は、
初プレイ時が5個で、通常プレイ時が8個となっています。


③パワーアップ・カードの山札を配置する。

アドレナリン-r-1-07
▲全てのパワーアップ・カードをシャッフルして、

アドレナリン-r-1-08
ウラ向きでゲームボード右上に置きます。


④武器カードの山札を配置する。

アドレナリン-r-1-09
▲全ての武器カードをシャッフルして、

アドレナリン-r-1-10
ウラ向きでゲームボード右側に置きます。


⑤武器カードを出現ポイントに配置する。

アドレナリン-r-1-11
▲アリーナには3ヵ所の出現ポイントがあり、
(出現ポイント=キャラクターと武器が出現する場所)

アドレナリン-r-1-12
各出現ポイントの隣には、
3枚ぶん武器カードを置くスペースがあります。

つまり全体で、
3枚ぶん×3ヵ所=9枚ぶんのスペースがあるわけですね。

このスペースを武器カードで全て埋める必要がありますので、

アドレナリン-r-1-13
武器カードの山札から9枚を引いて、

アドレナリン-r-1-14
▲全てのスペースに武器カード1枚ずつ配置していきます。


⑥ポイント・トークンをまとめておく。

アドレナリン-r-1-15
▲3種類あるポイント・トークンを、
▲ゲームボード付近にまとめておきます。


⑦弾薬タイルの山札を配置する。

アドレナリン-r-1-16
▲全ての弾薬タイルをシャッフルして、

アドレナリン-r-1-17
▲ゲームボード付近にまとめておきます。


⑧弾薬タイルを、出現ポイント以外の全スペースに配置する。

アドレナリン-r-1-18
▲アリーナ内のスペースのうち、出現ポイントがあるスペース以外には、
▲"弾薬の補給ポイント"があります。

アドレナリン-r-1-19
▲この弾薬の補給ポイントがあるスペース全てに、
弾薬タイルオモテ向き1枚ずつ配置する必要がありますので、

アドレナリン-r-1-20
弾薬タイルの山札から引いて、配置していきます。


⑨スタートプレイヤーを選ぶ。

スタートプレイヤーの決め方は、特に指定されていませんので、

"銃器(含おもちゃ)の所持数が多い人"とか、

"ここ最近のアドレナリン分泌量が多い人"とか、

なんか適当に決めちゃいましょう!

アドレナリン-r-1-21
▲スタートプレイヤーに選ばれたプレイヤーは、
スタートプレイヤー・マーカーを受け取ります。


以上で全体のセットアップは完了です!



★各プレイヤーのセットアップ


①自分のぶんのコンポーネントを受け取る。

各プレイヤーは、自分が担当する色を決めてから、

アドレナリン-r-1-22
フィギュア×1体

アドレナリン-r-1-23
ダメージ・トークン×20個

アドレナリン-r-1-24
アクション・タイルボード×各1枚

…を、受け取ります。


②3色の弾薬キューブを3個ずつ取る。

アドレナリン-r-1-25
弾薬キューブは3色ありますが、
▲これを1色につき3個ずつ受け取ります。


③弾薬ボックスに、弾薬キューブを1個ずつ配置する。

アドレナリン-r-1-26
▲自分のボード右端の弾薬ボックスに、

アドレナリン-r-1-27
弾薬キューブ1色につき1個ずつ配置します。
残りはボード外にまとめておきましょう。


④セットアップの完了を宣言する。

アクション映画のヒーローっぽい台詞を何か言って、プレイの準備が完了したことを示す。
戦闘開始!」が一般的だが、アドリブでご自由にどうぞ。

(- ルールブックより)


星屑さあ狩りのシーズン到来だ!」←例

しーぷ…なんて言ってる人が真っ先に狩られるんだよね」←例


全プレイヤーのセットアップが完了したら、
いよいよアドレナリンがスタートします!!

アドレナリン-r-1-28



アドレナリン 関連記事
→次回
開封記事
特集記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/21 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アドレナリン  
|
大分県大分市で開催された、
「Nuko-mahi AnalogGame Off」さんの
"第11回1日ボードゲームデイ"に参加!!


170319大分-01
▲今回もコンパルホールでの開催でした!


大分市の猫カフェ「nuko-mahi」を主要拠点として、
アナログゲームを楽しんでいるサークル「NAGO(なーご)」。

そのNAGOの活動の一つ「1日ボードゲームデイ」に、
星屑、今回も参加させてもらいました!



★アルハンブラ

この日の星屑の一発目は「アルハンブラ」!

170319大分-02

ジャンボさん親子と私星屑と妻しーぷで、
アルハンブラ建築の出来栄えを競っていきます!!

さて、星屑のアルハンブラは、
どのようなカタチになっていきましょうか…?

170319大分-03
1回目の得点計算時

まだまだ小さなアルハンブラですが、
外壁が9本つながり、良い滑り出しとなりました!

170319大分-04
2回目の得点計算時

だいぶ大きくなった星屑のアルハンブラ。
外壁の長さも順調に伸びています…!

170319大分-05
3回目の得点計算時

これで完成です!
最終的な外壁は16本になり、
大満足の仕上がりとなりました!!

170319大分-06
▲ゲームは星屑130得点で勝利。

なお、ジャンボさん親子対決は、
10095娘さんに軍配があがりました!



★ロイヤルターフ

テーブルのメンバーがシャッフルされて6人になり、
昼食前最後のゲームは「ロイヤルターフ」に決まりました。

170319大分-07

星屑は初プレイで、
どんな感じになるのかとドキドキしていたんですが…、

これが大きく荒れた展開になります!

170319大分-08
▲第2レースでは、
▲スタートを大失敗してしまった"レッドカーペット"が、

170319大分-09
▲怒涛の追い込みで2着に滑り込んだり…、

170319大分-10
▲第3レースでは、
▲見事にロケットスタートを決めて、
▲他馬に周回差をつけんばかりだった"スノーホワイト"が、

170319大分-11
▲ゴール前でつかまって、まさかの2着になってしまったり…!

プレイヤー6人の思惑が、ぐちゃぐちゃに混ざり合って、
本当に最後の最後までハチャメチャな3レースでした!!

170319大分-12
星屑は合計で1,100円を獲得。

なお、ゲームはしーぷ1,750円で勝利しました!



★コードゼクス

2ゲームを消化したところでお昼になり、
星屑しーぷは食事に行くことにしました。

と、そのとき、「コードゼクス」の卓からお呼びがかかります。

星屑さんだったら、この答えが分かると思いますよ…!」

170319大分-13

星屑「えっと、これはどういう意味なんですか?」

6文字のコトバを当ててもらっているところなんです」
子音が"TRNPTT"なんですが…、」

星屑「(あえて星屑に投げてきたということは、)」
星屑「(このコトバは星屑の身近にあるものか…!)」

星屑「!」

星屑「わかった!」
星屑「わかりましたよ!!」

星屑「この6文字のコトバは…」

星屑「"トランペット"」

星屑「ですね!」

「正解です!!」

星屑「これ、しーぷも分かると思うよ!」

しーぷ「え、ぜんぜん分かんない…」

星屑「ヒントは、俺のボードゲーム以外の趣味」

しーぷ「えーっと、星屑の趣味が多すぎて…」

星屑「あー、逆に分からんか…」

それでも最後には、
ちゃんと"トランペット"だと分かってもらえました。( ̄▽ ̄ )



★お昼ごはん!

星屑しーぷは、
コンパルホールからほど近い大分駅へと歩いていって…、

駅ビルにある「ビーフブラザーズ」というお店で、

170319大分-14
炭焼ビーフ丼(880円)

170319大分-15
炭焼ポーク丼(880円)

170319大分-16
サイドメニュー(各100円)

がっつり系のメニューを食べて腹ごしらえをして、
ボードゲームデイの後半戦に備えました…!( ̄▽ ̄*)



★ターゲット

星屑の午後イチは「ターゲット」!

170319大分-17

最近、星屑が入手したばかりのゲームなんですが、
みんな、なかなかダイスを的に乗せられず、
大苦戦してしまいます!!

170319大分-18
▲結局、的のド真ん中を捉えたのはぶちょーさんだけ…!

勝者が3人並びましたが、
MVPは間違いなくぶちょーさんでした!( ̄▽ ̄*)



★ワイナリーの四季

同じ県北勢のもっちさんが持ち込んだゲームの一つ、
ワイナリー経営ゲーム「ワイナリーの四季」です。

170319大分-19

"下戸のサラブレッド"の称号を欲しいままにしている星屑ですが、
ワインゲームをプレイしても酔うことはないはずですので、
安心してワイナリーを経営して参りましょう…!

170319大分-20
パパとママからの遺産を相続するところからゲームスタート!

170319大分-21
▲まずは、ブドウを植樹するために必要な貯水タンク建設します。

170319大分-22
▲そして"ソーヴィニヨンブラン種"のブドウを植樹
▲この樹からは白ブドウが採れるようですね。

しかし、これテストで出たら書ける気がしないなぁ…( ̄▽ ̄;)

170319大分-23
▲さらにブドウ棚を建設してから、
▲"耕作人"の力も借りて、ブドウ畑を賑やかにしていきます…!

170319大分-25
▲そして季節は冬になり、畑からブドウを収穫!!

170319大分-26
▲収穫したブドウは、醸造してワインにします!

こうして苦労して完成させたワインを出荷することで、
勝利点を稼いでいくんですが…、

勝利点を稼ぐ方法は他にもいくつかあります。

その一つが、

170319大分-28
▲一部の"訪問者"たちです!

こちらの"招待講演者"は、
プレイヤーたちに低コストでワーカーを提供する見返りに、
勝利点を得ることができるという冬季の訪問者。

この提示を、もっちさんはまちゃんが受けてくれたおかげで、
星屑2勝利点を得ました!

その後で、

170319大分-29
星屑はワインを出荷して6勝利点を獲得!!

このラウンドの開始時には13勝利点だった星屑ですが…、

170319大分-30
▲一気にゲーム終了条件の20勝利点を超え、
▲そのままゲームに勝ちました!!!

これ、もし先に出荷をして19勝利点になっていたら、
誰も"招待講演者"の提示に乗ってはくれなかったことでしょう…!

順序を逆にしたことで、
星屑は奇襲を成功させることができました♪( ̄▽ ̄*)

170319大分-31

…なんて、終盤こそ勝ち筋を探ってしまいましたが、

設備を整えて、植樹して、収穫して、醸造して…と、
本当に"ワイナリーの四季"を体感できる面白いゲームでした!



★その他

170319大分-32
▲「ブラッドバウンド

まさか妻をナイフで刺すことになるとは…。
そして妻にナイフで刺されることになるとは…!


初めてプレイしたんですが、
すごくハラハラドキドキで楽しかったです!!

やっぱり12人プレイって良いですね♪( ̄▽ ̄*)


170319大分-33
▲「モニャイの仮面

みんなの力を合わせて、無事に集合させることができましたが、
星屑は粘土の練習をする必要がありそうです…( ̄▽ ̄;)

そして次回は、ぜひ語尾に"ラパ"をつけてプレイしてみましょう♪


170319大分-34
▲「ダイス・スター

みなさんが3ケタ得点でデッドヒートしている中、星屑だけ64点…。
欲にかられた結果がこれだよ…( ̄▽ ̄ )

つ、次こそは…!



と、いったところで20時になり、

170319大分-38
▲この日も11時間に渡るゲームデイが終わりました!

それにしても、
やっぱりNAGOさんのカタン率はすごいですね…!( ̄▽ ̄*)



★中村屋さん!

ゲームデイの後は「中村屋」さんへ。

170319大分-35
▲「スコットランドヤード・スイス」

序盤こそ見事に捜査網を突破した怪盗ぶちょーでしたが、
最後はまるっと包囲されて、お縄となりました…!


170319大分-36
▲「バベル

思い出すだけでも寿命が縮みそうなゲームでした!

8段目を担当した星屑ですら脂汗がダラダラだったのに、
その上のつつみさんしーぷの胸中を察したら…。

しかし、なにかを乗り越えて掴んだ勝利というものは、
格別なものなんですねぇ…( ̄▽ ̄ )


それから、
おしゃべりしたりボードゲームしたりして…、

170319大分-37

深夜1時半頃にお開きに。

いやぁ、妻しーぷともども、
本当に丸一日、ボードゲームを堪能させてもらいました!!


NAGOの皆さん、
今回も本当にありがとうございました!



記事を閉じる▲

【2017/03/20 23:59】 | 遠征記 【タグ】 ボードゲーム会@大分県  
|
ボードゲーム
「ダイス・スター」




★開封

ダイススター-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

ダイススター-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

そのタイトルの通り、
"ダイス"の出目に"スター"がありますね…!

ダイススター-o-03
▲箱のウラ面

内容物もルールもシンプルなようです。
そして箱もコンパクト!

ダイススター-o-04
スペック

20分という短時間で、さらにソロプレイまで可能です。
ソロプレイの場合は、仮想敵との対決になります…!



★箱をオープン!

ダイススター-o-05
▲一発目は布袋

ダイススター-o-06
▲その下にダイスと、

ダイススター-o-07
シートの束

ダイススター-o-08
▲底にルルブで、以上でした!



★内容物

ダイススター-o-09
ルールブック(日本語・全8ページ)

書いてあることは少なめです。
最終ページにはソロプレイルールが載っていました。


ダイススター-o-10
スコアパッド×1冊

1人につき1枚を配布して、
各自ペンで書き込んでいく方式ですね。

ダイススター-o-11
スコアパッドの厚さ

ちなみに両面印刷ですので、この2倍あることになります。
記入には、裏移りしないボールペンなどがオススメ。( ̄▽ ̄ )


ダイススター-o-12
ダイス×14個

色によって個数が違います。

そして、
黄色ダイスの出目は「☆☆3456」で、
他のダイスの出目は「☆23456」です。


ダイススター-o-13
布袋×1つ

ダイスを入れるための袋ですね。
しっかりとロゴが入っていてカッコイイ…!( ̄▽ ̄*)



★どんなゲーム?

詳細はまたにして、ざっくりとまとめてみましょう。

自分のターンが回ってきたら…、

ダイススター-o-14
布袋からダイスを引いて

ダイススター-o-15
引いたダイスを振って

ダイススター-o-16
全員の中央にある〈リザーブ〉に加えます

そして、この〈リザーブ〉からダイスを受け取って
結果を自分のスコアシートに記入していきます

その際、"同じ種類"のダイスは全て受け取らなければなりません

"同じ種類"というのは、3パターンあって…、


・「同じ色」のダイスを全て受け取る

ダイススター-o-17
同じ色を受け取った場合は、

ダイススター-o-18
スコアシートのタテ列に記入していきます。
(受け取ったダイスと同じ色の列です)

スコアシートへの記入方法ですが、

まず、受け取ったダイスの個数ぶん
上からマスを埋めていくことになります。

そのマスのうち、
いちばん下のマスには「受け取ったダイスの出目の合計」を、
他のマスには「×」を記入しましょう。


・「同じ数字」のダイスを全て受け取る

ダイススター-o-19
同じ数字を受け取った場合は、

ダイススター-o-20
スコアパッドのヨコ列に記入していきます。
(受け取ったダイスと同じ出目の列です)

スコアパッドの記入方法は、タテ列のときと似ていて、

まず、受け取ったダイスの個数ぶん
左からマスを埋めていくことになります。

そのマスのうち、
いちばん右のマスには「受け取ったダイスの出目の合計」を、
他のマスには「×」を記入しましょう。

もし、すでに埋まっているマスがあったら、
そのマスは飛ばして、左詰めで空きマスを埋めていきます。

また、ヨコ列にはボーナススペースがありますので、
右側の緑色のマスまでは、はみ出して記入することができます。

なお、タテ列でもヨコ列でも、
マスに空きがない状態でダイスを受け取ってしまうと、
ペナルティを受けて、ゲームが終了してしまいます…。



・「星」のダイスを全て受け取る

ダイススター-o-21
を受け取った場合は、

ダイススター-o-22
スコアパッドの倍率スペースに記入します。

受け取ったダイスの個数ぶん
倍率スペースの好きなマスに「×」を記入しましょう。

倍率スペースヨコ列で見て…、

同じ行が「×」で全て埋まっていれば、その列の点数は「2倍」に、
同じ行に「×」が1つもなければ、その列の点数は「1倍」に、
同じ行に「×」があり、かつ埋まり切っていなければ0倍」に、
それぞれ点数が変動することになります。


こうしてターンが回っていって、

ダイススター-o-23
▲誰かが目的スペースを全て埋めるか、
▲あるいはペナルティを受けると…、

ゲームが終了し、得点計算となります。

ダイススター-o-24
▲各プレイヤーは自分のスコアシートを、
ヨコ列で見て、行ごとに数字を合計し、

ダイススター-o-25
▲さらに、各行の倍率スペース0倍2倍された数字の合計が、
▲自分の得点です。

この得点が最も高いプレイヤーが勝者となります!



★コメント

星屑"星"と付いていたら条件反射でポチる癖があり、
この「ダイス・スター」も、気が付いたらポチってしまっていました!

ルールは思ったより難しそうかと思いきや、
いっぺん回してみるとピンとくるような内容です。

"ダイスゲーム"というのは、それこそ星の数ほどありますが、
この「ダイス・スター」は、その中で光るものがあるのでしょうか…?

明日からのボードゲーム会で、プレイしてみたいと思います!( ̄▽ ̄*)



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/18 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ダイス・スター  
|
ボードゲーム
「アイスクール」




☆プレイ動画その1

アイスクール-d-1


【大分県宇佐市でボードゲーム第25回】にて撮影した、
アイスクール」のプレイ動画を編集してみましたので、
ここに貼り付けてみたいと思います!


★第1~2ラウンド



第2ラウンドでは、
星屑が2度も他のペンギンを生贄に捧げる鬼畜プレイングを見せ、
星屑らしい見せ場(?)をつくりました…!

これぞ必殺の生贄大作戦【スターダスト・サクリファイス】!!

それにもかかわらず、
星屑に肉薄していた風紀委員を飛ばしてくれた上に、
ガードマンにまでなってくれたがろうさんには、
もう感謝感激雨アラレです…!( ̄▽ ̄*)

今回はご恩に報いることができませんでしたが、
いつか必ずお返ししますね!



★第3~4ラウンド



そして最後は、ぜんぶ青葉さんが持っていっちゃいました!

ミスショット…からの、

アイススケートで2枚抜きぃぃぃ!!


からの、

アイススケートでフィニッシュ!!!

アイスクール-d-2
▲結果も青葉さん29ポイントで勝利です!

いちばん良いタイミングでアイススケートを使った上に、
2ショットで3匹の魚をGETと、すばらしいプレイング!!


青葉さん、お見事でした…!


それにしても、
本当に「アイスクール」はドラマが多くて面白いですね!

これはウチのボドゲ会の定番になっていくと思います。( ̄▽ ̄*)



アイスクール 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/17 23:59】 | プレイ記 【タグ】 アイスクール  
|
ボードゲーム
「ターゲット」




★開封

ターゲット-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

ターゲット-o-02
▲まず、箱の外に日本語説明書がありました。

ターゲット-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

どっからどう見ても"ターゲット"なジャケットですね!( ̄▽ ̄*)

ターゲット-o-04
▲箱のウラ面

ダイスを弾いて→的に乗っけて→ポイントを稼げ!

…という3ステップが図解されています。

ターゲット-o-05
スペック

プレイ時間の短さがポイントですね。
他は標準的なスペックになっています。



★箱をオープン!

ターゲット-o-06
▲一発目はルルブ

ターゲット-o-07
▲その下がターゲットで、

ターゲット-o-08
▲底にダイスと、

ターゲット-o-09
マーカー的なモノがあって、以上でした!



★内容物

ターゲット-o-10
ルールブック(フランス語/英語/オランダ語)

1ヵ国語あたり5ページのルルブです。
内容は少ないですが、細かいトコがビミョーにややこしいかも…。


ターゲット-o-11
ディスク×9枚

このディスクの中心を狙って、ダイスを弾いていきます。

ディスクは3色ありますが、いずれも1枚1点です。
ディスクの色は、選択ルールでのみ意味があるようですね。


ターゲット-o-12
ダイス×4色・各3個

各プレイヤーは1色を担当して、
3個のダイスを重ねて"ダイスタワー"をつくることになります。


ターゲット-o-13
木のパック×4色・各1個

ダイスタワーの下に敷く"土台"です。
ゴルフでいえばティーグラウンドって感じでしょうかね。



★どんなゲーム?

開封しただけではピンときませんでしたので、
ちょっとセッティングしてみました!

おおまかな流れは…、

ターゲット-o-14
木のパックの上にダイスを積み上げて、
▲その最上階のダイスを指で弾いて…、

ターゲット-o-15
▲テーブル中央に3枚ならぶディスクを狙っていくというゲームです。

各プレイヤーはダイス1個を弾くごとに、
時計回りでターンを交代していきます。


ターゲット-o-16
▲弾いたダイスが、みごとにディスクのド真ん中を捉えたら
▲「ターゲット!」と高らかにゲームタイトルを宣言して、

ターゲット-o-17
▲そのディスクを獲得し、1ポイントが確定します!


全員が全てのダイスを弾き終わったときに、
誰もド真ん中にダイスを乗せられていなかったディスクについては、

ターゲット-o-18
▲そのディスク上のダイスの出目の合計が、
▲いちばん高いプレイヤーがディスクを受け取ります!

上の画像の場合は、
青プレイヤー赤プレイヤーですので、
青プレイヤーがディスクを受け取るわけです!

ターゲット-o-19
▲もしも、トップが複数いた場合は、
▲その次のプレイヤーがディスクを受け取ります!

上の画像の場合は、
黒プレイヤー白プレイヤーで同点ですので、
その次にダイス目が高い赤プレイヤーがディスクを受け取るわけです!

こうして受け取ったディスクは、
ド真ん中を捉えて獲得したディスクとは違い…、

ターゲット-o-21
▲次のラウンド中、自分の木のパックの下に置いて…、

ターゲット-o-22
▲次のラウンドの終了時まで、
▲ディスクに他のプレイヤーのダイスが乗らなければ、
▲このディスクの獲得が確定し、1ポイントになります!

ターゲット-o-23
▲逆に、自分のディスクに、他のプレイヤーのダイスが乗ると、
▲そのプレイヤーにディスクを奪われてしまいます…!

つまり、テーブル中央のディスクだけではなく、
他のプレイヤーのディスクも狙えるというわけです!!


まぁ他にも色々とあるんですが、
基本的なルールは、こんなところですね。( ̄▽ ̄ )

とにかく、
ディスク上に1個でも多くダイスを乗っけて、
ディスクの獲得を目指していくゲームです!




★コメント

星屑、自分が主催するボードゲーム会で、
ちょっとした隙間の時間にササッとできるゲームを探していて、
それで、この「ターゲット」に行き着きました!

これならば箱も小さいですし、
パッと出してすぐに決着がついて良いなぁと。

ところが、これ実際にダイスを弾いてみると、
めちゃ難易度が高いんですね…!( ̄▽ ̄;)

的となるディスクが大きそうで小さくて、
なかなかダイスがディスクの上に乗っかってくれません…。

ルールはすぐに説明できても、
テクニックについては、ちょっと練習してもらわないと、
簡単にはいかないような気がします。
(もしかしたら星屑が極端にヘタなだけかもしれませんが…)

逆に、しばらく試し撃ちしてみて、感覚をつかんで、
ダイスをディスクのド真ん中にピタリと止めることができたら、
これが最高に気持ち良いんです!!


ぜひですね、初プレイのときは、
まずダイスを弾く力加減を手先に覚えこませてから、
しっかりとターゲットを狙って弾いてみてください…!

全員が同じくらいのレベルでプレイできたら、
ターゲットをめぐるアツいダイス・バトルを
がっつりと楽しむことができますよ!!




ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/16 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ターゲット  
|


アゴ
こんにちは
もう、星屑さんと言えばダイスアクションゲームって感じですね(´ω` )/

この前Amazonで見かけて気になっていたので、記事ありがたいです!

>>アゴさん
星屑トランペッター
こんにちは!

ダイスアクションゲームをプレイしていると、小学生の頃に流行っていた「消しピン」や「定ピン」(※地域で呼称が違うかも…)を思い出して、なんだか懐かしい気分に浸れて、たまらないんです♪( ̄▽ ̄*)

コメントを閉じる▲
「マインクラフト・カードゲーム?」



★開封

マイクラc-o-01
▲amazonのマケプレから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

マイクラc-o-02
▲まず箱の外に日本語説明書が付いていました。
(販売:輸入雑貨ミープルさん)

マイクラc-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

CARD GAME?が激しくナゾい…( ̄▽ ̄;)ナゼ ハテナ?

マイクラc-o-04
▲箱のウラ面

資源を採掘して、道具を作って、
TNTで爆破もして、あとクリーパーに気を付けろ!


って書いてあります。たぶん!

マイクラc-o-05
スペック

プレイ人数によって、
勝利条件となる目標点が変動するようです。

また、8歳以上となっていますが、
8歳未満でも問題ない難易度かと思われます。



★箱をオープン!

マイクラc-o-06
▲一発目はルルブ

マイクラc-o-07
▲その下にカード類カードホルダーがあって、

マイクラc-o-08
▲以上でした!



★内容物

マイクラc-o-09
ルールブック(英語・全6ページ)

書いてあることがシンプルですので、
英語とはいえ普通に理解できます。( ̄▽ ̄*)

ただし、ところどころ、
かゆいトコロに手が届いていません…。
(この場合どうなるんだろう…?的な)


マイクラc-o-10
カードホルダー×4個

〈リザーブ〉のアクションで、
クラフトカードを手元に置いておくときに使うホルダーです。

デザインがマイクラのブロック風でオシャレですね♪


マイクラc-o-11
▲ここからはカード類です。

カードは大きく分けて、
資源カードクラフトカードの2種類があります。

マイクラc-o-12
▲まずは資源カードから。

プレイヤーたちは〈マイン〉のアクションを行うことで、
場から資源カード1枚を手に入れることができます。

マイクラc-o-13
マイクラc-o-14
マイクラc-o-15
マイクラc-o-16
マイクラc-o-17
▲基本となる5種類の資源です。

カードに書いてある数字は、その資源の個数を表していて、
カードごとに「」から「」まであります。

マイクラc-o-18
ワイルドカード×11枚

どの資源としても使える便利なカードです!

ただし、1枚につき1種類の資源にしかならず、
例えば個数が「」のワイルドカードを使う場合、
"木1つと石1つ"のような使い方はできません
"木2つ"や"石2つ"といった使い方になります。

マイクラc-o-19
TNTカード×5枚

場にTNTカードが出ているときに資源を採掘すると、
TNTを含む3枚の資源カードを捨て札にして、
その山札を新たにめくります。
(ルール確認中)

めぼしい資源が場に出ていないとき、
ありがたい一枚になりそうなカードですね!

マイクラc-o-20
クリーパーカード×5枚

みんな大好きクリーパーです。( ̄▽ ̄;)

資源を採掘したあとに、このカードがめくられると、
全プレイヤーの全資源が捨て札になってしまいます…!

さすがクリーパー
カードゲームでも大暴れですね!!


そして、ここからはクラフトカードです。

プレイヤーたちは、採掘した資源を消費することで、
5種類ある道具〈クラフト〉することができます。

クラフトカードには点数が書いてあって、
これが規定の得点に達したプレイヤーが勝利するわけですね。

また、道具ごとに使い切りの効果があり、
うまく使えば、ゲームを有利に進めていくことができます!

マイクラc-o-21
×5枚

資源3つでクラフトできる道具です。点数は標準的。

クリーパーカードがめくられたときに、を使うことで、
自分の資源を捨て札にしなくてよくなります

マイクラc-o-22
シャベル×5枚

資源3つでクラフトできる道具です。点数はやや低め。

シャベルを使う場合、
プレイヤー1人を選び、
そのプレイヤーの次のターンのアクション数を-1
します

マイクラc-o-23
ツルハシ×5枚

資源5つでクラフトできる道具です。点数は高め。

ツルハシを使うと、
自分の次のターンのアクション数を+1します

マイクラc-o-24
×5枚

資源4つでクラフトできる道具です。点数はやや高め。

は、クラフトする際に、
木2つぶんとしてカウントすることができます。

マイクラc-o-25
クワ×5枚

資源2つでクラフトできる道具です。点数は低め。

クワを使うと、
場の資源カードの山札の一番上のカードが、すべて捨て札になります



★軽くルール説明

このゲームの目的は、
資源を発掘して、=〈マイン〉
道具を作成して、=〈クラフト〉
いち早く決められた点数に達することです!

2人プレイ時:24点
3人プレイ時:20点
4人プレイ時:16点


自分のターンにできるアクションは3種類あり、
自分のターンでは、その中から2アクションをプレイします。
(違うアクションを1回ずつでも、同じアクションを2回でもOK)

3種類のアクションは、

マイクラc-o-26
▲場に5枚ならぶ資源カードから1枚を取る〈マイン〉と、
▲場に4枚ならぶクラフトカードから1枚を作る〈クラフト〉と、

マイクラc-o-27
▲場のクラフトカード1枚を手元に置いておく〈リザーブ〉です。

どのクラフトカードを狙うかを決め、
それに必要な資源カードを的確に集めて、
着実に点数を稼いでいきましょう!

他のプレイヤーに横取りされないように、
クラフトカード〈リザーブ〉しておくことも大事です。

また、完成したクラフトカードは、
アクション数を消費せずに効果を発揮させることができますので、
うまく使っていきたいところですね…!



★コメント

星屑、何を隠そう「マイクラ」が大好きです!!

いきなりですが、
ちょっと星屑ワールドに案内させてください♪( ̄▽ ̄*)

マイクラ170315 (2)
星屑の自宅。弟分のなつくんと同居しています。

マイクラ170315 (5)
▲お庭の羊さんたち。とってもカラフルなんですよ!

マイクラ170315 (3)
▲マイクラでの星屑の趣味は、石橋の建造です。

マイクラ170315 (4)
▲その石橋から眺める夕日。これは日課になっています。

マイクラ170315 (6)
▲一方、なつくんが造った展望台は雲まで届きました…!

マイクラ170315 (1)
▲ある雪の日。結晶がとても綺麗ですね♪

…と、いう感じで「マイクラ」を堪能している星屑なんですが、
なんとカードゲームが発売されていると聞いて飛びついたのが、
この「マインクラフト・カードゲーム?」でした!

マイクラをテーブルの上でも楽しめるのかと、
ワクワクしながら開封して…、

マイクラc-o-28

ちょろっとプレイしてみたんですが、
ゲームのシステムがコンパクトにまとまりすぎていて
正直なところ、あまりやりごたえがありません…( ̄▽ ̄;)

ルールがシンプルで、説明しやすくて、
TNTで爆破するときのワクワク感や、
いつクリーパーが出るかのドキドキ感は、
あるにはあるんですが…、

2回目をプレイしようと思えないというか、
他の人に胸を張ってオススメできないというか…。


このゲームの面白みは、
マイクラ本編に登場する資源やツールが、
そのままのグラフィックで描かれていて、
マイクラの世界に浸りやすい点
に尽きると思うんです。

カードゲーマーさんやボードゲーマーさんよりも、
アナログ勢ではないマイクラのプレイヤーさんが手に取って、
画面の向こうで斧やツルハシを振るうところをイメージしながら
プレイしてみるのが、いちばん良いのかもしれませんね。( ̄▽ ̄ )



ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2017/03/15 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 マインクラフト・カードゲーム?  
|